仕事で精神的に限界がきた時の今後の考えるべき対策

仕事で精神的に限界がきた時の今後の考えるべき対策

 

今の仕事に興味があったわけではなく、

とにかく自分にできそうな仕事を選んではみたものの、

どうしても合わなくて精神的に限界がきている・・・

 

そんな心も身体も疲れた状態になってませんか?

 

このままではいけないのは頭では分かっているけど、

途中で逃げるなんてことも簡単にはできないですね。

それに生活も掛かっていれば尚更の話です。

 

だけどずっとどこかで辞めたいとも思っている。

そんな時に今後の生き方をどう考えていけばいいのでしょう。

もう頑張れないと感じる限界まできているのに、

ずっと続けるわけにもいかないですね。

 

僕も当時は借金が300万近くあって、

時給の高い派遣の仕事でがむしゃらになってた時期がありました。

だけどその仕事に精神的な限界がきて辞めてしまったのです。

では、この限界を感じた時にどうすればいいのでしょう。

 

(前回は、合わない職場にストレスを抱えて続けるあなたが考えることにて、

ずっと合わないと思ってる職場にストレスを抱えてなぜ続けてしまうのか、

そしてそこから抜け出すための何を考える必要があるのかをお伝えしました。)

スポンサーリンク

 

頑張れば頑張るほど精神的に限界が訪れる

 

仕事で精神的にも肉体的にも、もう限界・・・

このような人は非常に頑張り屋な人達だと思います。

普通なら、とっくの昔にどこかで辞めています。

 

僕達人間は、頑張らないといけないと思うほど、

その反対である「しんどい」という気持ちに蓋をします。

本当はしんどくて限界がきてるのに頑張ろうとします。

 

そして頑張って頑張って頑張り続けると、

その先にはもう何も考えられなくなって頭が真っ白になったりします。

それはまるで何かが燃え尽きてしまったかのような感覚です。

 

これは本当にしんどいことだと思います。

またこの頑張りには努力のわりに結果がついてきません。

ついてこないと言うよりは思ったより成果がでないのです。

 

「この状態がいつまで続くんだろう・・・?」

 

たまにぼんやりとこんなことを思うことがありませんか?

当時の僕も今の状態が永遠と続くんじゃないかと思ってました。

この仕事を辞めない限りは一生続くように感じていました。

 

 

やるべきことは「頑張らない勇気」を持つこと

 

あなたは「やめる勇気」と言う言葉を聞いたことがありませんか?

これは今やってることが自分にとってあまり良い影響がなく、

だけどそれを手放すことが何らかの理由でできない時に、

やめる勇気を持つことが重要だということです。

 

僕達は生活やローンの支払いのため、

やりたいくない仕事を我慢して続けていたりします。

そして世の中のほとんどの人はこうした傾向にあると言えます。

だけどそれにも程度の差があって何とか我慢できる人ならいいですが、

精神的、肉体的に限界がきてるのに頑張ってしまう人もいます。

 

しかし、その先にあるものは決して良い結果ではありません。

 

鬱病などの精神疾患になって社会復帰できなくなり、

挙句の果てには貧困状態になってしまうことだってあるのです。

災いが更に次の災いを呼んで人生がめちゃくちゃになってしまうのです。

 

だからこそ、そうなる前に「頑張らない勇気」が必要なのです。

 

僕は以前勤めていた会社では、

パワハラや孤立という人間関係による限界と、

苦手な夜勤やイライラする業務内容による限界と、

この2つの精神的な限界で会社を逃げてしまいました。

 

その結果やっと異動することはできましたが、

性も根も尽きた状態になった僕は一切残業も夜勤もやらなくなり、

給料は最初の手取り30万円から10万3千円まで減ってしまいました。

まるで何もかもが会社に奪われてしまったかのように感じました。

 

給料日になるとATMに行くのですが、

通帳に刻まれる数字を見る度に怒りが込み上げてました。

まるで家畜のようにこき使われてる気分でした。

 

 

辛いときはカウンセラーに相談するという方法もある

 

もし精神的に辛い状況で誰にも相談できる人がいないなら、

仕事を専門にするカウンセラーに相談するのも方法のひとつです。

 

というのも社内の相談窓口なんかで相談しても意味がないからです。

それは従業員には聞こえの良い謳い文句で書いてたりしますが、

そうではなくて会社の問題が外に出ないよう未然に防ぐための、

 

会社側の防衛ラインを張っているという裏があるのです。

 

なので社内の相談窓口ははっきり言ってあてにはなりません。

まだ会社以外の相談機関を利用した方が遥かにマシです。

だけど社外の相談機関では根本的解決にはなり得ないのです。

 

なぜなら、見つめるべき課題は僕達の心の中にあるからです。

なので心を専門に扱うカウンセラーに相談することなのです。

そうした人を探すにはインターネットを活用することです。

だけど誰が良いカウンセラーなのか見分けがつかないですよね?

でも良いカウンセラーを見つける方法はあります。

 

それはその人の発信してるブログなどを読んで感動するかどうかです。

 

しばらく、その人の情報発信を観察してみて下さい。

ブログなり、フェイスブックなり、色々と発信していると思います。

そこであなたの心に感動するものがあれば価値観は近いです。

それは同じような苦しんだ経験をしているからなのです。

だからこそ相手の気持ちに共感して寄り添ってくれます。

 

 

本当の頑張るべきこととは未来に希望があること

 

頑張ることにも頑張るべきことと、

頑張るべきではないことの2つがあります。

頑張るべきでないことはこれまでお伝えした通りです。

では頑張るべきことは何かと言うと、

 

未来に希望を感じることです。

 

僕達は、将来の不安を抱えて今を生きています。

なので未来に希望が持てることには努力したいものです。

だけど今の仕事は未来に希望なんて持てるわけでもないのに、

今の生活を維持するためだけにしんどいのに頑張ってしまいます。

これっておかしいことだと思いませんか?

 

だからこそ「頑張らない勇気」を持つことが重要なのです。

仕事で精神的に限界がくるほど頑張ったところで、

その先にあるのは希望のある未来ではないことがほとんどです。

前述した通り、かえって状況が悪くなってしまうことが多いのです。

僕もその先にあることを経験してはっきりと分かりました。

 

今日お伝えしたことは、

あまり聞いたことがないことばかりでピンとこないかもしれません。

しかし、このような考えが大切なことは頭に入れてほしいと思います。

そして考え方を変えて生きることが本当に大切なのです。

 

希望ある未来に変えられることを祈っています。

スポンサーリンク


 

関連するお勧めの記事です。

スポンサーリンク


 

サブコンテンツ

このページの先頭へ