【#015】CADJPYのトレード考察

スポンサーリンク

【#015】CADJPYのトレード考察

 

今回は、久しぶりのトレード考察です。

トレードは必ずしもシナリオ通りとはいかず、

むしろエントリー出来ないことが多いです。

 

けどそれ以外の複数のシナリオを描くことで、

エントリーそのものは出来ないにしても、

全ての動きは想定内にすることが出来ます。

 

【#015】CADJPYのトレード考察

 

今回は、カナダ円(CADJPY)4時間足です。

 

【CADJPY】週足の考察

【#015】CADJPYのトレード考察

 

週足はシンプルに下落目線です。

平行対称のイメージは作り辛い値動きですが、

交差対称としては辛うじて「N」に見えなくもなく、

やはり週足の目線としは下降目線だと思っています。

 

とは言えストレートに下がり続けるはずがないので、

どこかで調整の上昇が入るのは間違いありません。

そこにおいて週足ではどこに入るか分からないので、

日足目線でどこに入るかを見てみました。

 

【CADJPY】日足の考察

【#015】CADJPYのトレード考察

 

日足では下降トレンドとチャネルを引いており、

チャネルの下辺に到達している状況です。

 

点線のところは過去の安値に合わせており、

意識されている範囲を少し広めで見ています。

こうして見ると一旦上昇しても不思議ではなく、

或いはレンジの中に戻る動きにも見えます。

 

ただフラッグを作って下落する可能性もあり、

2つ目のチャネルまで下がるかもしれません。

 

【CADJPY】4時間足の考察

【#015】CADJPYのトレード考察

 

4時間足では3つのラインを根拠に、

エントリーポイントを検討しています。

オレンジの矢印で示しているラインです。

 

主には2つの下降トレンドのブレイクにより、

スポンサーリンク

赤色のラインの通りに押し目が入ってくれば、

ロングを打つ優位性として高いと見ています。

 

ただ動きとしてはレンジの中に戻るかたちで、

しっかりと下位足で確認する必要があります。

 

赤色のラインのように「N」の動きで下がれば、

それを1時間足か30分足でラインを引き、

値動きをラインとイメージの両方で合致させます。

そこまで厳重に確認してからのロングです。

 

勿論、他の動きとなるシナリオもあります。

一旦ブレイクするものの上昇の勢いが強くて、

フラッグになってそのまま上がるパターンと、

トレンドラインに押さえられるパターンです。

シナリオとしてはこの3つがあると考えてます。

 

エントリーのシナリオ通りにいけば、

白丸の囲ったところでロングを打っていき、

黄色丸で囲ったところで利確を考えてます。

 

レンジをブレイクする動きを見せてるようで、

実は水平線を引くと僅かに実態が抜けてるだけで、

おそらく今回の抜けはダマシになりそうです。

 

そうなるとロング検討をしていると言えど、

レンジの中で戦う意識も持っておく必要があり、

十分に注意しておかなえればいけません。

 

今回のトレード考察のまとめ

【#015】CADJPYのトレード考察

 

あくまでも考察なので、

値動きがどう動くかは分かりません。

ただ一つひとつの動きをしっかりと確認しながら、

丁寧にやっていくことは大切だと思ってます。

 

僕はトレードを生涯やっていきたいと思ってますが、

人生でトレードだけで生活するつもりはありません。

良い精神状態でトレードと付き合っていく為には、

他の稼ぐ手段も磨いていく必要があると思ってます。

 

今現在はネットビジネスで独立しているので、

収入としてはビジネスで食べているかたちですが、

今のビジネスは所詮は一過性のものと思っています。

 

なのでトレードで利益を出せるようになったら、

新たなビジネスによる安定収入を築いていき、

2つの軸でやっていきたいと思っています。

 

あまり人と直接関わることは得意ではないので、

せいぜい間接的に関わる程度のものにした方が、

精神的にも前向きにやっていけると思ってます。

 

これはこれまでもそうだったので、

基本的にビジネススタイルは変えません。

そこでどんなジャンルがあるかは色々ありますが、

ネットビジネスの延長にしてもSEOは頼らず、

集客の軸を作っていくのもアリだと思います。

 

後はゲームが好きなのでゲーム実況もいいですが、

Googleの手の平に転がされるかたちになるので、

いつ収入が途絶えるか分からない不安があります。

 

広告収入を剥奪されるだけでなく、

アルゴリズムを変えて再生回数が減れば、

元を絶たれて何も打つ手がなくなってしまいます。

 

コンサルとかコーチングとかやったことはありますが、

やはり直接人と関わることは精神的辛さがあるので、

無料でやる分にはいいですがそれでは収入になりません。

 

それはさておいて今は目の前のことに集中し、

トレードスキルを磨いて安定して利益を出し続け、

ビジネスのことはその後に考えることにします。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ