仕事が辛い…人間関係で失敗しても辞められない本当の理由

仕事 辛い 人間関係

 

辞めた方がいいのは頭では分かってる。

けど、どうしても仕事を辞めることができない!

仕事の人間関係ってこじれると修復が難しいですね。

毎日こんなに辛い思いをしてるのにどうしてなんだろう・・・

あなたは日々こんなことをずっと考えていないでしょうか。

 

そもそも会社とは、価値観が違う者同士の集まりだからです。

 

あなたはこんなこと思ったことはありませんか?

プライベートで出会う人は全然普通なのに、

仕事の人間関係となると、なぜか悪くなってしまう。

 

その人の別の素顔というか、本性が出たというか、

そして長く居れば居るほど人間関係は悪くなっていく・・・

もう我慢の限界を超えてるのにそれでも辞められない・・・

 

修復ができるなら、このブログには辿りついていないと思います。

その職場で対処法を講じても焼け石に水なのではないでしょうか。

解決するには人間の心理について理解する必要があるのです。

 

前回は、自分の居場所じゃないと思いつつ仕事をしてる人へ、

自分に合う居場所を見つけるための考え方をお伝えしました。

仕事が遅くて辞めたい…本当の居場所を知るシンプルな方法

スポンサーリンク

人は知らない相手には攻撃的になりやすい

 

どうして仕事の人間関係は悪くなりやすいのでしょう。

基本的に誰だって悪い方向へは行きたくはないものですが、

仕事の人間関係においては上手くはいかないものですね。

 

理由は自分を守るための行動が優先されることです。

 

たとえばミスすれば自分の責任だと潔く認めるより、

誰かのせいにして上手くやり過ごしたくなるものです。

またミスを連発してしまえば咎められることが怖くなり、

何とか誤魔化して隠してしまいたくもなるものです。

 

他には部下の扱いに悩んでいる上司は、

威圧的な態度で部下をコントロールしよう考えたりします。

このような自分を守る行動が優先されてしまうのは、

価値観が違うので思いが通じ合わないからです。

ということは相手の真意が分からないので不安なのです。

 

「どうせ、あいつは俺の言うことは聞かない!」

「また嫌なこと言われて苦しまないといけない・・・」

 

なんて思うのはお互いの思いが通じ合ってない証拠です。

そしてここからが問題の沼の中に入ってしまうのですが、

 

一度こじれてしまうと日を追うごとにエスカレートするのです。

 

これもお互いの思いが通じ合っていないからです。

思いが通じ合わないとは、まさに価値観が違うからです。

学生の頃の仲のよかった友人のことを思い出してみて下さい。

ケンカしたってどっちかが謝って修復してたはずです。

たったこれだけのことが自分を守ることでできないんですね。

 

ただこれって僕達人間には誰しもが持ってる感情なんです。

決して自分だけが特別能力が低いなんてことはないのです。

まずは他人は知らない人には攻撃的にやりやすいんだということ、

このような心理が働くことを知ることが大切です。

 

 

仕事が辛いのに辞められない本当の理由とは?

 

仕事が精神的に辛いのにどうして辞められないのでしょう。

努力しても人間関係が修復できないどころか悪化しているのに、

それでもずっとその会社で働き続ける人は多いと思います。

僕もパワハラを受け続けながら3年間仕事してました。

 

辛いのに、このままではダメだと分かっているのに、

それでもその会社で働き続けてしまうのは、

辞めた後の不安とか、経済的な問題とかいろいろありますね。

僕達は辞めることへの不安や怖れが邪魔しますが、

 

それは人間には現状維持メカニズムがあるからです。

 

人間には顕在意識と潜在意識の2つがあります。

潜在意識の大元の役割は生命を維持することにあります。

なので辛くても今まで生きてこれたので変わりたくないのです。

不安や怖れは潜在意識がストップを掛けてくるからなのです。

 

僕達はそんな不安感や怖れの感覚に様々な理由を付けます。

それが辞めて次の職場で同じようなことを繰り返したらとか、

また一から仕事を覚えていくのが面倒に感じるとか、

せっかくここまで仕事を覚えてのにまだ頑張れるだろうとか、

とにかく頭の中ではいろんな理由が出てきますが、

 

全ての根源は、この現状維持メカニズムから始まってるのです。

 

つまり、人間は本来変化を嫌う生き物だということです。

これが仕事が辛くても辞められない本当の理由なのです。

 

それは逆に潜在意識の抵抗のあるところに変化がある・・・

という意味にも繋がっています。

 

だけど僕達はそんなこと知らずに生きています。

とは言え、たとえ知ってても本能には逆らえなかったりします。

だけど人間の本質というものを知らない限りは、

自分の殻を破って前に進むことも難しいのも事実です。

 

 

何があると辛い仕事を辞められるのか?

 

では潜在意識の現状維持メカニズムに流されず、

現状を変えていくには、どうすればいいのでしょう。

その答えは意外と身近なところでヒントがあるのです。

 

あなたの会社にも寿退社や家族が理由で、

仕事を辞めていった同僚や先輩などいないでしょうか。

こうした人はサッと辞めてたりしないでしょうか。

少なくとも何年も深刻には悩んでいないはずです。

 

仕事が苦痛でこのままでは病気になるかもしれないのに、

怖くて辞められない人が多い中で不思議だと思いませんか?

僕も散々転職活動をしましたが不安や恐れが邪魔してしまい、

結局のところ、辞められずに何年も悩み続けました。

 

けど答えはシンプルで大義名分があるからです。

 

つまり、そうする必要があるという強い理由があるのです。

しかもそれが自分一人だけのことでないので尚更です。

仕事があまりに苦しくても辞められない人というのは、

 

動機がネガティブだからエネルギーが出ないのです。

 

なので途中で不安や怖れの感情に負けてしまうのです。

ダイエットだって痩せなければ死ぬと医者に宣告されたら、

どうにかして生活習慣を変えて痩せようとするものです。

しかし、ただ痩せたいだけではモチベーションが続かない・・・

つまり、完了させるだけのエネルギーが足りないんですね。

 

けど寿退社の話をしたように大義名分があると、

どんな状況でも前に進むエネルギーが沸いてくるのです。

 

ということは自分に大義名分なる理由を見つけること。

 

それが潜在意識の現状維持メカニズムに流されず、

自分の意思を貫いて前に進む強いエネルギーとなるのです。

 

 

自分の課題を知ってから次にステップアップしませんか?

  • 価値観が違う環境では自分を守ろうとする
  • 現状維持メカニズムに引っ張り戻されてしまう
  • 大義名分となる理由が強いエネルギーとなる

 

今回、お伝えした内容は以上となります。

もうひとつ自分を前に進ませる考え方があります。

それは今のままだとどうなるかのリスクを明確にすることです。

仕事を辞めるのは「逃げ」ではなく~の記事でも書きましたが、

 

嫌いな仕事を続けても本当に何も残りません。

 

我慢ばかりして努力なんて報われることもない・・・

残念ながらこうした環境があるのも事実なのです。

けど、それはその環境が悪いというのではなく、

たまたま、あなたと合っていないだけのことなのです。

 

ということはそこには何かしらの意味があるんですね。

つまらない会社とか文句を言うこともできますが、

自分と真剣に向き合う機会が訪れていると考えることもできます。

 

そして人生は考え方次第で大きく運命すら変わります。

 

どうせなら望む方へ変えたいと思いませんか?

ならばもっと違う考え方があることに意識を向け、

そしてしっかりと逃げずに自分と向き合うことが大切です。

 

今を通して成長できることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ