正月明けの仕事が異常にだるい時の意識を変える3つの解消法

正月明けの仕事が異常にだるい時の意識を変える3つの解消法

 

楽しかった正月休みも終わりを迎え、

正月明けからの仕事ってだるいなぁって感じますね。

仕事が本当に嫌でたまらない人ならこのまま辞めてしまうか・・・

なんてことを真剣に考えている人もいるかもしれません。

 

だけど、色々考えると簡単に辞めるわけにもいかない・・・

 

そんな複雑な思いを抱えながら、

新しい年をスタートする人も多いのではないでしょうか。

それが一生続くなんて嫌で仕方がないですね。

 

そんな時にどうやってモチベーションを上げたら良いのでしょう。

実は僕も正月明けの仕事の異常なだるさに悩んでいて、

これから紹介する3つの解消法が効果的だと感じました。

ぜひ、あなたの人生に活かして頂きたいと思います。

 

(前回の正月明けからの仕事があまりに憂鬱で逃げてしまいたい時は?では、

なぜ正月明けなどの仕事の始まりは憂鬱な気分になりやすいのかの理由と、

人生において実は大切なある選択の仕方についてお伝えしました。)

スポンサーリンク

 

1、朝起きて普段とは違う行動パターンをする

 

あなたは辛い苦しいことを思い出している時、

どのような姿勢でどんな表情になってるでしょうか。

人は身体の状態がそのまま心の状態に反映されるのです。

それを証明するために以下のことを実際に試してみて下さい。

 

  • 下を向いて過去の辛い苦しい体験を思い出して下さい。
  • 上を向いて過去の辛い苦しい体験を思い出して下さい。

 

いかがでしょうか、

この2つの違いがお分かり頂けたでしょうか。

上を向いた方があまり辛い苦しいと感じないと思いませんか?

つまり、身体の動きで精神状態が変化するということなのです。

では、更にもうひとつ実験してみましょう。

 

  • 絶対に雲が掛かった富士山を想像しないで下さい!

 

いかがでしょう、

「しないで下さい!」と言われてても、

もう既に雲が掛かった富士山を想像してませんか?

これは、言葉で自分をコントロールできるという意味です。

 

要するに言葉と身体を使ってパターンを変えるのです。

 

朝って起きるのがすごく面倒に感じますよね。

その時に「よし、起きよう!」と言葉で自分を誘導し、

窓を開けて太陽の光を浴びたり、シャワーを浴びてみたり、

ストレッチや筋トレをやって身体に変化を起こさせるのです。

 

仕事がだるいなぁと感じるのもパターンがあります。

そのパターンを壊してしまえばだるさも解消できるのです。

そこで言葉と身体を使って自分の気持ちを誘導するのです。

 

 

2、仕事が終わった後の自分へのご褒美を用意する

 

この解消法は個人的に強くお勧めします。

普通は休日などに行きたいとこに行ったり、

友達と遊ぶとか趣味に没頭したりなどしますね。

だけど休みの日が楽しければ楽しいほど、

 

次の日の仕事が異常にだるいと感じないでしょうか。

 

あまりの憂鬱で悲しくもなってきませんか?

いっそこのまま辞めようかと考えたくもなりませんか?

だけどせっかくの休日なんだから思いっきり楽しみたいし、

だけど翌日の月曜の朝の憂鬱感には見舞われたくないですね。

 

そんな時は月曜の仕事が終わった自分へのご褒美を用意するのです。

 

ちょっとワクワクするような、

少し奮発してテンションが上がるものなどが良いですね。

僕なら温泉が好きなので温泉に行ってサウナに入ったり、

甘い物が好きなので月曜の夜だけは好きなだけ食べたり、

筋トレが好きなのでジムに行って思いっきり汗を掻いたり、

車で少し遠出して美味しい物を食べたりしてました。

 

他には映画を観て普段と違う雰囲気を味わってみたり、

友達と何か決めて一緒に楽しんでみても良いですね。

また余裕があれば複合してみるのもアリではないでしょうか。

 

ワクワクすることなら、どんどんアイデアが湧いてきませんか?

 

このように自分の気持ちを自分でコントロールするのです。

そのためにお金を使うことはむしろ大切なことではないでしょうか。

むしろお金との健全な付き合い方ができるように思います。

 

 

3、少し先の未来に楽しい事を約束しておく

 

これも非常に強力な解消法です。

これは項目2の自分へのご褒美とは違って、

 

学生の頃に修学旅行の日が楽しみのような感覚です。

 

修学旅行って待ち遠しく感じなかったでしょうか。

このように先の未来にワクワクするものを用意しておくと、

日常の過ごし方もモチベーションが上がってきます。

 

僕の場合は心理学が好きだったので、

よく大阪や東京に心理学のセミナーに行く計画を立ててました。

ネットで泊まるホテルは何にしようかと検索したり、

新幹線で行くのか飛行機で行くのかを決めたり、

 

段取りをする段階からすごく楽しいと感じてました。

 

実際に心理学のセミナーでは真剣に学びましたし、

その結果、こうしてブログで情報発信することで、

ブログから収入を得て今では独立に至っているのです。

 

また少し先の未来に楽しみを用意することは、

未来にワクワクするレベルのものを用意する必要があります。

それはお金を基準にするのではなく、

 

ワクワクする感覚がどのくらいなのか?

 

ということを基準にするのです。

そう考えるとハードルが低く感じないでしょうか。

今は仕事が辛くても自分の好きなことやっていくことは、

考え方次第でいくらでも可能性はあるのだと思います。

 

 

解消法はあくまで対処療法であること

 

今回、ご紹介した3つの解消法は、

僕が過去にパワハラや苦手な業務や夜勤をやってる中で、

いろいろと試した中で最も効果があるものをピックアップしました。

なので正月明けの仕事のだるさの解消にも効果的だと思います。

だるいなぁと感じる時はぜひ試して頂きたいと思います。

 

しかし、僕はそれでも最終的に仕事を逃げてしまいました。

それは精神的な限界で会社に行けなくなってしまったからです。

毎日辞めることを考えてて生活ができなくなる不安で続けてました。

 

解消法はあくまで対処療法なのです。

 

退屈だなぁっていう程度のことなら、

今回、お伝えした解消法で十分にやっていけると思います。

だけど仕事が精神的に辛い人は根本的な解決を考えることが大切です。

 

そこで毎日働くのがしんどい…楽しい人生って何をすればいい?では、

生き方の4つのレベルや嫌いな仕事を我慢し続けることに対してなど、

これからの生き方についてお伝えしてますので参考にしてみて下さい。

 

好きなことへ意識が変わっていけることを祈っています。

スポンサーリンク


 

関連するお勧めの記事です。

スポンサーリンク


 

サブコンテンツ

このページの先頭へ