引き寄せの法則で理想の仕事に転職したい人の誤解してること

引き寄せの法則 仕事 転職

 

引き寄せの法則を活用することで、

嫌いな仕事を辞めて転職に成功した。

辛かった職場の人間関係が改善できたなど、

ネットや本なんかで書かれてたりしますよね。

果たしてそんな話本当なのでしょうか。

 

けど、そんなものは真っ赤なウソです。

 

と言われれば驚くかもしれません。

だけど、ただ引き寄せの法則って聞いただけで、

特別なもののように感じないでしょうか。

 

実際のところは特別でもなんでももなくて、

ただ当たり前のことをするだけなんですね。

決してスピリチュアルな世界の話ではありません。

 

けど誤解をしている人が多いので、

望む仕事に転職をしたい云々は関係なく、

引き寄せることができないのです。

 

なぜなら引き寄せることを”考える”からです。

 

今回は僕が引き寄せられなかった時代と、

今は望む生き方を引き寄せた経験を通して、

引き寄せの法則の重要な要素をお伝えします。

 

今回の内容を心から理解して頂ければ、

想い描いてることの実現力は格段に上がります。

また引き寄せの法則の誤解についてもお伝えします。

 

前回は、仕事への憂鬱をプラスに転換できるよう、

潜在意識を活用した3つの秘策をお伝えしました。

盆明けからの仕事が憂鬱…辛さを180度変える3つの秘策

スポンサーリンク

なぜ引き寄せの法則ではイメージが大事なのか

 

引き寄せの法則では、

イメージやアファメーションなど、

独特の方法が紹介されてたりします。

 

アファメーションというのは、

「~したい」や「~なればいいな」という願いじゃなく、

「~なっている」とか「~できている」など、

言葉の扱い方を意識することです。

 

イメージとはビジュアライゼーションとも言われ、

望んでるものを想像して思いや感情を高めます。

例えば好きな人を想像すると幸せな気持ちになり、

その感情と波長が合うものを引き寄せるわけです。

 

心を強くするための人間関係の〜にも書きましたが、

波長が同調すれば何でも引き寄せることができます。

 

このように引き寄せの法則というのは、

脳の機能を上手く活用した方法なんですね。

スピリチュアルな世界だけの話ではないことが、

ここまでの説明でご理解頂けると思います。

 

言い換えると潜在意識の活用法なんですね。

なので考え方そものは実用性はあるのです。

そもそも考え方を変えると生き方すら変わるなんて、

いつの時代だって当たり前のことだからです。

 

ではなぜ、冒頭では真っ赤なウソと言ったのか!

 

それにはちゃんと理由があるんですね。

アファメーションやビジュアライゼーションなど、

こうした引き寄せる為の方法は非常に実用的ですが、

ほとんどの人は引き寄せられないのが現実です。

その理由っていたってシンプルなんですね。

 

それは、成功まで行動し続けないからです。

 

あるいは行動した「つもり」になっている。

やはり行動しても結果が伴っていなければ、

それは行動したとは言い切れないのです。

いえ、行動に移したのは確かかもしれません。

 

だけど、もしその行動が的外れだとしたら?

 

こういうのって認めたくはないかもれません。

けど、いくら問題から目を逸らしても、

それで現実が変わることはありませんよね。

 

これはあなたを責めてるんじゃないんです。

物事は失敗をしながらも積み重ねていくことで、

次第にいろんなことが見えて上手くなるように、

最初から効率よくなんてできないものなんです。

まず引き寄せる為には相応の行動が必要であり、

 

そして行動の3つのポイントを知る必要があります。

 

心から望んでるものを引き寄せる為に、

言葉の使い方やイメージの仕方を学んだところで、

行動が伴っていなければ叶うものも叶いません。

 

また引き寄せる為の行動にも考え方があり、

知らなければ的外れの行動をしがちなのです。

 

理想の仕事に転職するのだって同じで、

理想としている仕事に転職できるように、

的を射た行動をする必要があるのです。

 

 

引き寄せの法則を活かす行動の3つのポイント

 

僕は20代はほとんどフリーターでした。

やりたいこともなくぼんやりと過ごしてきました。

 

そんな退屈な人生を過ごす中で、

30歳が近付くと将来に危機感を抱くようになり、

28歳で心理学を学ぶようになりました。

 

自分の生き方を変える為、

心理学のセミナー講師をやってみたり、

コーチングスキルを学んでコーチングをしたり、

行動してきましたが上手くいきませんでした。

 

しかし、2014年1月から、

ネットビジネスという世界に飛び込んでからは、

一気に人生が加速度的に変化していきました。

 

そんな過去の自分を振り返って、

望む生き方を引き寄せる行動のポイントとは、

 

  1. 正しいところから学ぶこと
  2. 学んだことを真似ること
  3. とにかく大量行動

 

この3つが重要だと分かりました。

これは誰もがよく知っていることですが、

ちゃんと理解してる人は少ないかと思います。

それでは、それぞれ順に説明していきます。

 

1.正しいところから学ぶこと

 

僕はネットビジネスを始めた最初の頃は、

ネット上の情報を集めて独学でやってました。

けど心のどこかで常に不安があったんですね。

 

「自分のやってることは本当に正しいのか?」

「本当にこれで収入なんて得られるんだろうか?」

「もし間違ってたら今までの苦労が無駄になる」

 

こんな不安感と戦いつつ前に進み続けるのは、

実際に経験してみると続けられないものです。

何よりなかなか前に進めないもどかしさもあります。

 

なのでネットビジネスを始めて4ヶ月後に、

正しい道を示してくれるノウハウを購入し、

正しい知識の元に経験を積んでいきました。

 

僕がセミナー講師やコーチングで失敗したのは、

具体的な行動がはっきりしてなかったからでした。

再現性のある体系的にまとめられたノウハウは、

最初だからこそ何より意識すべきだと思います。

 

2.学んだことを真似ること

 

次に学んだことを行動する際に、

ちゃんと学んだ通りのことができるかです。

 

上手くいかない人ほどノウハウを一通り読み、

それだけで理解した「つもり」になるわけです。

けど人ってそんなに賢くはありません。

 

大切なのは学んだことを繰り返すことです。

 

僕はスノーボードをしてるんですが、

動画で技の確認をして実際にゲレンデで試したら、

また動画を観て自分の動きをチェックします。

 

これって誰もが当たり前のようにやります。

特に趣味や好きなことだと自然とやる行動です。

けど、ここに上達の秘訣が隠されてるんですね。

 

これは成功したモデルを真似ることになります。

この真似ることを繰り返して行動することで、

理想を引き寄せることができるのです。

 

3.とにかく大量行動

 

世の中の成功者と呼ばれる人は、

成功の度合いが高いほど、比例して失敗してます。

何度も何度も失敗の経験を積み重ねてるのです。

 

だけどそんな凄い人を見ると、

まるでエスカレータのようにすんなり上がれた・・・

みたいな苦労なく成功したように感じます。

 

けどそれって”今のその人”を見てるからです。

 

成功した人も成功するまでは右も左も分からず、

成功した姿のようなオーラなんてまとってません。

失敗の積み重ねによって雰囲気も変わるんですね。

 

それに人とは違うことをするから引き寄せるのです。

その違いとは何かと言うと特別なことをするんじゃなく、

 

ただただ大量に行動するのがベースなんです。

 

そこから様々な気付きを経て成長するわけです。

僕もネットビジネスで成功することができたのも、

毎日ひたすら記事を書き続けてきたからでした。

逆を言えばシンプルに行動し続けるだけです。

 

 

世の中の仕組みは強い者が勝つのではない

 

この世界にありとあらゆる生物が存在します。

その中で人間は「万物の霊長」と言われており、

全ての生命で最も優れてると定義されています。

じゃあ、なぜ万物の霊長なのでしょうか。

 

それは最も変化に対応できるからです。

 

鋭い牙や強い力を持つ生物なら、

人間よりも遥かに強い生物は沢山います。

中には人間より長生きする生物だっています。

 

ここからが大事なことなんですが、

変化にすぐに対応できると言うことは、

 

望んでる未来に早く対応させていける!

 

ということなんですね。

だってこのことを考えてみて下さい。

一代で成功を手にしている人は凄く多いです。

 

気が付いたら一気にブレイクして、

あんな高い所までいっていたって感じです。

あなたにも身近な人でそんな人がいませんか?

 

そうした人って水面下でずっと行動してたんです。

まるで鍋に入れたお湯が沸点に達して沸騰するように、

着々と積み上げる下積み時代が必ずあるのです。

 

成功という結果には必ずその為の原因があります。

けど行動の3つのポイントを押さえておけば、

効率的に早く成功へと歩めるはずです。

 

 

引き寄せるのではなく自然と寄ってきてるだけ

本日のまとめ:

  • なぜ引き寄せの法則ではイメージが大事なのか
  • 引き寄せの法則を活かす行動の3つのポイント
  • 世の中の仕組みは強い者が勝つのではない

 

「引き寄せの法則で理想の仕事を見つけたい!」

「自分の条件に合った転職先を引き寄せたい!」

 

このように思ってる人は多いですが、

ほとんどの人は引き寄せることはできません。

 

そもそも自分が変わっていないのに、

引き寄せられるはずがないのです。

 

引き寄せの法則のカギは波長にあります。

波長とは同じ波長のもの同士が引き寄せ合うことで、

これって「引き寄せる」というよりは、

 

自然と向こうからやってくる感覚なのです。

 

例えばスポーツだって、

出来なかった技を練習して出来るようなれば、

それ以降は出来て当たり前の感覚になります。

 

つまり、当たり前の感覚なんですね。

 

アファメーションやビジュアライゼーションとは、

言わば自分の目的を明確にする為の方法です。

目的を達成するには行動が伴っている必要があります。

この両輪が揃ってはじめて理想が実現できるわけです。

 

「結局、自分でやらないとダメなのかよ!」

 

と、思ってしまうかもしれません。

けど何もしないと何も得られないままです。

僕もそうでしたが最初は誰もがゼロからスタートです。

 

まずは今回の内容の一部だけでも、

頭の片隅にでも入れておいてもらえればと思います。

覚えておいて決して損はないはずです。

 

関連記事:

会社の人間関係にうんざり…そこは居場所じゃないと知るべき

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ