精神的ストレスを解消するためのうまく付き合う3つの方法

精神的ストレスを解消するためのうまく付き合う3つの方法

 

あなたは我慢し過ぎていませんか?

精神的ストレスとは「感情の抑圧」のことです。

 

つまり、

 

自分の感情とうまく付き合うことが大切です。

 

よく、

 

「あいつがあんなこと言うから、イライラするんだ」

「なんで、余計なことをするんだ」

 

このように怒りを感じることがあっても、

社会生活をしていく上では我慢しなければいけません。

 

しかし、

 

怒りとは本来、自分や大切な人を守るためのエネルギーです。

 

ただ、

 

そのエネルギーを自由に放出できないのが人間社会です。

そのために必要となってくるのは、

 

出来事や他人と、自分の感情を切り離して考えるということです。

 

そうすることで、

精神的ストレスとの付き合い方がうまくできるようになります。

今回は、精神的ストレスの解消法を紹介します。

 

(前回は、精神的に自立するには何をする?自分を変える7つの方法にて、

精神的に自立するための自分を変えていく考え方を紹介しました。)

スポンサーリンク

 

1、大声を出す

 

大人な人間とはなんでしょうか。

あなたは、どう思いますか?

 

  • いつでも冷静に対応することができる
  • どんなときでも、相手の立場を考えられる
  • 反対意見を言われたときも気持ちを抑えることができる

 

他にもいろいろとあると思います。

ですが、大人な人間とは自分の感情を出さないことではありません。

 

自分の感情を適切な場所を選択してできることを大人と言います。

 

たとえば、

 

カラオケに行って大声で歌うこともそうです。

声を出すことは、最もシンプルなストレス解消法です。

 

このように、自分の感情を適切な場所を選択して解放することが大切なのです。

あなたの精神的ストレスの解消法にいかがでしょうか。

抑えこんでしまうと、いつか爆発してしまいます。

 

 

2、身体を動かす

 

心と身体は密接な関係にあります。

身体が病気になれば、気持ちも沈んでしまいますね?

気持ちが落ち込んでいれば、身体が病気になりやすいです。

 

つまり、

 

身体の動かし方で、精神的ストレスを解消することが可能なのです。

 

もっともシンプルな方法は、ジョギングなどの有酸素運動です。

走ることは、もっとも単純な運動であり、走ることに意識を集中できます。

走っていれば、余計なことなど考えられなくなるのです。

 

この余計なことを考えないが重要です。

 

運動は筋肉に負荷をかけるので、

次第に他のことを考えずにそのことのみに集中できます。

 

ジョギングしたあとは、

ストレッチで身体の筋肉をほぐしてあげると、

心地良い状態が続いて良い気持ちでい続けることができます。

 

僕も週1で、ジムに行ってジョギングで汗を流しています。

あなたの心の健康のために習慣にしてみてはいかがでしょうか。

 

 

3、好きなことをする

 

あなたはカッコいいという理由で、

無駄にストレスと付き合うことをしてませんか?

 

カッコいいスポーツカーに乗れば、

 

「すごいね」

「かっこいいね」

 

と、周囲から注目を集めて自尊心が満たされそうです。

もっとカッコよくしなければいけないと思うようになります。

 

しかし、

 

その代わりに失われるものがあります。

時間とお金がたくさん失われてしまうのです。

そして長いローンという面倒なことが増えることになります。

 

カッコいいことよりも、好きなことをしましょう。

 

それが精神的ストレスを解消する方法です。

精神的ストレスを感じたら、素直に好きなことをするのが一番だと思います。

好きなことには、不思議とストレスを感じることはありません。

 

むしろ、

 

その逆で、どんどん元気になるという力が働きます。

好きなことで仕事をしている人は、本当に幸せです。

仕事をすればするほど、どんどん幸せになれるからです。

 

あなたが今、好きなことで仕事をしていないなら、

プライベートな時間を活用して、

好きなことを見つけるための行動をしましょう。

 

そこから、

 

どうすれば同じ価値を感じる人に、その価値を提供できるかを考えるのです。

きっと、自分の道が開けてくるはずです。

 

 

ストレスとは自分を知るメーター

 

ストレスには良いストレスと悪いストレスの2つがあります。

 

良いストレスとは、適度な緊張感と集中力を与えてくれます。

悪いストレスとは、やる気を失い行動力を奪われてしまいます。

 

この2つのストレスの中間で生きることが大切です。

 

たとえば、

 

良いストレスだからと言って、

四六時中、緊張感と集中力が必要な訳ではありませんね。

 

また、

 

やる気や行動力を低下させて、身体を休めることもときには必要です。

 

なので、

 

常にこの2つのストレスの中間を意識して、

必要なときに必要なストレスと付き合うことが大切ではないでしょうか。

 

「疲れたなぁ」

 

そんな風に感じるときは、

悪いストレスがあなたに警告を鳴らしてくれているのです。

 

どちらもあなたの大切な一部分です。

精神的ストレスとうまく付き合えることを祈っています。

スポンサーリンク


 

関連する記事です。

スポンサーリンク


 

サブコンテンツ

このページの先頭へ