考えすぎて行動できない人のたった1つの壁の乗り越え方

考えすぎて行動できない人のたった1つの壁の乗り越え方

 

仕事を辞めて思い切ってチャレンジしたい!

そう思っても、いざとなると不安がよぎって萎縮してしまう・・・

そして考えても考えても答えが出ずに悩み続けてしまう・・

そんな考えすぎて行動できない悩みを抱えてませんか?

 

今の仕事が人間関係で精神的に辛く、

このままここにいても無駄だと分かっているのに、

いざ転職のために辞めようとすると怖くなってしまう・・・

 

また新たなチャレンジをするためとか、

自分の目標を達成するためだとか、

行動するべきなのは分かっているのに、

 

どうしても考えすぎて行動できない・・・

 

そして今までの不満な日々を続けてしまうことってありますね。

僕も会社の人間関係で辛くて何度も転職活動を繰り返したり、

会社を辞めて独立一本に集中した方が良いことは分かっているのに、

 

リアルさを増すと考えすぎて行動できなくて苦しかったです。

 

そんな時、どうやってこの壁を乗り越えればいいのでしょう。

実はほんのちょっとしたある1つの方法がカギを握るのです。

 

(前回は、他人からの批判が怖くて仕事を変えられない人の処方箋にて、

年齢を重ねるほど人はいろんな言い訳が邪魔して行動できなくなりますが、

思い切って嫌な仕事を変えるためのある視点についてお伝えしました。)

スポンサーリンク

 

考えすぎて行動できない無限ループ

 

何かやりたいことがあったとしても、

あれをしないといけないこれをしないといけない・・・

実際に行動しようとすると障害が出てくることは少なくありません。

 

なのでそれをどうしようかと考えすぎて行動できない・・・

 

というパターンは誰もが経験することだと思います。

そうなるとずっと考え続けて無限ループにハマってしまいます。

このような無限ループを打破する方法は極めてシンプルです。

 

それは考えることをやめることです。

 

しかし、考えることをやめると、

それこそ答えが出ないんじゃないかと思ってしまいがちですね。

当事者にしてみればなかなかやめられないのが現状です。

 

実際に仕事を辞めるという決断をする時なんかは、

生活でできなくなったらとか身近な人になんて言われるなど、

気になってしまうことから考えすぎて行動できなくなりますね。

 

つまり先のことを想像して不安に感じてしまうこと。

 

これが僕達の行動を邪魔してしまいます。

だとすれば問題は外側よりは自分自身の内面の問題です。

なぜなら成功している人は結局自分の意志で行動するからです。

 

 

先の不安を感じてしまうメカニズム

 

自分の内面の問題をクリアするためには、

先の不安を感じてしまうメカニズムを知る必要があります。

病気になると薬を飲みますが原因が分からなければ処方できません。

 

脳には空白を埋める原則というものがあります。

これは疑問を感じることを埋めようとする機能のことです。

たとえば夏に有給をとってインドに旅行に行きたいとします。

だけど今の段階では行き方も宿泊先も観光先も分かりません。

そこでどうやって探せばいいのかという「疑問」が生まれます。

 

そして答えは見つからないけど日々を過ごしていくうちに、

ふと立ち寄った本屋でインド旅行についての雑誌が目につきます。

そこでどのような行き方や宿泊や観光があるかを知ることができ、

その情報のお蔭で実際にインド旅行を実現させることができました。

 

これは脳が意識では忘れても疑問が生まれることで、

脳に空白ができてそれを埋めようとして答えを導き出したからです。

その答えと言うのが本屋に立ち寄ったインド旅行の雑誌です。

このことから先の不安を感じてしまうというのは、

 

現段階では脳が空白を埋めようとして答えを探し続けている状態です。

 

そしてなぜ不安に感じてしまうかと言うと、

空白の状態は非常に身の危険に晒されやすいからです。

なぜなら脳の本質的な役割は「生命維持」することにあるからです。

なので不安や危機感などの感覚を身体を通して伝えてくるのです。

 

 

ほんの小さなアクションを起こすだけ

 

どうしても考えすぎて行動できない・・・

そんな時は考えるのをやめることが大事だと言うのは、

誰だって分かってますしできれば苦労はしません。

 

問題は考えるのをやめる代わりに何をするのか?

 

それが壁を乗り越えるために必要なこととなります。

そこで考えるのをやめてとにかく行動をする。

ということが必要なこととして上がってきますが、

それをどう行動すればいいか分からないから悩みますね。

 

そんな時は行動のハードルを下げてみるのです。

 

仕事の人間関係で精神的に辛くて辞めたくても、

生活ができなくなる不安で辞められないとしたら、

それはいきなり行動のハードルが高過ぎるからです。

では行動のハードルを下げるとしたら何があるでしょう。

 

  • 副業をはじめて副収入があれば辞めやすいかもしれません。
  • 生活できる半年分の貯金があれば辞めやすいかもしれません。
  • 次の転職先が決まってからだと辞めやすいかもしれません。

 

そしてこれらを達成していくためには、

日々の小さなアクションを継続することがカギとなります。

貯金だっていきなり半年分の生活費を貯められるわけではないですね。

結局は自分で動いていくしか現実を変えることはできません。

そのために小さなアクションでいいから起こしていくのです。

 

 

思考と現実のギャップを知ること

 

考えすぎて行動できない人というのは、

成りたい理想と今の現実との間にギャップが大き過ぎるので、

そのため乗り越える壁が高過ぎて失敗が怖くてなってしまうのです。

なのでいきなりそのギャップを埋めることは困難です。

 

僕も製造業の会社員をしていた頃に、

班の班長である直属の上司からのパワハラで苦しんでいて、

特に辛いことがあると怒りで転職先を探し回ってましたが、

長く勤めているだけに苦しい仕事環境を手放せませんでした。

 

なぜなら何だかんだで生きていくことができてたので、

脳は新しい環境に変えるより現状維持が安全だと判断してたからです。

 

頭ではこのままでは将来はないと分かっていても、

この先この会社でいても意味はないと分かっていも、

身体が拒否反応を起こしてどうしても目に踏み込めない・・・

 

その全ての原因は脳のメカニズムを知らないからなのです。

 

なので感情に流されていつまでも留まり続けてしまいます。

そうではなくそんな自分と向き合いながら進んでいくためには、

やはり自分自身の身に起こる変化を知る必要があります。

そのための今日お伝えした内容となっています。

 

どんなこともいきなり思い通りにはいかないものです。

それを分かった上でどうやって行動していくか。

考えすぎて行動できない時でも自分を知っていれば、

その壁を乗り越えて自分の人生を楽しめるはずです。

 

人生を変えられることを祈っています。

スポンサーリンク


 

関連するお勧めの記事です。

スポンサーリンク


 

サブコンテンツ

このページの先頭へ