【#06】EURUSDのトレード考察

スポンサーリンク

 

【#06】EURUSDのトレード考察

 

どんなに優れた分析手法も完璧なものはなく、

トレードにおいてはどんな手法でも負けることがあり、

全体的な視点で利益を得るということが大切です。

 

しかし、トレードにおいて最も大切なことは、

分析することではなく洞察することです。

 

分析とは細かく分類することで、

複雑なものを分かりやすく解いていきますが、

それでは相場を明確にすることはできません。

 

相場で大切なのは洞察することであり、

値動きから真実を見通す力のことです。

それによって値動きを予想していくわけです。

 

その為には色んな知識を身に着けるのではなく、

閃きや直感が働くようにシンプルに考えることです。

つまり、余計な考えを捨てていくということです。

 

なので失敗トレードから原因をリスト化していき、

負ける要素をひとつひとつ捨てていくわけです。

負ける要素がなくなっていけば必然的に勝てる要素が残り、

それによってトレードで利益を得られるようになります。

 

【#06】EURUSDのトレード考察

 

今回はユーロドル(EURUSD)の1時間足のエントリーです。

結果としては長期足に不安があったということと、

デイトレで打っていた通貨量で取引してしまった為、

恐怖感からゾーン内で撤退をしてしまいました。

 

【EURUSD】週足の解説

【#06】EURUSDのトレード考察

 

週足では下落の勢いが弱まってきており、

その理由は下降トレンドの意識が残っていた・・・

という感じで値動きを想定しました。

 

画像の赤の線から上昇するか下落するか、

分岐点がここにあるように感じます。

 

【EURUSD】日足の解説

【#06】EURUSDのトレード考察

 

日足では安値の切り下げラインを引いて、

下げ止まりから反発して上昇しています。

 

過去の波の動きから黄色のラインまで上がりそうで、

日足では一旦の上昇目線といった感じです。

 

【EURUSD】4時間足の解説

【#06】EURUSDのトレード考察

スポンサーリンク

 

週足での下降トレンドのサポート、

日足での下げ止まりからの反発を確認し、

4時間足ではレジサポラインとチャネルを引きました。

これらの意識によってサポートの意識が働き、

上昇へと転じているのではないかと思います。

 

ただし、何れのラインも点線で示している通り、

そんなに意識されているラインではないとも思え、

ラインへの信頼がないので迷いが生じてました。

 

【EURUSD】1時間足の解説

【#06】EURUSDのトレード考察

 

1時間足では、3点タイプの逆行現象が確認でき、

押し目が入ったところでロングを打ちました。

 

しかし、ゾーンの上の方でポジションを持っていて、

更に深押ししたところで不安感が強くなってきたので、

一時撤退をすることにしました。

 

ですが画像の通り、想定通りに上昇していき、

利確目標値としていた地点まで到達しました。

 

今回のトレード考察のまとめ

【#06】EURUSDのトレード考察

 

今回のトレードの反省点としては、

4時間足での意識に対する認識不足もありますが、

デイトレでの取引量でポジションを持ってしまったことです。

ゾーン内での一旦の下げに恐怖を感じてしまいました。

 

長期足からエントリーの時間足までの分析は良く、

値動きのイメージもできていたので勿体ないです。

4月のトレード成績は若干のマイナスとなってしまいましたが、

5月ではしっかりと利益を出せていけるようにしたいです。

 

課題としては値動きのイメージを中心に、

そこからラインを引いてエントリー根拠を見つけていくこと。

そしてあまり余計なことを考え過ぎないこともあります。

 

考え過ぎてしまう原因を自分の内面を観察すると、

去年の11月から今年の1月まで30回連続で負けており、

その心の痛みからラインへ信用を失い、不安感があったので、

 

「これで本当に大丈夫なんだろうか?」

 

と、常に迷いに迷ってしまうばかりでした。

自分自身の感情とどう上手く付き合っていくべきか。

そのことがトレードに大きく影響しているのは確かです。

 

トレードは自分の感情がダイレクトに影響します。

同じ分析をしても感情次第で成績に雲泥の差が出ます。

人によっては最初は順調に利益を出せたとしても、

感情の課題がその後に降り掛かってくるのかもしれません。

僕の場合は、今訪れているように感じます。

 

その課題を乗り越えていく為に、

こうして動画で解説したり、ブログに書いたりしてます。

1回の経験を振り返って整理をすることで過去を明確化し、

それによって負ける要素をひとつずつ削除する為です。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ