仕事を辞めるのに電話をする勇気がないままでは危険ですよ

仕事 辞める 電話 勇気

 

上司に辞めることを伝えるのって、

たとえ電話越しでもプレッシャーを感じますし、

最後の砦のように勇気が出さないといけないです。

そんな仕事を辞めたいのに前に進めない時って、

 

先のことが明確になってないからなんですね。

 

不安な感情が前に進めなくしてるんですね。

もしあなたが転職先で今より仕事が楽しくて、

そして給料も高くて安定してるのが分かってたら、

 

今すぐ行動を起こしたくなりませんか?

勇気なんて必要ないと思いませんか?

 

今回は僕が仕事を辞めた時の経験を元に、

自分の未来を明確にして辞められない壁を越え、

人生を好転させた方法をお伝えします。

 

ひとつの方法として参考にして頂くことで、

あなたの見つめるべき課題が何かが見えてきて、

辞めることへの不安を払拭できるでしょう。

 

前回は、辞める時は相談すべきじゃない相手がいて、

その上で一番誰に相談すればいいかという内容でした。

仕事を辞めたいけど誰に相談したいか分からないあなたへ

スポンサーリンク

辞める勇気が出なくて葛藤に苦しんでいた日々

 

僕は製造業の会社で派遣社員として働いてた頃、

班長からの執拗なパワハラに悩まされてきました。

その時の3年間は地獄のような日々だったけど、

どうしても辞める勇気が出ませんでした。

 

辞めると生活ができなくなるかもしれないとか、

次の仕事はちゃんと業務をこなせるだろうかとか、

また人間関係に悩まされたらどうしようとか、

いろんなことが頭の中を渦巻いていたのです。

辞めることの方がリスクだと思ってたんですね。

 

なので今の会社も何とか耐え抜いているとか、

このご時世、仕事ができるだけ恵まれているだとか、

自分に言い聞かせながら仕事をやってました。

 

あなたも何度も辞めたいと思ってるのに、

上記の不安が心の中に混在していませんか?

 

こんな日々って毎日が全然楽しくないですよね。

なんで自分だけこんな思いをしないといけないのか・・・

周囲の人間も自分自身も嫌いになってしまいますね。

 

僕もただ3年間耐え続けていたわけではなく、

何度も転職をしようと試みたことがあるんです。

転職サイトに登録して条件が良い仕事を見つけて、

実際に何度も面接に行ったりもしてたんですね。

 

けどいざ転職がリアルになると萎縮してしまう・・・

 

そして結局は元の鞘に戻ってしまうかのように、

転職の話を自ら断って辛い日々に戻ってました。

今なら分かることなんですが当時の僕の問題は、

自分の未来に自信が持てなかったからなんです。

 

なぜなら先のことを考えてなかったからです。

 

例えば普段から通い慣れている道と、

初めて通る道とではどちらが安心できるでしょうか。

そんなの通い慣れてる道に決まってますよね。

 

人って先のことが分からないと極端に不安になり、

前に進めないように潜在意識が止めてくるんです。

反対に出来て当たり前になると自信が持てるし、

不安になることなんて全くありません。

 

なので先のことを明確に考えておくことって、

自分の不安を打ち消すのに効果的なんです。

 

また僕は班長からのパワハラが酷かった日に、

かなり感情的になって行動をしていたので、

熱が冷めて急に怖気づいてしまっていました。

 

なので仕事を辞める勇気が出ない時って、

感情に任せて行動して先のことが曖昧になりがちです。

それ故に結局行動しきれない人がホントに多いです。

 

 

辞める勇気を出すなんてほんの一瞬だけでいい

 

僕は30代中盤で独立をしました。

転職と違って全くの未知数の世界なので、

それこそ仕事を辞めることは怖かったです。

 

「もし失敗したら後がないかもしれない・・・」

「本当に自分が独立してやっていけるのか・・・」

「もう少し準備をした方がいいんじゃないか?」

 

けど状況は部署をたらい回し状態になっていて、

職場に自分の居場所がなくなってたんですね。

なので辞めざるを得ないなとは感じてました。

 

それでも凄く葛藤はありましたね。

辞めたいけど先の不安から辞められない・・・

けどその葛藤も一回電話の通話ボタンを押して、

 

「すいません、相談したいことがあるんですが・・・」

 

と、伝えた瞬間に肩の荷が全て軽くなりました。

あれだけ散々悩んだのは何だったのかと思うくらい、

全ての意識が葛藤から解き放たれました。

 

その瞬間から僕はこれからのことだけを考え、

退職日まで独立の準備に向き合ってました。

あなたが本気で仕事を辞めたいのであれば、

 

勇気を出すのってほんの一瞬だけです。

 

そして一度決断を下してしまえば、

今までの抱えていた悩みは一気に吹っ飛んでしまい、

スーッと気持ちが楽になっていくのを感じられます。

 

人って決断するまでが本当は苦しいんですね。

なので本当は仕事を辞めることなんて怖くなくて、

辞めるまでの葛藤に悩まされるだけなんです。

 

 

誰かに相談するのではなく、自分の本音と向き合うこと

 

仕事を辞めるかどうかなんて、

本当は誰かに相談するものではありません。

 

というよりは相談しようと思ってる時は、

大概は自分の中では答えが出ているものです。

 

それよりは背中を押してほしいとか、

自分の意見に賛同してほしいとか、

何か他に良いアドバイスが貰えるとか、

どっちかと言うとそんな感じではありませんか?

 

それに他人の意見なんて当てにならないのです。

なぜなら、答えは自分で決めるものだからです。

それよりは自分が本当はどうしたいのか?

という自分自身の本音と向き合うことです。

 

そして仕事を辞める勇気が出ないというのは、

言い換えると自分の人生を自分で決断する為の、

 

覚悟を決めなければいけないから怖いのです。

 

僕達は普段から決断に迫られる人生を生きてないので、

仕事を辞めるという一大イベントでは散々迷います。

 

自分と向き合えないとたとえ転職エージェントなど、

専門家に相談したとしても依存になってしまい、

能動的に動けないことで良い転職先に恵まれず、

前職と同じ辛い思いをすることになり兼ねません。

 

 

本当はどんな人生を生きたいですか?

本日のまとめ:

  • 勇気が出ないのは先のことが明確になっていないから
  • 一度決断を下してしまえば、気持ちがスッと楽になる
  • 誰かに相談するのではなくて自分と向き合うこと

 

本当はどうなりたいですか?

 

これが自分と向き合う時のポイントです。

あなたは仕事を選ぶ時の基準って、

どんな選び方をしてきたでしょうか。

 

  • 給料がそれなりだから
  • 程よい残業で続けられそうだから
  • 職種が自分の挑戦してみたいことだから
  • 家の事情に合わせられる仕事がいいから
  • 生活の為に取り合えず稼がないといけない
  • 福利厚生がある程度しっかりしている
  • 休日が多くて自分の時間が持てる

 

他にも色々とあるかと思います。

けどその基準で選んでも大概は退屈になります。

なぜなら妥協の選択で選ぶケースがほとんどだからです。

 

だって本当はどうなりたいのでしょうか。

 

理想の生き方と比べたら、

妥協の選択で仕事を選んでることになりませんか?

 

勿論、全てが理想通りになれたらいいですが、

人生はそんな甘いものではありませんよね。

けど最初から全てを諦めるのも勿体ない話です。

 

それに人生で成功している人の共通していることは、

皆、自分のやりたことにワガママということです。

自分のやりたいことを押し通してるからこそ、

成功というひとつの結果を手にしているんですから。

 

他人の目を気にして無理して足並み揃えた人生より、

自分のやりたいことをやりたいようにやった方が、

僕は僕自身の経験として幸せな人生だと思います。

今回の内容が参考になれば幸いです。

 

関連記事:

仕事を辞めるのは「逃げ」ではなく幸せになるための勇気ある撤退

未来を変える選択に勇気が湧いてくる6つの言葉

転職する勇気が出ない…本当のやりたいことの見つめ方

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ