仕事に行きたくないのにうつになるくらい無理してませんか?

仕事に行きたくないのにうつになるくらい無理してませんか?

 

仕事に行きたくないのに本当は辞めたいのに、

辞められないからどうにか頑張ろうとしていませんか?

そのままではうつになってしまうばかりです。

 

あなたは仕事に行くようになってから、

人を避けるようになったり関わりたくないなど、

精神的な変化を感じてはいないでしょうか。

 

それは明らかに仕事が影響しているのです。

うつになるくらい頑張ることは本当に疲れますね。

辞められない理由は人それぞれにあるかと思います。

家族を養うことや生活費を稼ぐことやローンの返済など、

僕も1人暮らしなので生活費やローンの返済などがって、

簡単には辞めることはできないと思ってました。

 

だけど仕事に行きたくないのに無理し続けたことで、

職場内ではどんどん孤立化してパワハラまで受けるようになりました。

それは精神的苦痛で人を避けるようになってしまうことで、

コミュニケーションもまともにとれなくなっていったからです。

このままうつになるほど頑張っては状況が辛くなる一方でした。

今回は、仕事を無理して頑張ることへの解決策をお伝えします。

 

(前回は、苦手な仕事を続けることに何の得もない6つの理由にて、

苦手な仕事を続けることで失ってしまう大切なことをお伝えしました。)

スポンサーリンク

 

仕事でうつ病になる人の実際

 

最近、口数が減ったり食欲が減ったなど、

物事への興味関心や元気がなくなったりしてませんか?

ため息が増えて夜も眠れない日々が続いてないでしょうか。

 

日本では15人に1人は、一生のうちにうつ病になると言われています。

憂うつ感や億劫に感じるなど何らかの異変が2週間以上続くなら、

それは間違いなく今の仕事が合っていない証拠なのです。

 

だけど多くの人は何らかの理由があって辞めることができません。

また会社に行きたくないから辞めるというのは甘えだと言う人もいます。

しかし明らかに異変がずっと続いている状態の中で無理し続けることは、

甘えの領域ではなく今いる場所の問題なのです。

 

仕事でうつ病になってしまえば、

いくら治療を受けて職場復帰したところで解決にはなりません。

また同じようにうつ病を再発してしまうことがほとんどです。

 

 

うつ病になるサインで自覚できること

 

うつ病になる前に自分で自覚できることを知っておくことで、

今の自分が精神的にどのような状態であるかを知ることができます。

それは以下の通りになります。

 

  1. 気分が落ち込むことが多くなってきた
  2. 何をするにも面倒に感じて動けない
  3. イライラする回数が増えてきた
  4. 気分がどうも落ち着かない時がある
  5. 寝つきが悪く、朝早く目覚めてしまう
  6. 食欲がない、食欲が急に増えた
  7. 体重が急激に減ったままか増えたまま
  8. 疲れが慢性的にあってなかなかとれない
  9. 朝から身体が重くてだるい

 

いかがでしょうか。

僕は製造業の会社で働いていた時には、

1番と3番と9番が普段からずっとありました。

人によって上記の症状が複合的に表れることが多いようです。

 

 

うつになるくらい頑張った先にあるも

 

僕が2009年から2015年の約6年間、

パワハラや精神的苦痛に耐えながらずっと働き続けてきました。

そしてそれでもどうにかコミュニケーションを良くしようと、

自分のプライドを捨てたり意識的に会話をしたりして努力してきて、

この約6年間で出た結論としては、

 

うつになるくらい頑張った先には苦しみしか残らない。

 

職場では価値観の違いや中途半端な距離感があるだけに、

どうしても他人を疑い、自分を守るために攻撃的になりやすいです。

それは自分にも相手にも同じように言えることなのです。

だからこそ、今いる場所が苦しいなら、

 

思い切って今いる場所を変えていくことが大切だと言えます。

 

僕は2014年にあまりの精神的苦痛で、

オペレーターの部署を逃げるように飛び出してしまいました。

会社の上司に相談しても、

 

「お前の勘違いだ!」

 

と片付けられてしまい、

誰にも相談する相手もいないまま耐える日々は続きました。

結局のところ無理して頑張ったところで解決はできないのです。

 

 

現状を根本的に変えていくことが解決策

 

うつ病になるまで無理して仕事をする必要はありません。

僕達は生きるためには仕事をしなければいけないと思ってしまいますが、

 

精神的苦痛に耐えてまで仕事をし続ける理由はありません。

 

さっさと辞めて転職することは罪ではありませんし、

今の時代はいつ倒産するか分からないと言われています。

倒産なんかより減給の方が遥かに確率は高いです。

 

僕も会社に入った当初は派遣社員だった理由もありますが、

手取りで30万円近くありましたが途中で契約社員に切り替わり、

パワハラや孤立化で精神的苦痛から仕事ができなくなって、

全く残業もしなくなったら手取りで10万3千円になりました。

 

1ヶ月間、自分の時間を会社に提供して、

たったこれだけの小銭しか稼げないことに腹が立ちました。

合わない仕事を続けるということは今は何とかなっているとしても、

やがて思わぬかたちで給料にも響いてしまうものだと感じました。

 

そのため転職するくらいの根本的な解決が大切だと言えます。

 

仕事に行きたくないのに無理して頑張ったとことで、

どんどん苦しくなって仕事ができなくなるからです。

少しずつ今からできることから今を変える行動を起こしてみませんか?

どこかで思い切って決断していくことが大切だと思います。

 

あなたに仕事を楽しめる毎日が訪れることを祈っています。

スポンサーリンク


 

関連する記事です。

スポンサーリンク


 

サブコンテンツ

このページの先頭へ