仕事辞めたいのに辞められない…この苦しさから逃れるには?

仕事辞めたいのに辞められない…この苦しさから逃れるには?

 

仕事が辛くて辞めたいのにでも辞められない・・・

いざ辞めようと決意しても怖くて言いだせない・・・

こんな生き地獄のような苦しさから逃れたいものですね。

 

仕事を辞めようとすると必ず引き止められてきます。

妥協案を出してきり理不尽なことを言ってきたりして、

何故そこまでして引き止めるのか分からないと思いませんか?

中には家族に言いつけるなど脅されることもあるようです。

 

「せっかくここまで頑張ってくれてるんだから頑張ろうよ!」

「みんなも君と同じように苦しい中で一生懸命にやってるんだよ」

「よし分かった、給料上げるように社長に頼むから!」

「こんな程度のことで辞めても次も続かないぞ!」

 

このように引き止められてしまいます。

そして引き止められるのが分かってしまうと、

そのやりとり自体が嫌で余計に言い難くなってきます。

辞めることは簡単なことなのに何故こんなに苦しいのでしょう。

 

(前回は、仕事が辛くて行きたくない人がハマってしまう心の癖にて、

何故、仕事が辛くなるのかについて見えざる心理をお伝えしました。)

スポンサーリンク

 

会社が辞めることを引き止める理由

 

仕事を辞めようとしている人間を

何故そこまでして引き止める理由があるのでしょうか。

この時点で仕事へのやる気は会社からしてみれば期待できないはずなのに、

まるで常識のようにどこの会社でも引き止めがまず入ってきます。

 

その一番の理由は、新しい人材に掛ける時間や費用が負担になるからです。

 

新たな人を探すには様々な方法で募集を掛けなければいけません。

そして募集を掛けるにしてもタダではないので費用も掛かってきます。

また一度面接するだけでも費用も時間も掛かりますし

面接をしたからとすぐに採用できる訳でもありません。

会社にとって希望する人材と合致していなければいけないからです。

 

また採用が決まったからと言ってすぐ戦力になる訳でもありません。

それはたとえ即戦力を求めた転職者であってもある程度の期間は必要です。

そうなると教育に掛ける人手や時間というのが会社の負担になります。

またその間の売り上げも変わらないので一人分の出費になります。

 

会社としては1人辞められるだけでも大きな負担になるようです。

だからこそ何としても引き止めて残って欲しいのだと思います。

 

 

人は変化を嫌う生き物

 

仕事を辞めたいのに辞められないのには、

会社としては何としても引き止めたいという思いがあるからです。

これは元々人は変化を嫌う性質を持つところからきています。

 

人の潜在意識は生命維持のために現状を維持することを優先します。

 

そのため変化しそうな状況になる時は、

なるべく変化させないように潜在意識から働き掛けてきて、

僕達は感情的に焦ったり不安になったりしてしまうのです。

 

もし変化を好む性質であるならば、

新しい人を雇い入れてより素晴らしい会社にしていこう!

と誰もがそのように思うのではないでしょうか。

 

また仕事が嫌で辞めたいと思って転職活動をしても、

いざ転職の話がリアルさを増してきた時にも変化を嫌う力が働きます。

それは仕事が辛くても今まで何とか生きてこれたからです。

潜在意識は生命維持を最優先するので今までの安全を守ろうとするのです。

これがこのままでは自分にとって良くないと頭では分かっていても、

不安や恐れから行動できなくなってしまう理由です。

 

 

次は何をしたいのかを必ず明確にすること

 

仕事を辞めたいのに辞められない・・・

これは実は他人や環境だけの問題だけではないのかもしれません。

先ほどにもお伝えしたように潜在意識的な問題もあるからです。

そうなると自分自身をまず見つめることが重要となります。

変化に対して心が負けない自分になることが大切なのです。

 

その変化に対して負けないためには目的を明確にすることです。

そしてそれは心からこうなりたいというポジティブな思いが大切です。

 

僕は何度も経験してきましたがネガティブな理由から転職しようとすると、

必ず潜在意識の変化を嫌う性質に負けて現状を変えられずにいました。

そしてまたいつもの不満でイライラする仕事に甘んじてしまってました。

会社がつまらない誰々がイライラするなどのネガティブな理由では、

どうしても前に進むエネルギーとはならないのです。

 

そのために自分は本当は何がしたいのか

本当はこういうことをしたいんだという目的を明確にすることです。

 

 

自分を大切にすることを何よりも優先

 

みんなが頑張っているからと引き止められることはありますが、

またみんなに迷惑が掛かると辞めることを躊躇することもありますが、

 

自分は本当は何がしたいのかを明確にすれば、

その気持ちの方が強くなって行動のエネルギーとなります

 

僕も2015年3月いっぱいで会社を辞めて独立しましたが、

それまでの3ヶ月間はもの凄く悩んで苦しみました。

だけど自分がどんな未来を送りたいのかを静かにイメージすると、

そこに浮かぶ映像にどうしても向かいたい味わいたい実現したいと、

そのことが頭から離れなくなって辞める決意ができました。

 

仕事を辞めることは少なからず迷惑の掛かることです。

そんなことを気にしていたらキリがないので覚悟を決めましょう。

そして本当はどうなりたいかの自分に素直になることです。

 

このように自分を大切にすることが何よりも優先です。

 

なぜなら人生は一度きりしかなく、

今と言う一瞬はもう二度とやってこないからです。

仕事を辞めたいのに辞められないのなら自分を見つめてみて下さい。

 

良い未来を描けることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ