トレードで一度退場して限りなく小資金で再スタート

スポンサーリンク

トレードで一度退場して限りなく小資金で再スタート

 

僕は2018年4月からトレードを学びました。

あるクローズドな環境で1年半勉強してましたが、

2019年9月に30万入れた資金が飛びました。

 

そこから今まで学んできたことを一旦捨てて、

独学で資金1万の小資金で仕切り直ししました。

1ヶ月経った今現在について書いていきます。

 

トレードで一度退場して限りなく小資金で再スタート

トレードで一度退場して限りなく小資金で再スタート

 

異なる側面からもう一度トレードと向き合うことで、

ビジネスとして手堅く稼ぐトレーダーを目指します。

 

挫折ではなくここからが本当のスタート

 

挫折を味わうと立ち直れないものです。

けど実際はそうではなくここからが本番で、

気持ちを切り替えて前に進むことで、

道が見えてくることがあります。

 

黎明期のネットビジネス時代

 

僕は2014年1月からネットビジネスを始めました。

最初の一年間はとにかくいろんなことを学びました。

ネットから情報を集めて実践していってたんですね。

ただこの頃はたくさんの失敗も経験しました。

 

その中でもブログがペナルティを受けて、

収益もやっと月10万を越えてきたという段階で、

一気に月3万まで激減した時はかなり辛かったです。

愕然としてパソコンの前で膝を落としてました。

 

あの時もかなりの絶望を味わったんですが、

結局はやるしか道を開くことは出来なかったんですね。

なので翌日からも淡々と記事を書いていきました。

 

数ヵ月間、じりじりとアクセスが上がり出し、

けど思ったようにいかない日々にイライラしながら、

それでも毎日記事を書き連ねていきました。

 

そんな日々も半年もすれば月10万を越え、

そして会社を辞めてもやっていける目途が立ったので、

晴れて独立をするという夢が実現出来ました。

 

本気で取り組むとどこかで挫折を味わう

 

スポーツでもビジネスでも何でもそうですが、

本気で取り組んでいるとどこかで壁にぶち当たり、

時には大きな挫折を味わうこともあります。

 

成長期の節目を迎えた時

 

そこで如何に考えて行動するかが肝心です。

ここは何も考えずに行動するだけではダメで、

それでは現状を打破することは出来ないんですね。

こうした成長期の節目を迎えた時というのは、

 

今までの考え方を改める時期なのです。

 

僕は1年半学び続けたトレード手法で、

結果的に資金ショートという結果に終わりました。

そこで思ったのはこのままではダメということで、

スポンサーリンク

ここから先トレードで自分を変えるには、

 

何か根本的に行動を変える必要がある!

 

というのを強く感じました。

そうしなければいつまでも変わることが出来ず、

時間だけが過ぎてしまうと思ったからです。

 

「このままだと行き遅れるぞ・・・」

 

こうした思いが強くなっていき、

思い切って根本的に変えようと決意しました。

 

実は心のどこかで返る必要性を感じていた

 

けどトレードの講座を受講していて、

どこかで脱却する必要があると感じていました。

というのもどうも学んでる状態が依存的というか、

自分の主体性が欠けてる気がずっとしてたんです。

 

人それぞれ成功しやすい歩み方がある

 

それはネットビジネスを独学で始めた頃と比べると、

明らかに向き合う姿勢に違いがあると感じてました。

 

僕も最初はここで学ぶ知識以外は必要ないと思い、

講座以外の情報は敢えて入れないようにしてました。

講座で教わったことのみを信じて進み続けることで、

効率よく勝ちトレーダーになれると信じてたからです。

ところが現実は資金ショートするという結果でした。

 

そこで資金ショートと1年半という丁度良い区切りに、

根本的に見直して再スタートしようと思った訳です。

 

100人100通りの答えがある

 

そうなると過去にビジネスで成功した経験があるので、

その時の姿勢を元に今後の行動を考えていきました。

 

これはビジネスの成功だけに限らず、

日常で些細なことでもいいので成功経験があると、

それを元に行動を考えるのは有効だと思います。

 

僕の場合はネットビジネスしかなかったので、

その時のことを軸に今後を考えていきました。

そういった意味で成功には100人いれば、

100通りの方法があるんだと思います。

 

欲と恐怖に向き合う前にルールの確立

トレードで一度退場して限りなく小資金で再スタート

 

今回、1万円の小資金で再スタートするのは、

段階を踏んで成長するという目的があります。

 

トレードは実際のお金を使ってやっていくので、

人間の感情とは切り離せない関係にあります。

ここがギャンブルと似る性質を持つところです。

 

負けると悔しくて大きく掛けてしまうとか、

熱くなって冷静な判断が出来なくなるとかです。

 

ただその前段階としてルールを構築する必要があり、

感情云々の話ではないのが今の自分の現状です。

だからこそ感情が入ってこない資金でやっていき、

まずは安定して勝てるようになるのを目指します。

 

その後にロットを上げていくことで、

そこで出てくる感情としっかりと向き合っていき、

トレーダーとして成長していくといった感じです。

 

改めて今の自分を振り返ってみて、

トレードの才能は自分にはないと感じてます。

ただ天才的な億トレーダーなんかになれなくても、

手堅く兼業して勝ち続けるトレーダーになりたいです。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ