今後は異なるアプローチで相場を見ていきます

スポンサーリンク

今後は異なるアプローチで相場を見ていきます

 

前回、1年半軸にしていた分析手法で、

遂に資金がショートしたという話をしました。

FXを始めてから1年半で遂に資金ショートしました

 

今回は、一からまたやり直すということで、

異なるアプローチで相場を見るという話です。

 

今後は異なるアプローチで相場を見ていきます

今後は異なるアプローチで相場を見ていきます

 

既に過去検証は済み、これからデモで実績を積みます。

 

水平線だけを使った超シンプルな分析手法

 

これから相場を見るにあたって軸に考えてるのは、

横にラインを引く水平線というものだけです。

たったこれだけでチャートを分析していきます。

 

週足、日足、4時間足にそれぞれ水平線を引き、

1時間足でトレンドの波に乗ってエントリーします。

フィボナッチと水平線で検討ポイントを割り出し、

更に5分足でダウ理論でエントリーを判断します。

同時に利確目標と撤退のシナリオも考えます。

 

というのも斜めに引くトレンドラインというのは、

細かい時間足での分析にズレを感じていたからです。

大まかに捉える分には把握することは出来ますが、

エントリーする時間足ではどうも測り辛いのです。

 

なので勝ったとしても自信が持てなかったし、

そもそも勝てる確率が5割以上ありませんでした。

30万の資金を10ヵ月間キープしてこれたのは、

資金を減らさないよう少額でやってきたからであり、

決して分析手法が機能してた訳じゃありません。

 

トレンドラインは水平線と比較すると、

線に対する信頼性は50%程度と言われています。

実際にどうかはこれから検証していくところですが、

今までと異なるアプローチ(視点)を持つことは、

それだけで相場観を養う訓練にはなるはずです。

 

異なる視点で物事を見れるようになれば、

今まで以上に盲点に気付けるようになるはずです。

その気付きが今後勝ち続ける為の肝になります。

 

今までの手法の棚卸をして使えるところは使う

 

今後は異なるアプローチでやっていきます。

それは水平線のみを引いて分析していきますが、

まずは純粋にその考え方を軸にやっていきます。

 

それと並行して今までの分析手法に関しては、

全てが無駄だったと解釈してもそれでは勿体無いので、

相場分析で活用出来る部分は残していきます。

 

ただこれからやる新しい分析には加えません。

いきなり混合してしまうと混乱を招き兼ねないので、

まずは新しい分析手法はそれのみで深掘りしていき、

スポンサーリンク

今までの分析手法は自分と相性の良い部分を抽出し、

それを軸に相場を見ていくという感じで考えてます。

つまり2つのアプローチで相場を見ています。

 

こうすることで前述したように、

異なる2つのアプローチ(視点)で相場を見て、

見えてなかった盲点に気付くことが狙いです。

分析手法とは分析の方法が重要ではなく、

 

分析を通して相場感覚を掴んでいくことです。

 

それには1つの分析手法では難しいと判断し、

1年半の結果からこのままでは袋小路となり、

その打開策として方向性を修正を考えました。

 

感覚さえ掴みさえすれば結局手法は関係ない

 

先程も言いましたが、

どんなに正しくラインを引けたとしても、

教えの通りの考え方でやったとしても、

それで勝てるようにはなりません。

 

なぜなら相場は結局分からないからです。

値動きの本質が人間の心理で動いているので、

たとえ機械的にラインを引いても通用しないのです。

では分析が意味がないなら何が必要かと言うと、

 

結局は自分の中で感覚を掴むしかない訳です。

 

大工は素人も玄人同じ道具を使いますが、

扱い方で全く異なる仕上がりになってしまいます。

それは道具を自分の感覚で扱っているからです。

それと同じで相場も感覚が必要なのです。

 

ただ分析手法にも相性とうものがあります。

人によっては完璧でも別の人にはゴミ同然で、

全く使えないというケースも少なくありません。

 

そんな時は一定期間その手法を試していき、

そこでの結果を見て今後を決めていくのです。

今回僕が判断したのもこうした理由からです。

おそらく今のままでは永遠に負け続けるでしょう。

 

師の教えが正しいとは言えないのが人間の性格

今後は異なるアプローチで相場を見ていきます

 

どんなにプレイヤーとして優れても、

教育者として優れた能力は発揮できません。

大概はどっちにかに偏ることがほとんどです。

 

また人間的な相性もあれば方法的な相性もあり、

別のところで学んでいれば成功できたとしても、

出会った相手が悪かったばかりに上手くいかず、

本来手に入れられたものを得られず仕舞い・・・

なんてことも意外と多いと思います。

 

そんな時はたまたま環境が悪かっただけで、

その人自身が問題があった訳ではないのです。

それではこれまでの時間と労力が無駄になり、

あまりにも勿体無いとしか言いようがありません。

 

僕もそんな勿体ないことになりたくないですし、

そもそも他人の言われたことをやるというのは、

どうも信用できないというところがあります。

 

ビジネスにしても自分で情報を集めていき、

仮説を立てて行動して修正を繰り返しました。

投資でも同じように考えた方が良いようです。

 

そんな自分の性格を客観的に見ても、

人に言われた通りのことをやるというより、

自分で気付いて見出す方が性に合ってますし、

そうでないと結果も残せないと思っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ