メンタルの弱さは遺伝?人の中に存在する3つの意識

メンタルの弱さ 遺伝

 

メンタルの弱さって遺伝するのでしょうか。

僕は父親からひとつ聞かされたことがあります。

それは何かと言うと、

 

「うちの家系は器用貧乏だ・・・」

 

ということでした。

それから僕自身もそうなんですが、

父親や兄を見ていて感じてたのが、

 

自分の家系は非常に心が傷付きやすい・・・

 

というのを感じてました。

なのでそれぞれが自己保身に走りやすく、

家庭は完全に冷え切ってましたし、

最終的には家庭崩壊もしました。

 

あなたも何らかの心の問題を抱え、

そのメンタルの弱さは遺伝なんじゃないか?

と感じているかもしれません。

 

ですが短所とは長所にもなり得るもので、

自分を理解することで変えることができるのです。

それは生き方そのものが変わるくらいにです。

 

今回の内容は本当の自分を知るために、

潜在意識の観点からお伝えしていきたいと思います。

それによって自分を違う視点から見れるようになり、

現状を望む方向へと変わるきっかけとなるでしょう。

 

前回は、自分の軸を知って物事を見極められれば、

自分の意場所すらも見つけることができるという内容でした。

精神的支柱とは?職場の人間関係で悩む人が後を絶たない理由

スポンサーリンク

人の中に存在する3つの意識

 

  • 大事なところでいつも失敗してしまう・・・
  • 本番になるとガチガチで本気が出せない・・・
  • 異性や目上の人とまともに喋れない・・・

 

あなたも経験がないでしょうか。

気持ちの問題さえクリアできれば成功できた。

こうした悩みの原因は潜在意識にあります。

 

メンタルの弱さは遺伝なんかではなく、

潜在意識の活用の仕方を知らないからなのです。

 

そして潜在意識を味方につければ、

メンタルの弱さを克服することができます。

 

そのためには潜在意識も含めて、

人には3つの意識があるのを知る必要があります。

その3つの意識とは以下のようになります。

 

  1. 顕在意識
  2. 潜在意識
  3. 集合意識

 

顕在意識と潜在意識については、

あなたも聞いたことがあるかと思います。

けど集合意識なんて意味が分からないかもしれません。

なので、それぞれ順番に説明していきます。

 

顕在意識とは?

 

僕達が見る、聞く、感じる、味わう、臭うなど、

主に五感で感じられるのが顕在意識の領域です。

自分の意識でコントロールすることができます。

また考えることも顕在意識の領域と言われます。

 

氷山で喩えると海面に出ている部分にあたり、

脳全体のおよそ1~10%程度と言われてます。

 

潜在意識とは?

 

心臓や肝臓などの臓器や体温の調整など、

身体の至る機能は意識しなくても機能してます。

また驚いた時にとっさに反応してしまう行動や、

嬉しい、悲しい、寂しい、楽しい、心地良いなど、

感じる感情は意識しなくても自然と出てきますよね。

 

意識とは関係なく出てきたり機能したりする領域は、

無意識に行われるので潜在意識の領域になります。

氷山で喩えると水面下にある大部分のところです。

脳全体のおよそ90~99%と言われています。

 

集合意識とは?

 

集合意識とは「集合的無意識」と言います。

スイスの心理学者カール・グスタフ・ユングが提唱し、

個人の経験を越えた先天的な構造領域のことです。

簡単に言うと意識の深層では繋がっている・・・

ということを言ってるわけです。

 

これには「100匹目の猿現象」という有名な話があり、

宮崎県の猿が芋を海水で洗うと美味くなることに気付き、

他の猿達も真似をするようになったということですが、

大分県の猿も海水で洗って食べるようになったそうです。

約270キロも離れて全く繋がりがないのにです。

 

そのことから生物の意識の深層部には、

何らかのカタチで繋がっているのではないか?

と考えられて研究されて解明されました。

 

 

成功の秘訣は最も抵抗を感じるところにある

 

以上で3つの意識について説明しました。

集合意識なんて潜在意識の更に奥のようなもので、

上手く活用することは難しいかもしれません。

 

けど潜在意識の活用法は巷に溢れるくらいあり、

意識的に活用していくことが可能なわけです。

そして潜在意識を活用するキーポイントは、

 

僕達が普段から感じる「感情」にあります。

 

そもそも人が挑戦する中で諦めてしまい、

変わりたいのに変われない理由とは、

潜在意識によって抑えられてしまうからです。

そして諦めるポイントには2つあるんですね。

それはどんなポイントかと言うと、

 

  1. 挑戦し始めた最初の段階
  2. 成功する直前の段階

 

この2つです。

意外と成功する直前で諦める人って多いんです。

これらの段階になると、

 

「自分って頑張っても無理かも・・・」

「このまま続けて意味あるんだろうか・・・」

「実は間違ってるんじゃないのか・・・」

 

このように疑心暗鬼になりやすいんです。

なぜなら潜在意識が止めようとするからです。

仕事が続かないのは精神的な病気?にあるように、

潜在意識の現状維持機能が止めようとするのです。

 

そして潜在意識が止めてくる方法は、

上記のような不安を感じさせて止めさせるのです。

けどこうした感情が出てくるということは、

 

裏を返せば、やり続けると変われる!

 

ということを意味してるわけです。

メンタルの弱さって遺伝でもなんでもなく、

潜在意識の存在を理解していないからなんですね。

ただ知っているだけでも、

 

「あ、今潜在意識の抵抗がきてるんだ」

 

て自分のメンタルの弱さに嘆かず、

じゃあ、そうなったらどうするべきか?

と次の対策を考える思考に切り替えられます。

 

 

まずは素直に受け入れるという姿勢

 

「今よりもっと自由になりたい!」

「幸せな家庭を築きたい!」

「コミュニケーション上手になりたい!」

 

誰もがこうなりたいという思いがあると思います。

けど自分がなりたいものを実現してる人を見ると、

凄いなって感心する気持ちがあるものですが、

 

反面、悔しさや嫉妬の気持ちも必ずあります。

 

これは人間誰しもが持つ感情なんですね。

けどそれって強く興味を持ってるからこそ、

先に実現した人に対して抱く感情なわけです。

関心がないなら心が動くはずがありません。

 

この話からでも分かることですが、

ここで潜在意識が教えてくれてるわけです。

ネガティブな感情を通して強い関心があることを。

 

ネガティブな感情を感じることって、

誰だって嫌で避けたいことかもしれません。

けど見方を変えると人生の指針にもなるんです。

そうやって自分のことを理解した次は、

 

理想の未来に必要なことだけ素直になること。

 

ここに意識を持ってくことが大事です。

潜在意識から送られてくるメッセージ、

身体で感じる感情を通して自分を知り、

 

感情的になるほど自分は関心を持ってるんだ!

 

ということを素直に受け入れ、

そのためにどうするかを考えていくわけです。

まずは素直に受け入れる姿勢を持つこと。

ここからが始まりなわけです。

 

 

あなたは本当はどうなりたいですか?

本日のまとめ:

  • 人の中に存在する3つの意識
  • 成功の秘訣は最も抵抗を感じるところにある
  • 理想の未来創りに必要なことだけ素直になること

 

いくら自分でこうなりたいと考えても、

そしてそのために行動を起こし続けても、

なぜか全く上手くいかないことってあります。

そんな時は諦めないことも大事なんですが、

 

本当はどうなりたいと思っているのか?

 

時には自問することも大事なんですね。

僕はネットビジネスの世界に参入する前は、

心理学のセミナー講師やコーチングなどで、

独立したいと思って挑戦していました。

 

だけど心の中に引っ掛かるものがあり、

結局それを取り除くことはできませんでした。

何をやってもダメで途方に暮れていた時に、

 

「俺って本当はどうなりたいんだろう・・・?」

 

と自分自身に問い掛けたことがあったんです。

結局セミナー講師やコーチングに答えはなかったです。

なので思い切って今までの全てを捨てました。

 

けど何もなくなった自分に常に問い続けてました。

するとネットビジネスというものに出会ったわけです。

 

あなたは本当はどうなりたいですか?

 

これはすぐには答えは出ないかもしれません。

けど生きてる限りは永遠のテーマでもあります。

僕もこれからもずっとテーマだと思ってます。

 

そして自分の本音に素直に生きた方が、

人生はよっぽど幸せではないでしょうか。

 

関連記事:

精神的に疲れた…心を回復させるシンプルな3つの方法

精神的にきついときの心の休ませて前向きになる心理学

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ