今の仕事を辞めたい…そのために見つめるべき本当の壁

今の仕事を辞めたい…そのために見つめるべき本当の壁

 

今の会社はやりがいもないし、先もない・・・

給料も安いし人間関係も悪くて精神的に辛い・・・

そんな中で今の仕事を辞めたいと悩む人は多いです。

 

あなたは今の仕事を続けて幸せになれますか?

 

きっとこれを読んでいる人のほとんどが「NO」だと思います。

僕も34歳までサラリーマンとして働いてきましたが、

一度だって楽しさや幸せに思ったことはありませんでした。

なぜなら、自分の心の中では常に、

 

「夢を実現して楽しい日々を送りたい!」

 

とずっと思っていたからです。

世の中には、好きなことをして人生を楽しんでいる人がいます。

僕達とその人達とで一体何の違いがあるというのでしょうか。

僕はこのことにずっと疑問を感じ続けて生きてきました。

 

そして今の仕事を辞めたいと思った時、

あなたはもしかすると甘えてるとか根性や能力足りないとか、

そんな風に自分のことを過小評価してしまう瞬間があるかもしれません。

しかし実はそれとは全く関係なくもっと見つめるべきことがあるのです。

 

(前回は、職場の人間関係が悪いと過度のストレスで耐え切れなくなるにて、

職場の人間関係が悪いことの仕事を続けるべきでない理由をお伝えしました。)

スポンサーリンク

 

今の仕事を続けて幸せになれますか?

 

今の仕事を続けるべきかどうか?

今の仕事が向いていないかどうか?

今の仕事で本当に良いのかどうか?

今の仕事を辞めるべきかどうか?

 

やりがいのない退屈な仕事をしている時、

あるいは人間関係や業務内容で精神的に辛い時、

それを判断する方法は非常にシンプルです。

 

それは今の仕事を続けて幸せになれますか?

 

僕の場合、この問いに「NO」と言える仕事をやってる時は、

自分にとって満足できる人生を送ることはできませんでした。

34歳に覚悟を決めて思い切ってサラリーマンを辞めるまで、

ほとんど不満ばかりを感じてながら生きてきました。

 

今のままだと未来はその延長にしかならないのです。

 

今の仕事を続けても幸せになれないと思えるなら、

それは仕事を辞めて生き方を考え直すことも必要かもしれません。

しかし、ただ辞めるだけでは同じ苦しみを繰り返す可能性もあります。

そこで本当に見つめるべき本当の壁があるのです。

 

 

あなたの人生の課題

 

今の仕事では先がない・・・

ここにいてもやりがいを感じない・・・

給料が安いからやる気にならない・・・

 

今の仕事を辞めたいと思う人には、

辞めたいと悩むだけの理由が存在すると思います。

しかし、これが会社だけの理由とは言い切れないのです。

 

それは今の会社には自らが選んで入社しているということです。

 

それは、あなたの意志とは関係なく無意識に選んでいるということ。

無意識に先のなさそうな、やりがいを感じない、給料が安いという、

会社を選んでしまっているという事実があるのです。

 

それがあなたが見つめるべき本当の壁です。

 

辞めることは甘えているとか、

根性や能力なんてものは全く関係がないのです。

今、あなたは会社にどんな不満を感じているのでしょうか?

この不満に感じることが言わば「やり残したこと」であり、

次の会社に転職しても同じ苦しみを繰り返す原因なのです。

 

 

見つめるべき壁を知った上で今の仕事を辞める

 

不満や精神的な苦痛や将来的な不安など、

今の会社を通していろんな悩みがあると思いますが、

それから逃げようとするのではなく、

 

それを通して自分がどうあるべきか?どう変われるのか?

 

このことを意識して仕事を辞めるのなら、

たとえ今この瞬間に課題をクリアしていなかったとしても、

次の転職先の会社で意識して臨んでいけば良いのです。

 

たとえば中学校までは暗かったのに、

知り合いのいない高校に通って性格が変わった人がいませんでしたか?

僕の友人でも大学に入学して、それまでずっと大人しかったのに、

急にいろんな女の子とデートしたりモテるようになった人がいました。

 

何かをキッカケにして自分を変えることは意外とやりやすいのです。

 

何も今の環境で無理して自分を変えることもありません。

自分の壁が一体何なのかに気付きさえすれば、

新しい環境で自分を変えていけば良いのです。

 

 

天職と言える理想の仕事とは?

 

やりがいのある仕事、

心から自分の天職と言える仕事、

才能とか、能力とか、適正とか、そんなものは関係ありません。

 

「これがどうしてもやりたい!」

「これが好きで好きで仕方がない!」

「これをしないと絶対に後悔する!」

 

そんな心を突き動かされるような、

どうしてもやりたいと思えることに、

それがたまたま仕事と成り立っていれば天職になる。

それが天職と言える理想の仕事なのです。

 

そしてそんな心を突き動かされるようなものに出会うには、

天命と言えるほどいつ訪れるか分からないからこそ、

好きなことはいきなりすぐには見つからないのです。

 

ひとつだけヒントを言うと、

スポーツの本当の楽しさを知るには、

自分が練習を繰り返して上達した先にあります。

 

つまり天命を感じるまでひたすら継続することなのです。

 

そうした先にやりがいを感じるのではないでしょうか。

だけどその先に不満を感じるのなら場所が違うのかもしれません。

だからこそ不満や苦痛の感情を通して自分を見つめて今の課題を知り、

そして不満や苦痛の感情を通して本当の壁を乗り越えることです。

 

本当の望む生き方ができることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ