トレードはリスクがあるから危険?実はその逆です

スポンサーリンク

トレードはリスクがあるから危険?実はその逆です

 

トレードはギャンブルと変わりないだとか、

お金う失うからリスクだとかよく言われます。

確かにそうした側面があるというのも事実です。

 

ですがトレードをやってるからこそ分かりますが、

これほどリスクを管理できるジャンルはありません。

世の中のほとんどの人が誤解をしているのです。

 

トレードはリスクがあるから危険?実はその逆です

トレードはリスクがあるから危険?実はその逆です

 

これほどリスク管理が優れた分野は他にありません。

 

トレードがリスクと言われる原因

 

アフィリエイトなどの他の稼ぐ系と比較すると、

トレードはリスクを伴うと考える人が多いです。

 

なぜなら、お金を掛けて取引きをするので、

負けたら失ってしまうのが嫌だからです。

誰だって失う痛みなんて味わいたくありません。

特にお金なのでその痛みは痛烈なものです。

 

よくトレードをパチンコやスロットなど、

ギャンブルと一緒だと言っている人がいますが、

確かにギャンブルと似た性質を持っています。

理由は実際のお金を使うことにあるからです。

 

パチンコやスロットでも実際のお金を使います。

そして1日で何万とか十何万負けた人の話は、

会社や友人などどこかで聞いたりするものです。

そうなると危険なんだと認識するようになります。

 

トレードも同じように実際のお金で取引きします。

そして1回で何十万とか何百万失った人の話は、

ネットや知り合いなどどこかで聞いたりします。

するとトレードはリスクだと認識するのです。

 

実際のお金を使って取引きをするので、

当然負けてしまえばお金を失ってしまいます。

そして負けると取り返そうと熱くなってしまい、

更に借金をしてまで人生を狂わす人がいるので、

そんなイメージから危険だと感じます。

 

トレードが危険ではなく自己管理不足なだけ

 

けどどの話を聞いても一貫しているのは、

自らが失敗を招く行動を取っていることです。

 

ですが話の内容がまりに酷なことが多いので、

つい失ったところだけに焦点が当たってしまい、

トレードに対するイメージにすり替わるのです。

 

けどこうした話に共通しているところは、

自分ではなくトレードに責任転嫁していること。

仮に自分に責任があるような言い回しをしても、

結局はトレードの危険性を落としどころにし、

さも自分は被害者のように振る舞う訳です。

スポンサーリンク

 

ですがトレードにはリスク管理のスキルがあり、

リスクを最大限回避する知識が確立されています。

それを知らないか、或いは知ってても出来ないか、

結局は自己管理ができてないことが原因なのです。

 

自己分析できない人はトレードに向かない

 

トレードを経験して分かったことですが、

チャートの分析以上に大切なことがあります。

 

それは自分自身の精神状態の分析です。

 

Youtubeで常勝トレーダーの動画を観ますが、

その人達に共通しているなと感じたものに、

自分自身の分析の深さというのがありました。

 

トレードとは精神状態がすぐに反映されます。

稼ぎたい欲求が強いとつい欲が出てしまい、

どれもエントリータイミングに見えてしまい、

身の丈以上のロットを張ってしまいます。

 

どの分野でも同じことが言えますが、

稼ぎたいと思えば思うほど稼げないものです。

やはり仕事そのものに集中しているからこそ、

結果と言うのはついてくるものなのです。

 

トレードで勝てない人は稼ぎたい欲求が先行し、

相場を仕事として見ることができてません。

会社の仕事のように無感情に淡々とやるので、

自然と利益を積み重ねることができるのです。

 

ただトレードの世界は一般社会の常識と異なり、

受け入れられる人は限られてしまうのも事実です。

実際にほとんどの人が負けて退場してするのは、

その独特の世界への理解が及ばないからでしょう。

 

トレードの世界で生き続けるのに重要なことは、

如何に自己の精神を分析できるかに本質があります。

最終的にはここがしっかりと管理できていないと、

生き続けることは不可能と言っていいでしょう。

 

習得が難しい分野だからこそやり甲斐がある

トレードはリスクがあるから危険?実はその逆です

 

会社に入社して新人だった頃、

その会社の仕事内容についていけるのか?

心配になって夜も眠れないことがありました。

これは誰もが最初は感じることだと思います。

 

しかし、毎日仕事に関わっていくうちに、

気付いた頃にはだいぶ慣れてきたりします。

そしてやがては一人立ちできるようになり、

逆に教える側の立場になっていくものです。

 

そんな不安や難しさを乗り越えていくからこそ、

仕事にやり甲斐を感じるのではないでしょうか。

難しいものほど充実感を味わえるものです。

 

それはトレードにおいても同じことです。

習得するのは簡単なことではありません。

ですがだからこそ一生もののスキルであり、

生涯食いっぱぐれることがなくなるのです。

 

最初に苦労したからこそ誇れるものとなり、

それが人生を通した自信へと繋がるのです。

 

トレードとは稼ぐことが目的ではありますが、

自己を知るツールのような認識に変わります。

そうなると稼ぐこと云々は意識から遠のき、

けどそれが返って利益へと繋がるものです。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ