精神的に悪影響のない資金管理がトレードの全て

スポンサーリンク

精神的に悪影響のない資金管理がトレードの全て

 

トレードにおいて資金管理は分析以上に重要で、

ここを怠ると必ず資金ショートすると言われます。

その為には適切なロットで運用する必要があり、

それは精神的な部分が影響してくるのです。

 

精神的に悪影響のない資金管理がトレードの全て

精神的に悪影響のない資金管理がトレードの全て

 

今の自分の適性を精神状態から把握することです。

 

ポジションを持っても忘れられるくらいが調度良い

 

資金管理とは証券会社に入れているお金に対し、

どのくらいの金額でトレードをするかです。

一般的には資金の5%以下が理想と言われます。

 

例えば証券会社の口座に100万を入れたとして、

そのうちの5%と言うことは5万で取引するのです。

100万に対して5万なので精神的な負担は軽く、

冷静に相場と向き合うことができるという訳です。

この5万をトレードでは5万通貨と言います。

 

ですが初心者は資金管理をよく理解せず、

儲けたい気持ちから取引量を大きくしてしまい、

どんどん口座のお金が吸い取られてしまいます。

 

理想としてはポジションを持ったら、

そのポジションを忘れられるくらいです。

それは負けたとしても気にならない程度です。

気になって普段よりチャートを多く見るようなら、

それは精神的に負担を感じている証拠でもあり、

適切な取引量でやっていないことになります。

 

このことから適切な取引量でやらなければ、

精神的に悪影響を及ぼしてしまうのが分かります。

それは日常の行動にすぐに現れてくるものなので、

如何に自分のことを知るかが重要になるのです。

 

資金管理の目的は相場で退場しないこと

 

トレードで大切なことは勝つことではなく、

相場で生き続けることだとよく言われます。

その為に資金管理というのが重要なのです。

管理ができないと資金ショートするからです。

 

それには損切りを予め決めることも重要です。

損切りとは値がどこまで逆行したら手仕舞うか?

それを決めてトレードを行うということです。

 

もし損切りをしないでトレードをしたとしたら、

どんどん含み損が膨らんで資金ショートします。

証券会社から強制ロスカットされる訳です。

これは最も避けたい最悪の事態です。

 

損切りも重要な資金管理のひとつです。

そしてこの損切りこそが資金の5%以内なのです。

資金に対して5%の取引量に留めておくのは、

スポンサーリンク

5%の損失で抑えていくことを意味します。

 

例えば資金100万に対して5%ということは、

1回の取引では5万までの損失ということです。

そうすることで口座のお金が全て無くなるまで、

20回負け続けないといけないことになります。

 

20回と言えば相当な回数になってきます。

簡単には退場できないことも分かるでしょう。

 

リスクリワードで取引量を多くできる

 

先程の資金100万に対して5%以内の話ですが、

これは何も取引量においては厳守ではありません。

あくまで損失に対しての5%が厳守なのです。

 

そこでリスクリワードの考え方があるのです。

これは取引量と損切の割合を変えることです。

取引量が2に対して損切が1などがそうです。

要するに2:1の割合で行うということです。

 

例えば取引量を10万にしたとします。

そこで損切りは5万で行うということです。

資金が100万なら5%に留められます。

 

ただその代わり1:1ではないので、

多少勝率が下がってしまうことになります。

ただそれは相場によるので一概に言えません。

要するに2:1で行える場を選べばいいのです。

 

そうなると相場を読む能力が問われますが、

相場とは職人の世界と言っても過言ではなく、

常に研究して技術を高めていくものなので、

続ける限りは養っていける能力です。

 

結局は多くの失敗を経験して身体に覚えさせる

精神的に悪影響のない資金管理がトレードの全て

 

これまで話してきたことは、

言うは易しですが行うのはかなり難しいです。

なぜなら頭での理解と身体の理解は違うからです。

 

それにトレードとはお金を掛けて行うだけに、

不思議と一般常識と相反する考え方が要求され、

それ故に1割の人しか勝つことができません。

 

なによりも精神状態を管理するには、

心とは目に見えないだけに把握することが難しく、

痛みを経験することでやっと分かることなのです。

 

僕も最初のひたすら負け続けた3ヵ月を経験し、

その後半年のトントンの状態を経て今があります。

人間は段階を踏んで成長していくものであり、

一足飛びで行ける人は非常に稀なケースです。

 

トレードでも稀に数ヵ月でコツを掴み、

そこから毎月勝ち続けられる人がいますが、

そんな人は砂の中の金を見つけるくらい稀です。

 

それにトレードスキルは相場が世界規模だけに、

ビジネスをするより食いっぱぐれがありません。

 

確かに1回1回の取引では損失が出ますが、

適正な資金管理と分析力を身に付けることで、

トータルでは利益を得続けることができます。

 

大切なのはギャンブルをする人ではなく、

ギャンブルを経営するオーナーになることです。

 

トレードをギャンブルにするのではなく、

ビジネスとして取り組むには姿勢が重要であり、

常勝トレーダーは根本的に考え方が違います。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ