行動を変えると習慣が変わるって言うけどできない人へ

行動を変えると習慣が変わる

 

止めたいけど止められない習慣ってありませんか?

例えばタバコを止めたいけどつい吸ってしまうとかです。

こういうのって衝動的についやってしまいますよね。

よく行動を変えると習慣が変わると言われますが、

 

染み付いた習慣はなかなか変え難いものです。

 

他にはダイエットの習慣化ができないとか、

資格の勉強を始めても三日坊主になるとか、

行動を変えると習慣が変わるのは分かるけど、

 

じゃあどう行動すれば習慣化できるのか?

 

それは行動のする時のある考えが問題なのです。

今回はどう行動を変えると習慣が変わるかではなく、

行動のどういった意識を変えると習慣が変わるのか?

という多くの人が見落としがちな視点でお伝えします。

 

前回は、立ち向かうことをやめる勇気をテーマに、

人生をうまくいかせるある視点についてお伝えしました。

人生がうまくいかない原因を最もシンプルに答えます

スポンサーリンク

習慣化にできないのは設定の仕方にある

 

僕達は目標を決める時、

あれもやろうこれもやろうと、

新しくやることばかりを考えてしまいます。

それでは今の生活にプラスしていくことになり、

息苦しくなって物事が続かなくなります。

 

そこで捨てるという考え方がありますが、

これは新しい行動を取り入れていく前に、

今の生活から何をやめるかを考えることです。

 

例えば資格取得のために勉強するとします。

そこで仕事意外の時間を使って勉強するのですが、

普段は家に帰ってからテレビを観たりネットをしたり、

何かしらの行動をとっていたりするものです。

 

そうした行動の中でどれを止めるかを決め、

そこに資格の勉強の時間を組み込むということです。

そうすることで時間を上手く有効活用することができ、

自分の目的を見事に果たすことができるわけです。

 

だけど思った通りにいかないのが人間の性です。

 

人にはモチベーションというものがあります。

頭で分かっててもどうしても行動ができない・・・

そしてそのままズルズルとやらなくなってしまい、

最終的には行動そのものを忘れてしまったりします。

 

そんな時って酷く自己嫌悪に陥ってしまうし、

何だか何もかもが面倒で嫌になってしまうんですよね。

僕なんて見ないようにフタをしてたくらいです。

何も感じないようにして自分を誤魔化してました。

 

 

習慣にするための意外な盲点

 

新しい行動が習慣にできないのは、

モチベーションが続かないことが原因です。

そうなるとモチベーションを上げなければいけない・・・

このように考えてる人がほんとに多いのです。

けど問題の本質はそこではありません。

 

大切なのは最低ラインを設定する。

 

ということなのです。

これはどういうことかと言うと、

どんなにモチベーションが低かろうと、

これだけはできるという最低ラインを決めることです。

 

そうすると最低ラインを越えさえすればOKなので、

過度のプレッシャーに押し潰されることもありません。

これが多くの人が見落としがちな視点なんです。

 

僕達は自分が決めた目標を達成できなければ、

自己嫌悪に陥って行動できなくなってしまいます。

問題はその行動できなくなることにあります。

そしてその本質は自らがそうさせてしまうんですね。

なので習慣を変えたいと思うなら、

 

  1. 何をするかの新しい行動
  2. 今までの行動で何を止めるか
  3. これだけは継続できる最低ライン

 

この3つを考えることが大切です。

確かに行動を変えると習慣が変わるのですが、

ほとんどの人が新しく始めることばかりを考えます。

一方で何を止めるかを考える人もまちまちいます。

 

けど最低ラインを決めてる人って意外といないんです。

 

だから多くの人が物事を挫折してしまうわけです。

継続することだけにピックアップするなら、

上記の3つの中で最も重要な要素だったりします。

 

 

物事が続く人は背伸びをしない

 

元読売ジャイアンツのホームランバッター、

松井秀喜選手の座右の銘にこんな言葉があります。

 

心が変われば行動が変わる 行動が変われば習慣が変わる 習慣が変われば人格が変わる 人格が変われば運命が変わる

 

実はこれ、心理学者であり哲学者である、

ウィリアム・ジェイムズの言葉なんだそうです。

行動を変える前に「心」があるんです。

 

心とは言い換えると「考え方」とも言えます。

 

自分の目標を決めて行動に移した時、

そこで重要となるのは如何に継続できるかです。

なぜなら失敗は挫折することが原因だからです。

 

では継続するにはどうしたらいいかと言うと、

考え方を変えることで乗り越えていけるわけです。

やらなければいけないことばかりだと息が詰まりますが、

最低ラインを決めさえすれば気持ちに余裕が持てます。

 

これが最終的には大きな成長に繋がるのです。

 

行動を変えると習慣が変わりますが、

その習慣にしていくまでのプロセスが大変ですよね。

背伸びして一気にやろうとする人は続きません。

物事が続く人は最低ラインを決めて背伸びしないのです。

 

 

日々を習慣を変えることで自分の運命すら変わる

本日のまとめ:

  • 思った通りにいかないのが人間の性
  • 最低ラインを設定すること
  • 背伸びして一気にやろうしないこと

 

僕は2013年2月からブログを書いてます。

全くの素人だった当時からもう5年になります。

これまでずっと続けることができたのは、

 

最低ラインを自分に決めてたからでした。

 

世の中にはたくさんの誘惑があります。

○○は時間が掛かるけど○○なら楽して稼げますとか、

○○社と比較して当社の転職率は○%と高いですとか、

当社で受講すれば他と比べて○%の合格率ですとか、

いろんな情報が散乱して選択に迷ってしまいますが、

 

結局は地道に歩むことが確実でなわけです。

 

どんな方法や道を歩むにしたって、

最初から最後までずっと上手くいくはずがありません。

僕はスノーボードが趣味でよくやってるんですが、

趣味の世界だって上手くいかなくなることがあるんです。

 

それでも今日は最低でもこれだけはしようと決め、

少しずつでも前に進み続けることで、

やがて頂上まで登っていくことができるんです。

これが行動が変わると習慣が変わる本質です。

本日の内容が参考になれば幸いです。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ