夜は苦手…夜勤は寿命が縮むことだけを心配してませんか?

夜勤 寿命 縮む

 

夜って基本的に弱いんだけど、

でも仕事だから我慢して夜勤をやらなければいけない・・・

夜が苦手な人にとって夜勤は肉体的精神的に過酷です。

夜勤を長くしてると寿命が縮むなんて言われてますが、

 

寿命が縮むだけを心配してませんか?

 

僕は製造業の会社に派遣社員として入社しました。

入社して1週間足らずで1ヶ月夜勤してくれと言われたり、

部署異動させられて週交替のフル残業をさせられたり、

夜が苦手なので夜勤に関しては散々苦しみました。

 

あなたも夜勤が苦手なのに我慢してませんか?

それってこのまま続けて報われる時がくるでしょうか。

 

もし、その答えが曖昧なら自分を見つめ直す必要があります。

なぜなら会社は個人の悩みを解決してはくれないからです。

会社とは基本的に利益が優先なので仕方がないのです。

 

だけど寿命のことを心配するということは、

少なからず今の現状を変えたいと望んでいるのではないでしょうか。

今回は、辛い現状からどうしたら変えられるかをお伝えします。

 

(前回の入社したばかりだけど辛くて辞めたいあなたへ送るアドバイスでは、

入社したばかりの辛さを耐えたとしても仕事に意味を見いだせない人が多く、

辛いと思う今だからこそ知ってほしい状況の抜け出し方をお伝えしました。)

スポンサーリンク

 

失うものは寿命だけじゃない!

 

たとえ週交替であっても夜勤を何年も続けてるのは、

体内時計が狂ってホルモンバランスや代謝に影響がでます。

不眠症、鬱、胃腸への障害、癌、心筋梗塞、脳梗塞、糖尿病、

このような身体への悪影響は実に様々にあります。

 

こうした内容に関しては、

詳しく紹介されている素晴らしいブログなどあるので、

ここではあえてこうした内容のことは書きません。

僕自身、工場の週交替の夜勤を経験して感じたことは、

 

思考が固まって他のことが考えられなくなる。

 

今思い返すとこれが一番問題があるように思います。

なんていうか視野が狭まるというか無になるというか、

他のことが柔軟に受け入れられない精神状態というか、

とにかく今が精一杯の状態で気が休まらないのです。

 

僕は昼と夜とが週ごとに入れ替わってたので、

これがかえって自己管理を余計に複雑にさせられました。

仕事と身体を休める以外は何も考えたくありませんでした。

 

だけど、これって人生を損していると思いませんか?

 

こんな生活をこの先ずっと続けていくのです。

何のためにこの世に生まれてきたのか意味が分かりません。

自分の人生という大切な時間を失い続けているのです。

 

同時に不健康で寿命だって縮んでいってしまう・・・

サンドイッチのように両方から失っているのです。

この状況を異常と言わずして何なのでしょうか。

 

 

人は慣れると辛くても離れられなくなってしまう

 

またもうひとつ言えることがあります。

よく人は慣れる生き物だと聞いたことがありませんか?

入社したばかりで辛い気持ちになったとしても、

 

「すぐに慣れるよ!」

「慣れたら大丈夫だよ!」

 

こんな風に励まされることがあり、

実際に慣れてしまえば何とも感じなくなる場合もあります。

当然、これは仕事がただ辛いだけに限った話です。

だけどこれは悪い意味でも当てはまるのです。

 

それは精神的苦痛な環境でも離れられなくなる・・・

 

これは僕自身が散々苦しんできました。

当時の工場での仕事では班長からパワハラを受けてました。

 

時にはキレそうな瞬間があってもグッと押し殺してしまい、

帰って転職サイトに登録して時際に面接に行ったりしてました。

けど何度やっても転職する勇気が出ないのです。

 

このまま働いてもジリ貧で追い込まれることは分かってる。

それにもっと自分の将来を真剣に考えなければいけない。

そのためにこの職場で働いているままではダメだ・・・

 

頭では分かっているのに辞められなかったのです。

けど結局は精神的に追い込まれて会社を逃げてしまいました。

最終最後は何らかのカタチで離れていってしまうのです。

人によっては鬱になって社会復帰できないかもしれません。

慣れというのは良くも悪くも適用されてしまうんです。

 

 

世間一般の常識に振り回されない

 

仕事が嫌いで苦手な夜勤までやらされている・・・

そんな仕事では寿命どころから人生そのものを奪われます。

 

辛い苦しいだけの環境での我慢は時代遅れの考えなのです。

なぜなら、我慢したところで報われることはないからです。

それより自分の幸せのために生きる方がよっぽど大切です。

 

そこで邪魔となるのが世間一般の常識です。

 

あなたは夢や目標がある人が挫折する理由が分かりますか?

その大きな要因として世間の常識に振り回されることがあります。

これは具体的にはどいいうことなのかと言うと、

 

「失敗するケースがほとんどだよ!」

「もっと経験を積まないとダメだよ!」

「やりたいことするなら○○しないと!」

 

こんなこと身近な人に聞かされると萎えてしまいますね。

またそれは自分の心の中からも囁いてこないでしょうか。

そして不安になって自信がなくなって心が折れてしまう・・・

これも現状から抜け出せない要因のひとつですね。

けど人生で成功している人の特徴って、

 

ひとつのことを集中してずっとやり続けることなんですね。

 

僕だって今は好きなことで独立してますが、

それはブログを書き続けるというのを継続してるからです。

 

成功には情報は大切ですが実は集めれば集めるほど、

何をしたらいいか分からなくなってしまうのです。

いろんなことに手を出して疲れてしまうのはそのためです。

これは辛い状況から抜け出すには非常に重要なことです。

 

 

人生は小さなことの積み重ね

 

  • 夜勤は寿命が縮まるだけじゃなく思考が固まってしまう
  • 苦痛な夜勤であっても慣れると離れられなくなる
  • 世間一般の常識は現状から抜け出せなくなる要因

 

本当は夜勤なんてしたくないけど、

仕事のためだから仕方なくやっている・・・

けどこんな生活いつまで続くか分からない・・・

そんな現状から抜け出すためには、

 

世間一般の常識と自分の幸せは全く関係ない!

 

そのことを知っておく必要があるんです。

僕もネットビジネスで独立する前にいろんな挑戦をしました。

セミナー講師やコーチングなど7年間に渡ってやりましたが、

そんな僕を見て変わってるとか偏見を持つ人もいました。

 

挑戦することってある意味人と違うことをすることなんです。

そして今までの自分から脱却して新しい自分になることなんです。

 

今までと違うからおかしいと言われようが、

そんなことは自分の幸せとは全く関係のないことです。

夜勤をやってて寿命が縮むことだけを心配すべきじゃなく、

 

大切なのは夜勤を我慢して人生を放棄しないこと。

 

僕も夜が苦手で工場の夜勤が嫌で仕方がありませんでしたが、

そんな現状を変えたくて挑戦をして失敗をしつつも、

ひとつのことを決めて小さな積み重ねによって今があります。

 

結果的に大きな成功も小さなことの積み重ねです。

成功には誰もが最初はその道を歩み、その方が強いのです。

 

努力が報われる生き方に変わることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ