生活のために働く毎日にどうしようもなく疲れてしまった

生活のために働く

 

お金がないから働かないといけない・・・

ただ忙しく生活のために働くしか方法がなくて、

僕は自分だけが特別不幸だと思ってました。

そうやって卑屈な考えで生きてきましたが、

 

当然ながら現実は変わりませんでした。

 

じゃあ、どんなことをすれば、

生活するのが精一杯のその日暮らしから、

状況を変えていくことができるのでしょう。

 

今回は僕自身が生活のために働く日々の中、

深層心理の奥になる抜け出せなかった原因と、

状況を変えていった考え方をお伝えします。

 

今回の内容を読んで頂くことで、

ネガティブな状況でも見方を変える視点を持ち、

柔軟に対応できる思考法を身につけられます。

 

前回は、お金のシンプルな法則に気付いたことで、

借金250万から状況が180度逆転した内容でした。

働いてもお金が貯まらない…僕は貧乏になるのが怖かった

スポンサーリンク

働くことは自由を奪われることだと思っていた

 

働くことって一体何なのか・・・

30代中盤で独立するまでずっと疑問でした。

 

僕が小学校の低学年くらいの頃でした。

父親と一緒に風呂に入っていて丁度上がった時、

会社から電話が掛かってきたのです。

 

母親が台所から電話の応対をし、

父親に会社からだと言って電話を渡しました。

そして父親はしばらく話していました。

 

しばらくして会社との電話がおわり、

その時の父親の表情を見て衝撃を受けたのです。

なぜならすっぱい梅干を口に含んだかのように、

もの凄く嫌そうな顔をしてたからです。

 

「働くってそんなに辛いんだろうか・・・」

 

僕は幼心に深く刻み込まれてしまいました。

それから働くことは地獄に行くようなものなんだと、

会社で働くことを怖れるようになりました。

 

  • 働くこと = 自由を奪われること

 

このような図式が僕の中で出来上がり、

僕は20代はずっとフリーターをしてました。

働く意味が分からず就職を逃げてました。

 

10代の頃の社会に出る前の僕にとって、

会社に雇われることは生活のために働くことで、

どんなに辛くて苦しくても我慢しなければならず、

 

大人になることは自由を奪われることだ・・・

 

みたいにずっと思ってました。

なので大人になることもずっと嫌でした。

それに学生の頃の友達で正社員になった連中は、

やはり時間を拘束されて不自由そうでした。

たまに一緒に会って遊んだりした時に、

 

「仕事が大変なんよ・・・」

「忙しくてしんどいわー・・・」

「人間関係が面倒臭い・・・」

 

いろんな愚痴をこぼしていて、

余計に正社員って怖いなって思ってました。

けど20代後半になって焦りを感じてきたのです。

ずっとフリーターのままだと将来が不安だからです。

 

「なんとか定職につかないと・・・」

「けど就職するのって自由を奪われて嫌だ・・・」

 

と思いながら将来に繋ぐ道を探しました。

そんな複雑な思いの中で選んだのは派遣社員でした。

派遣の方が採用されやすかったという理由もあって、

保険や年金も払うので多少将来に安心を感じました。

 

 

自分の中の固定概念に気付けないから繰り返していた

 

けど派遣社員になれたのはいいけど、

フタを開けてみると生活のために働く毎日になり、

毎月100時間残業、休日出勤、夜勤をこなし、

なんの味気もない好きでもない仕事をやって、

 

「自分ってなんのために生きとるんじゃろう・・・」

 

余計に現実が虚しくなっていきました。

正社員と同じように時間を奪われてしまい、

正社員なんかより遥かに不安定な立場で、

自分だけが特別不幸に感じていました。

 

生活のために働くだけの毎日・・・

仕事になんの情熱も希望もない・・・

 

なんで現実が全く上手くいかないのか?

僕は自分の現実に苛立ちと憎しみを感じてました。

けど現実が思ったようにならないのは、

ちゃんと理由があったんです。

 

それは自分の中の固定概念に従ってたからです。

それは先ほどの項目でも話したように、

 

  • 働くこと = 自由を奪われるもの

 

という幼心に根付いた潜在的な思いでした。

だから無意識にそういう仕事を選んでたんですね。

 

なのでどんなに仕事を変えたって、

仕事そのものにやりがいも将来も感じないし、

生活のために働く毎日になってました。

実際に僕は20社以上転職してます。

 

僕は無意識に上手くいかない選択をし、

目の前の現実に翻弄されていたのですが、

悩み続けながらも気付くことができました。

 

実は心理学の世界では、

気付くと50%は解決すると言われてます。

けど気付けるのはいいんだけど、

 

「じゃあ、どうやって気付けばいいの?」

 

という疑問が出てくるかと思います。

確かに自分が全く気付いてないことって、

なかなか難しく感じてしまうかもしれません。

でも気付くことってシンプルな話で、

 

今、抱えている悩みから逃げないこと

 

たったこれだけなんですね。

悩みって一見すると嫌に感じるかもしれません。

けど人は悩むからこそ解決できるわけです。

 

なぜなら問題と感じなければ、

それを変える必要はないからです。

 

なので悩みってその場は辛くても、

悩みの先は明るい未来が待ってたりします。

そんな希望的な側面だってあるんですね。

 

 

気付くことができれば人生は変えることができる

 

僕が生活のために働く毎日になった理由は、

幼い頃に見た父親の仕事を嫌がる表情から、

 

  • 働くこと = 自由を奪われること

 

このように固定概念が身についたからでした。

もちろんいくら自分の潜在的な思いに気付いても、

そこから実際に変えていく行動を取らなければ、

今の人生の延長線上を生きてしまいます。

ですが先ほどの項目でもお話しましたが、

 

気付けば50%は解決する

 

と言われているわけです。

そもそも何が問題かに気付けなければ、

解決だってできないわけですから。

 

気付けば50%解決できるという意味は、

しっかりと問題にアプローチできるからです。

 

だって喉が痛くて熱があるのに、

頭痛薬を飲んでも調子はよくならないですよね。

むしろ悪くなる可能性だってあります。

 

なので悩みを持つことって、

決して悪いことばかりなんかじゃありません。

僕もこれまでの人生で散々悩んできましたし、

今だって悩みを抱えて生きているのも事実です。

 

 

ほとんどの悩みは乗り越えることができる

本日のまとめ:

  • 働くことは自由を奪われることだと思っていた
  • 自分の中にある固定概念に気付くこと
  • 固定概念に気付けば50%は解決している

 

今回は、生活のために働く毎日というテーマで、

僕自身の経験を通して何が根本的な原因なのか、

その上でどう考え方を変えればいいのか、

ということでお伝えしていきました。

 

つまり自分の潜在的な思い込みに気付けないと、

どんなにいろんな方法を試したとしても、

根本的に解決しないので同じことを繰り返すのです。

 

例えば資格を取って手に職つけようとしても、

確かにそれで就職できれば安定と思うかもしれませんが、

そうなると別の問題が顔を覗かせてくるものなんです。

人間関係の悩みに頭を抱えてしまうとかです。

 

だからこそ、

何度も言ってしまっていることではありますが、

 

嫌いな仕事は逃げても、自分から逃げてはいけない

 

と言いたいんですね。

そのためには自分の悩みととことん向き合って、

本当はどうなりたいかという本音に素直になること。

 

自分と向き合って自分を変えていくことは、

他人を変えるより圧倒的に簡単なので、

ぜひ自分と向き合うことを大切にして下さい。

 

関連記事:

あなたが働いているのに貧乏になって悪循環に陥る理由

働いているのにお金がない…辛い生活から抜け出すには?

働いても幸せになれない苦しみをどうやって抜け出せばいい?

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ