人生がうまくいかない原因を最もシンプルに答えます

人生がうまくいかない 原因

 

何をやってもダメ、なぜか不幸ばかり続く・・・

人生がうまくいかない時期ってありますよね。

そんな時って一体何が原因なってるのでしょう。

実は人生がうまくいかない原因ってシンプルなんです。

 

それは立ち向かおうとするからです。

 

頑張ろうとすればするほど空回り・・・

努力すればするほど結果が出ない・・・

どんどん濃い霧に包まれたようになりますが、

無理して進もうとしても先が見えなくて不安です。

 

人生がうまくいかない時期を抜け出すには、

そこで立ち向かうことをやめる勇気が問われるのです。

今回はそのための具体的な考え方をお伝えします。

 

うまくいくための考え方を取り入れることで、

それによって新しい視点で見れるようになり、

人生が好転するチャンスも見極められるでしょう。

 

前回は、覚悟とはどこにエネルギーを注ぐかであり、

自由になるための周波数についてお伝えしました。

自分の人生を生きる覚悟を決めると自由になれる秘密

スポンサーリンク

うまくいかない人はディスペーシング

 

人生がうまくいかないというのは、

そうした時期が続いてしまうということですね。

そしてその原因は冒頭にてお伝えしたように、

 

立ち向かおうとするからです。

 

実はこれは自分自身では自覚し難かったりします。

理由は、それが当たり前だと思ってしまうからです。

つまり無理な状態が当たり前になるということです。

うまくいかない時点でその場所は違うのです。

 

例えば合わない仕事を無理して続けてることです。

そんな仕事なんてやってたらずっとうまくいきません。

そうなると人生がうまくいかないと思うようになり、

家から出たくないとか、家と会社の往復だけになったり、

仕事以外のところまで影響が及んでしまうのです。

 

それでも自分に無理して頑張ろうとしてしまい、

どんどんうまくいかない方向へ行ってしまいます。

これでは迷いの森に自ら入っていくようなものです。

これは本来の自分とは逆行することになるので、

 

心理学では「ディスペーシング」と言われています。

 

人は本来の自分の持ってるペースで生きる方が、

結果も出るし、幸せだし、楽しいわけなんですね。

人生がうまくいかない時期というのは、

 

そこで本来の自分とは違うことに気付くこと。

 

それを状況を通して教えられているのです。

確かに状況だけを見ると苦しいばかりですが、

一歩下がって状況や自分を俯瞰して見ることで、

そこから見えてなかったことに気付けるのです。

 

 

まずは今の状態にペーシングしていくこと

 

人生がうまくいかないというのは、

うまくいかないことに頑張ろうとするからであり、

それは自分のペースと合ってないからなんですね。

 

そもそも人間関係が苦手なのに~にも書きましたが、

あなたは嫌いな人を好きになることができるでしょうか。

人は本来好きな人とだけ関わっていたいものなのです。

ということはいまくいかせるようにするには、

 

自分の本来のペースに合わせることが大切です。

 

ただ今の忙しい現代なんてよく言われますが、

僕達は自分のペースで生きるのが難しいです。

というよりは自分のペースって一体何なのか?

そこも分からないという人も案外多いものです。

じゃあ、自分のペースに合わせるとは何なのか?

 

それは今の自分をありのまま感じることです。

 

ムカついているなら、今自分はムカついている。

悲しいのなら、今自分は悲しんでいる。

辛いなら、今自分は辛くなっている。

苦しいのなら、今自分は苦しんでいる。

 

つまり感情と状態を切り離して考えるのです。

 

僕達は辛い出来事が起こると、

それに対して、つい感情的になってしまいます。

上司に無理難題を押し付けられてしまうと、

嫌に気持ちになってしまいますよね。

 

なぜ一旦感情と状態を切り離すかと言うと、

感情に流されてしまうのを止めるためです。

これが人生がうまくいかない原因なのです。

なので立ち向かおうとして無理をするのです。

 

 

可能性と希望を感じることをやる

 

人はどんな言葉を使っているかで、

実は人生がうまくいくかいかないかを決めてます。

では言葉の使い方でどう違ってくるのでしょうか。

例えば以下のような言葉に何を感じますか?

 

  • 休みを取らなければいけない
  • 休みを取る必要がある
  • 休みを取るべきだ
  • 休みを取るだろう
  • 休みを取りたい
  • 休みを取ることができる

 

いかがでしょうか。

それぞれに感じ方が全く違ってきませんか?

人生がうまくいかない人は決まった言葉を使います。

それは上記の例えで言うなら、

 

  • 休みを取らなければいけない
  • 休みを取る必要がある
  • 休みを取るべきだ

 

これらから受ける感じ方って、

どっちかというと切羽詰った感じがします。

人生がうまくいかない人は切羽詰っているので、

どうしても言葉の使い方もそうなりがちなのです。

それよりは希望や可能性を感じる言葉として、

 

  • 休みを取りたい
  • 休みを取ることができる

 

こちらの方がうまくいきやすくなります。

なぜなら希望や可能性を感じることは本人も望んでいて、

それだけにエネルギーが強く込められるからです。

 

ということはエネルギーが溢れる行動として、

可能性や希望を感じることに注いでいけば、

誰でも人生をうまくいかせることはできるのです。

 

 

可能性を感じる行動は現実を創ることができる

本日のまとめ:

  • うまくいかない人はディスペーシング
  • まずは今の状態にペーシングしていくこと
  • 可能性と希望を感じることをやる

 

投資関係で成功している人に話を聞いたのですが、

その人はその投資で可能性を感じたから、

それでやってみた結果成功できたと言ってました。

 

つまり自分に可能性を感じたからなんです。

 

僕もネットビジネスに挑戦した時、

同じように自分に可能性を感じられました。

なので続けることができて結果も出せました。

 

  • うまくいくかもしれない
  • できるかもしれない
  • もし成功したら?

 

自然と言葉使いも可能性や希望を表現するものになり、

うまくいかない時期も可能性を信じて行動できました。

人生がうまくいかないという場合、

 

うまくいかそうとしてるその場所は合っているのか?

 

自分の本来の場所と合っていないところでやってると、

どうしても感情もネガティブになってしまいがちです。

なので自然と言葉使いもネガティブになってしまいます。

言葉の使い方ひとつにしても自分を知ることができます。

 

あなたもぜひ自分が普段どんな言葉を使っているのか。

そして自分にとって可能性や希望を感じることは何か。

今回の内容を頭の片隅にでも置いておいてもらえると、

アンテナが働いて望む方向へと向かいやすいと思います。

今回の内容が少しでも参考になれば幸いです。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ