仕事行きたくないと苦しむ新入社員の無理をしない解決策

仕事行きたくないと苦しむ新入社員の無理をしない解決策

 

入社数ヶ月が経過して今の仕事は自分には合わないと感じている・・・

人付き合いも上手くいかなくて毎日が精神的に苦しい・・・

仕事行きたくないと苦しむ新入社員はどうしら良いのでしょう。

 

こんな辛い状況が続くと耐えられなくて辞めたくなりますね。

 

確かに新入社員は最初は業務に慣れていないだけに、

辛いと感じることもあれば辛抱することも大切なことです。

しかし、今の時代ではひとつの会社に留まること自体、

それが正しい選択とは言えなくなってきているのです。

 

1990年代初期のバブル崩壊を向かえるまでは、

終身雇用で安定した生活を手にすることもできましたし、

ボーナスだって今より遥かにしっかりと貰っていた時代でした。

僕の父親は地元の自動車メーカーの課長をやっていましたが、

景気の良かった時代なのでボーナスも非常に高額でした。

 

ところが今の時代においてはいかがでしょうか。

僕が以前に勤めていた会社で知り合った50歳の男性で、

新卒で入社した会社で今でもずっと勤めてますが、

 

給料は上がるどころか、新入社員時代とそれほど変わらないのです。

 

このようなリアルな事実から見ても、

仕事行きたくないと苦しんでいるのに頑張ることはどうなのか・・・

今の時代では、今の時代に合わせた考え方が必要と言えるのです。

 

(前回は、仕事を辞めれないと悩み続ける人に多い意外な原因にて、

仕事を止められない人に多いある心理的な原因についてお伝えしました。)

スポンサーリンク

 

入社間もない時期はどうしても辛く感じるもの

 

社会人の仲間入りをすると仕事をすることになりますが、

新入社員としての社会人生活に辛いと悩む人は多いです。

 

ミスをして上司に怒られることがあったり、

人間関係が合わなくて精神的に辛く感じたり、

今まで学生生活では味わったことのない経験をします。

 

僕がはじめて正社員として入社した会社では、

入社3日にして母親に、

 

「仕事、もしかしたら辞めるかもしれん・・・」

 

このように泣き言を言ってたりしてました。

何もかもが慣れない環境や業務や人間関係だけに、

心に受けるプレッシャーは相当なものだと思います。

 

あなたは今のプレッシャーにどうしても耐えられそうにないですか?

家に帰っても辛い気持ちで頭がいっぱいになってる状態でしょうか。

頭の中はどうやって辞めるかばかりになっている状態でしょうか。

僕も当時はこのような気持ちでいっぱいでした。

 

 

今の会社に留まることと辞めることのどちらが良いのか

 

入社して3年間は大切な時期とも言われます。

辛いかもしれませんが乗り越えることでその後の人生が決まる・・・

と言っても過言ではないくらい重要なのだそうです。

 

それはゴルフのショットと同じで、

最初の打ち方で飛ぶ方向が決まってしまいます。

真っ直ぐに打つことができればホールに向かって飛びますが、

打つ角度が違ってしまうと森の中へと入ってしまいます。

 

入社して3年間はこのゴルフの最初のショットと似ています。

しかし、もし打ち方が正しくても会社が倒産すればどうでしょう。

会社が倒産までいかなくても景気が低迷すればどうなるでしょう。

 

僕の知り合いの50歳の男性は、

新卒で入社して30年になろうというのに給料は変わらないのです。

ボーナスは会社の景気に左右されるので昔の方が貰っていました。

 

となると必ずしも入社3年間は踏ん張るべきというのは、

今の時代においては通じなくなっている考え方なのかもしれません。

僕ははじめて正社員として入った会社は1年2ヶ月で辞めました。

だけど今では好きな仕事で独立することができました。

 

 

年々離職率は上がっている…それだけ生き方を真剣に求めている

 

2000年代に入り、

新入社員の離職率は大卒でも3年以内に3割を超え続けています。

1年以内の場合は平均して15%近くに及んでいるのです。

高卒の場合の3年以内の離職率はどのくらいだと思いますか?

 

なんと5割近くにも及んでいるのです。

 

入社した会社を3年以内に辞めると転職に不利になる・・・

なんて言われていましたがこのような数字を見ると、

ただ仕事の業務が辛いということだけで片付けられるほど、

とても簡単な問題では言えないのが事実なのかもしれません。

 

だけどこうした辛い日々を経験することは、

耐えるだけが社会に適応することとは言い難い面もあります。

なぜなら、辛い経験をするからこそ、

 

自分の生き方を見つめ直して、本当の生き方を見つけられるものだからです。

 

人は今が問題と感じるからこそ変わろうとします。

心が折れるくらい苦しいからこそ自分自身を見つめるのです。

「仕事行きたくない・・・」と苦しむ今の現状は、

 

自分は本当はどうなりたいのか?

 

それを見つめ直す機会を与えられているのではないでしょうか。

今は大企業すら倒産してしまう時代だからこそ、

自分で意思決定する行動や勇気が必要なのかもしれません。

 

 

たった1回の就職で上手くいくのは稀なこと

 

よく考えてみて下さい。

たった1回で成功するなんて稀なことだと思いませんか?

 

スポーツにしても遊びにしても、

最初から上手くいくはずがありません。

だからこそ簡単に辞めるものではないのかもしれませんが、

だけど変わりゆく時代の変化に昔のままの考え方では、

 

生きていけないのは僕の知り合いの50歳の人の話をした通りです。

 

給料が安定して上がり、しっかりとボーナスも貰える。

そのような会社の方がむしろ稀なのではないでしょうか。

もちろん今の会社に留まることに意味を感じるならば、

その選択も決して間違っているとは言いません。

 

時代が変わってもある程度の忍耐は何にしても必要なことです。

だけど一方では時代は変化して安定もなくなりつつある。

そのことも頭に入れておくことも大切だと思います。

 

今が苦しくて仕方がないなら無理せず転職することも、

選択としては正しい道となり得ることは十分に言えます。

意味を見いだせない我慢は得られるものはないでしょう。

 

やりがいのある仕事を見つけられることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ