【#13】AUDUSDのトレード考察

スポンサーリンク

 

トレードはシンプルに考えることが大切ですが、

初心者の頃はどうしても余計なことを考えがちです。

それによって負け続けてしまうわけです。

 

ここは分かっていても変え難いところで、

どうしても自分を信じて前に進み難いところです。

 

しかし、如何に自分の癖に気付いて脱却するか?

その姿勢を持って取り組むことが大切です。

 

【#13】AUDUSDのトレード考察

 

今回はオージードル(AUDUSD)4時間足です。

 

【AUDUSD】週足の考察

 

週足ではチャネルの下辺に到達しており、

そこから上昇へと向かう動きと見ています。

丁度波の反転ポイントに差し掛かっていて、

エントリーを検討できる水準に達しています。

目線は上昇目線です。

 

【AUDUSD】日足の考察

 

日足でも波の下辺に到達しています。

そこから少し上昇へと転じようとする動きです。

なので週足と同じく目線は上昇目線で見ています。

 

【AUDUSD】4時間足の考察

 

4時間足では複数の下降トレンドライン。

そして安値同士の切り下げラインを引いてます。

スポンサーリンク

 

まずオレンジの下降トレンドをブレイクし、

黄色の安値同士の切り下げラインが示す通り、

ヘッドアンドショルダーの形成が確認できます。

 

ちょっとだけ抜けて押し目を作っていますが、

これは抜けの初動の動きから乗っている感じです。

波の形成も大きな波の中に小さな波があるので、

その小さな波に合わせて乗っているイメージです。

 

ただし、途中で失速するシナリオも当然あります。

なのでもし途中でトレンドが転換した場合はどうするか?

ですが、まず下抜ければ折り返しの戻りで撤退をし、

少し上がって押し目を作れば再びロングを打ちます。

後はポジションを相殺するなど立ち回ります。

 

ということで現在はポジションを保有中です。

この先の動きに合わせて上手く立ち回ります。

 

今回のトレード考察まとめ

 

トレードはツールや運に頼らず、

しっかりと本質を身に着けてしまうことで、

10年どころか20年や30年通用する能力です。

身に着けてしまいさえすれば一生食うに困りません。

 

けど本物を学ぶには独学ではかなり難しく、

また本物を教えてくれる先生は見つけ難い世界です。

僕はたまたま運よく本物を学べる先生に出会うことができ、

1ヶ月前の自分と比べても成長を実感できるので、

 

トレードとはそもそも勝てるようになっている!

 

というのを信じて前に進むことができました。

ネットビジネスはアドセンスや物販アフィリだけじゃなく、

リストマーケティングであったとしても寿命が短いです。

 

それにトレードはチャートだけしか見るものがなく、

全ての答えはチャートだけ見れば得ることができます。

ネットビジネスはブログにセールスページにメルマガに、

やることがあまりに多過ぎて実は非効率なんです。

 

中には僕も実際に経験したことですが、

3ヶ月30万のコンサルを200万で売り付け、

中身はカルト宗教並みの洗脳教育を強要する輩もおり、

ネットビジネスは詐欺師の温床と化しています。

 

それに2019年近辺では、

ブログのアクセスを集めるだけでも難易度が激上げし、

300記事書いても月3万程度なんて世界になってます。

もう個人が参入するには難しくなっているんですね。

 

やはり、一生を通して利益を得ることができるスキルは、

今の時代ではトレードを学ぶ以外は他にないでしょう。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ