精神的に楽な仕事に就いて自分を癒す4つの方法

精神的に楽な仕事に就いて自分を癒す4つの方法

 

あなたは、今の仕事がツラくて辞めたくないですか?

世の中には、好きなことをして生きている人は数パーセントと言われています。

ならば、精神的に楽な仕事に一度落ち着いてみるのもひとつの手です。

 

なぜなら、

 

自分の心を一旦、落ち着かせることができれば、

そこから、もう一度自分の将来について考える余裕もできます。

 

今の時代、精神的につらい仕事で必死に頑張る人も多いです。

家族や生活や借金など、辞めるに辞められない人もいます。

いろんなプレッシャーと向き合わなくてはいけません。

 

僕もまた、仕事の人間関係、実家の人間関係、借金の返済など、

苦しい日々を数年間、耐え忍んできました。

 

そんな中、自分が体調崩して仕事ができなくなってしまったら?

 

想像するだけでも「うわぁ~」って思いませんか?

 

今回は、僕自身の経験を通して、

精神的に楽な仕事についてお伝えしたいと思います。

 

(前回は、精神的ストレスを解消するためのうまく付き合う3つの方法にて、

精神的ストレスの解消方法としての心の向き合い方を紹介しました。)

スポンサーリンク

 

1、古本屋のアルバイト

 

これは、とても精神的に楽な仕事でした。

何よりもアルバイトなので気が楽だったのです。

 

仕事の内容も、本やDVDの買取、商品の梱包などが中心で、

接客そのものもそんなに苦ではない仕事でした。

 

この古本屋は、アダルトものも扱っていたので、

新品のDVDが入荷してくれば、数百本のDVDを納品書と現品の確認し、

次にパソコンにバーコードでスキャンしてデータ入力をしていきます。

次に防犯用のケースに入れて、棚に陳列するという作業をしていました。

 

これは少し面倒な作業でしたが、

気の知れた仲間との仕事や、一人なら一人で気楽にやってました。

 

商品管理をする為に、月に一度は全商品の棚卸もありました。

僕の経験では、古本屋のアルバイトが一番気が楽だったです。

 

 

2、工場の派遣社員

 

工場の派遣社員には当たり外れがあります。

まずどの部署に配属されるか分かりません。

 

そして、

 

この業界は、部署異動というものが頻繁に起こるのです。

これは業界を知らない人には、落とし穴です。

 

「ああ、やっと楽な仕事に就けたなぁ~」

 

なんて油断できない事実があります。

更に、作業的に難しいとか人間関係が複雑なポジションに限って、

固定されて精神がすり減らされるほど、固定されてしまいます。

 

ただ、

 

そこは勇気を持って「できません」と素直に打ち明けるべきです。

何も言わなければ「大丈夫だろう」と勝手に思い込まれてしまうからです。

 

そう言った意味では、

 

自分が無理だと申告できるので、

工場の派遣社員も1つの選択肢としてはアリだと言えます。

何よりも、基本的に仕事そのものは単調なものが多いのです。

もちろん、スキルが将来に役立つなんて考えないことです。

 

 

3、トラックの運転手

 

トラックの運転手と言っても僕が経験したのは、

 

  1. 食品の配達(2トン車で中距離)
  2. クロネコヤマトの宅配(軽自動車)
  3. 自販機オペレーター

 

以上の3つです。

なので、10トン車の長距離ドライバーなんて経験はありません。

 

食品の配達は、各スーパーなどに食品を持っていくだけでした。

伝票を渡してサインをもらって、スーパーの棚に陳列もやってました。

隣の県まで走っていたので、運転中は気分が楽でした。

 

クロネコヤマトの宅配は、エリアが狭くて地域を小刻みに配達するので、

楽しいというよりは、忙しいという感覚であまり好きではありませんでした。

 

自販機オペレーターは、必要な缶ジュースなどをトラックに積み込み、

各自販機に缶ジュースを補充して集金も行う単純な仕事でした。

これは、完全に相手が機械なので人と関わることがなかったです。

エリアも割と距離を走るので、運転が好きなら丁度いい距離だと思います。

 

少しでも人と関わることが億劫に感じるなら、

自販機オペレーターはお勧めする仕事だと感じました。

何よりも人の悩みの8割は人間関係の悩みと言われるように、

 

人と関わらない = 精神的に楽な仕事

 

であることには違いはないと思います。

 

 

4、インターネットビジネス

 

いわゆるアフィリエイトと呼ばれる仕事です。

これは、完全に自宅で行うので精神的に楽な仕事の代表です。

 

ただし、

 

アフィリエイトは、労働収入ではありません。

働いた時間分だけお金がもらえるわけではないのです。

 

つまり、

 

最初は報酬を得られるようになるまで、

 

根気よくコツコツと作業を半年以上は続けなければいけません。

 

あなたは、毎日記事を書くことができますか?

 

誰だって最初からうまくいくわけではありませんが、

教材などを購入して、正しい方向性を理解してから、

あとはひたすら淡々と作業をこなす「胆力」が必要になってきます。

 

なぜなら、

 

アフィリエイトで失敗する人は、途中でやめる人だけだからです。

 

ビジネスなので、ちゃんとやれば必ず成果は出ます

あとは、その成果をもとにして修正を繰り返すことで報酬は上がります。

 

 

希望は必ずあるから人生を楽しもう

 

雲の上には必ず太陽が存在しているように、

どんなにツラいと思える人生でも、

 

あなたの空にも、必ず日が差してくるときが訪れます。

 

今の仕事環境がどうしてもツラくてしんどいようなら、

まずは、自分に素直になって精神的に楽な仕事を選択し、

その上で、インターネットビジネスの教材を購入して、

 

半年~1年は淡々と作業を行い続けてみることです。

 

自分を信じて、可能性を広げてみましょう。

幸せな人生が訪れることを祈っています。

スポンサーリンク


 

関連する記事です。

スポンサーリンク


 

サブコンテンツ

このページの先頭へ