連休明けに仕事に行きたくないのに耐え続けるべきなのか?

連休明け 仕事に行きたくない

 

もう、休みが終わりかぁ・・・

明日からまた仕事がはじまる・・・

うわぁ、このまま仕事に行きたくない・・・

連休明けの仕事ってホント憂鬱で仕方がないですね。

 

そんな辛さから連休を思いっきり楽しめない・・・

 

あなたもそんな辛い状況になってませんか?

仕事のことなんて仲間ややりたいことを楽しんだけど、

そのギャップが大きいほど連休明けの反動は大きいです。

 

なので、僕も心から連休を楽しむことができなかったし、

通常の休日でさえ楽しみ過ぎないようにしてました。

こんな仕事との関わりが果たして当たり前なのでしょうか。

 

人間関係や業務に精神的に辛い思いをしているのなら、

それは決して当たり前ではなく、人生の課題なのです。

耐え続けるのではなく自分の人生を見つめてみませんか?

 

(前回の日曜の夜が死ぬほど憂鬱で今の仕事が辛い人の根本的な解決策では、

毎週、繰り返す憂鬱なることへの解決はそれを乗り越えることじゃなく、

根本的に環境を変えるためにどう考えるべきかについてお伝えしました。)

スポンサーリンク

 

世の中の「甘えている!」は迷信に過ぎない

 

  • 月曜の朝に仕事が嫌になる「ブルーマンデー症候群」
  • 日曜の夕方から夜に掛けて嫌になる「サザエさん症候群」

 

これらは休みから仕事の日が近づくことで訪れます。

仕事での何からの苦痛を我慢しなければいけないからです。

 

こうした悩みを抱える人は全労働者の半数以上と言われています。

 

でも個人的に半数以上どころではないと感じます。

なぜなら仕事の人間関係で苦しむ人が9割以上だからです。

そもそも仕事を辞めたい理由が断トツで人間関係です。

ですが、ここで仕事を辞めたいと言おうものなら、

 

「お前は甘えている!」

「仕事は辛いのが当たり前だ!」

「何をそんな甘ったれたこと言ってるんだ!」

「それくらい辛抱して働いてみろ!」

 

このように言われるのが目に見えてるので、

なかなか他人に今の気持ちを相談できない人も多いです。

実際に僕も仕事でパワハラや孤立化に苦しんでても、

誰一人として相談できる相手なんて存在しませんでした。

あなたも今の苦しみを相談できずに抱えてませんか?

 

また当時の僕もそうでしたが1人暮らしなどの理由で、

自分で生活費を稼がなければいけない場合は簡単に辞めらず、

精神的苦痛と生活との間で揺れて苦しむ人も多いです。

 

こうした板挟みの状況にある人はホントに苦しいです!

 

ハッキリ言って耐え続けることは百害あって一利もありません。

また努力すればするだけ人間関係や仕事へのプレッシャーに押され、

ジリ貧で追い込まれて仕事に行けなくなる可能性が高いです。

まるでそんな会社にとっては使い捨てのような扱いです。

 

 

定期的に訪れる苦しみは乗り切ってはいけない

 

休み明け会社に行きたくない・・・

この苦しみって毎週訪れてしまいますね。

特に連休明けだとその辛さが余計に強く感じます。

人によってはそのまま会社に行かなくなる人もいます。

 

そんな時に何とか乗り切ろうなんて考えてませんか?

辛いけど生活のために無理して頑張ろうとしてませんか?

転職が出来なくて今の仕事を無理に続けようとしてませんか?

 

そこで何とか乗り切る方法を探したくなるかもしれません。

もちろん、乗り切ることは決していけないわけではありません。

 

けどあなたが精神的に苦痛を感じる日々に、

ただ今を乗り切るだけの方法を試したところで、

果たしてそれがいつまで効果を発揮できるものでしょうか。

それどころか試した瞬間から今一だったりするかもしれません。

 

それもそのはずで、そもそもが合っていないからです。

 

仕事には合う合わないが必ずあります。

仕事を普通にこなせてある程度の不満を感じる程度なら、

また上司や同僚に不満を感じながら何とかやってける程度なら、

合わないと感じても普通にやってけるので構わないでしょう。

 

僕が警鐘を鳴らしているのは精神的苦痛に耐え続けてることです。

 

その場に居続けて乗り切ろうとしても、

決してその先が明るいなんて思っていないのではないでしょうか。

自分でも分かっていて我慢し続けることの方が悪なのです。

 

 

守ろうとする行為が自分を傷付けることになる

 

仕事に行きたくないのに、

生活のため、家族のため、借金のため、

いろんな理由があって我慢し続けないといけない・・・

 

僕も1人暮らしで生活をしなければいけなかったし、

借金もあったので仕事を簡単には辞められないと思ってました。

辞めてもし転職できかったらとかもし失敗したらとか思って、

今のままで居続けることへの言い訳をしていました。

 

それと同時に今の苦しみは、

上司が悪いとか班長が許せないとか、

自分が苦労してるから他の連中は楽していられるとか、

自分は会社に都合の良いように扱われた一番の不幸者とか、

仕事に関わるありとあらゆることを責任転嫁してました。

 

そもそもが合ってない場所なのでそうなってしまうんですね。

 

そして生活のために自分を我慢させてしまい、

借金返済のために自分を我慢させてしまい、

転職への失敗を怖れて自分を我慢させてしまい、

 

今を守ろうとすると、どんどん自分を傷付けていきました。

 

けど自分を傷付けてまで守ろうとしたその場所は、

そもそもが合っていないのでどんどん追い込まれてました。

人間関係、業務内容、勤務体制、全てが苦しかったのです。

 

そしてその苦しみに耐え切れずに会社を逃げ出したのです。

その後もモチベーションが上がらず部署をたらい回しにされました。

今を守ろうとしても自分を傷付けては意味がないのです。

 

 

苦しむために生まれてきたわけじゃない!

 

連休明けになると憂鬱になるほど、

仕事に行きたくないというのは当たり前のことじゃありません。

だからと言って異常なことだと言うつもりもありません。

 

なぜなら、自分を見つめ直すために与えられた機会でもあるからです。

 

僕達は問題と感じなければ現状を変えようとしません。

そのままで良いならずっとそのままを維持しようとします。

単に仕事が退屈な程度なら変わるエネルギーとはなり得ないのです。

 

僕もそうでしたが現状があまりにも苦しかったが故に、

今の苦しさを変えようと必死にもがいて今は独立しています。

そして当時の僕には信じられないくらい楽しい毎日を送ってます。

 

僕達は苦しむために生まれてきたわけじゃありません。

 

そもそもこんな苦しみを抱えても仕事は続かないのです。

あの嫌な気持ちになる連休明けになると仕事に行きたくないというのを、

これから先もずっと続けていきたくはないと思いませんか?

 

仕事の辛さは耐え続けることが当たり前なんかじゃなく、

なぜ苦しいのかの理由を見つめて自分の本音に気付いて、

そして少しずつでも変えていく勇気が大切ではないでしょうか。

 

自分を大切にして幸せに向かっていけることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ