精神を鍛える方法-仕事で凹まない強さを手に入れるには?

精神を鍛える方法-仕事で凹まない強さを手に入れるには?

 

慣れない書類作成、クレーム対応、同僚との人間関係、

または作業の集中力など、精神力を問われる場面がたくさんあります。

精神を鍛えるには、どんな方法があるのでしょうか。

 

僕は過去にアルバイトや正社員全てを含めて、

20代で20社以上の転職を繰り返してきました。

そのほとんどがお金を稼ぐためが目的で行ってました。

 

「仕事なんだから、稼ぐことが目的なのは当然!」

 

あなたもそう思っているかもしれません。

だけど、これだけ様々な仕事を経験した中で、

 

「これは楽しいなー!」

 

そんな風に仕事で充実感を味わえる瞬間とうのは、

ほんの一握りの経験ですけど僕にもありました。

それはお金が目的とは違うところにあるように思えるのです。

 

仕事とは生活のため家族を養うために稼ぐことが前提です。

 

しかし、

実際の仕事の時間というのはお金のことなんて忘れて仕事に集中しますね。

もし、その仕事の時間が楽しいものであるとしたら?

これは世の中のほとんどの人が実現困難に思っていることですが、

でも確かに一握りの人は、それを実現しているのです。

 

他人にできて、なぜ自分にできないと決められるのでしょうか。

今回は、精神を鍛える本当の方法について考えてみたいと思います。

 

(前回は、精神的にきついときの心の休ませて前向きになる心理学にて、

精神的にきついときは精神的に強い人と何が違うのかをお伝えしました。)

スポンサーリンク

 

精神を鍛えたいなら具体的にしないと強くならない

 

まず精神的に強いとはどんな状態でしょうか。

あなたにとって理想的な強さとは何なのでしょうか?

どうなりたいのかを明確にすることは非常に大切です。

たとえば、

 

  • ストレスを感じることも笑って受け流せる
  • 落ち込みそうなときでも自分を奮い立たせて前進できる
  • 自分の目的を真っ直ぐに見つめてブレずに進んでいる
  • 孤独感や劣等感で落ち込んでも受け入れて復活できる
  • 他人から注意されても気楽に構えていられる
  • こだわるべきプライドと手放すべきプライドを知っている
  • ネガティブな感情を上手く処理することができる
  • 研ぎ澄まされて集中力で様々なアイデアが浮かんでくる

 

人によって精神的に強いとは異なってくると思います。

あなたがどんな風に精神を鍛えたいのかを明確しなければいけないのです。

なぜなら、潜在意識はどこに向かっていいのか分からないからです。

 

実は良かろうが悪かろうが、人は思い描く方向へと進んでいるのです。

 

それが無意識に行われるので怖いという側面があるのです。

だからこそ、目的を明確にすることが大切だと言うことです。

 

筋トレにしてもなぜ身体を鍛えるのかと言うと、

逞しい身体になりたいという目的があるかではないでしょうか。

人は目的無き行動にはモチベーションを維持できません。

精神を鍛えるにも、どうなりたいかの目的が大切です。

 

 

自分に合う仕事なら自然と精神は鍛えられる

 

僕が経験した中で言えることは、

 

自分に合う仕事なら自然と精神は鍛えられるとうことです。

 

僕は1人作業で職人のように集中して行うことが好きでした。

過去に20社以上の仕事を経験すれば、中には自分に合う仕事と出会えます。

 

自分に合う仕事というのは、

非常に楽しくて仕事そのものに異常に集中できます。

 

楽しくて集中できると小さなことにも気付きやすく、

壁にぶち当たっても前向きに取り組み、アイデアもどんどん湧いてきます。

まさにどんな状況もポジティブに捉えることができるのです。

 

さらに面白いことに壁にぶち当たっている状況でさえ、

休憩中に缶コーヒーを飲んでひと息つきながら、

 

「さあて、今の状況をどう打開していくかな・・・」

 

このように今の状況を楽しんでいたりするのです。

そんな自分が心地よくて好きでたまりませんでした。

それはまさしく自然と精神も逞しくなっている状態と言えます。

 

要するに、

自分に合った仕事さえ見つかれば、自然と精神は鍛えられるということです。

 

ただ僕の場合は、その状況が続かなかったのです。

製造業だったので仕事がなくなって続けたくてもできなくなりました。

 

 

飛び込んでいかなければ強くなれない

 

コミュニケーションを上達したくて、

セミナーに行ったり本を読んだりする人も多いと思います。

ですが、ほとんどの人はそこで行動がストップしてしまいます。

何がいいたいのかと言うと、

 

コミュニケーションを状態したいと思うなら、

人という海に飛び込んでいかなければ鍛えられないということです。

 

セミナーや本やDVDを観ただけでは決して鍛えられない。

自分から飛び込んで動揺して痛みを感じて恥をかいて、

そんな経験をしながら人は成長していくしか上達の方法はありません。

 

自分に合う仕事なら自然と精神が鍛えられるにしても、

仕事に飛び込んでいくから精神が鍛えられるのです。

 

つまり、

どこかで覚悟を決めて向き合っていく必要があるということです。

 

 

精神を鍛えることも身体を鍛えることと同じ

 

さきほど説明したように、

仕事に耐えるだけの精神を鍛えたいと思うなら、

覚悟を決めて向き合うことが大切だとお伝えしました。

 

筋トレをするときに筋繊維を破壊していることと同じなのです。

筋トレによって筋繊維を破壊して、睡眠のときに修復されます。

この修復しているときに以前より太くなって強くなります。

 

精神を鍛えることも同じ理屈が通じます。

精神的に追い込むことによって脳が疲労していきます。

そして睡眠によって脳神経が太くなっていくのです。

 

もっと分かりやすく言うと、

同じ出来事でも辛さを感じなくなるということです。

うつ病になる場合は、このストレスが掛かり過ぎるからです。

 

適度な不可は鍛えられますが、過度の負荷は衰えるのです。

 

そのことを考えながら、ぜひ強い精神を手に入れて下さい。

仕事で凹まない強さが身に付くことを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ