精神的に弱い人の3つの特徴-どうしたら強くなれる?

精神的に弱い人の3つの特徴-どうしたら強くなれる?

 

あなたはメンタルの弱さを克服したくありませんか?

精神的に弱い人の特徴を知ることで、

自分の弱さが何なのかを知ることができます。

 

もし、自分の弱さに気づくことができれば、

自分の弱さを逆に強みに変えることができるのです。

 

つまり、精神的な弱さは、強みの可能性を秘めいているのです。

 

それに、いつも明るい人やポジディブな人が、

精神的に強いとは言いきれないところがあるのです。

なぜなら、本当の強さというものは、

 

自分の弱さを知っている人に宿るものだからです。

 

精神的に弱い人が、どうしたら強くなれるのか。

弱さの特徴を知ることからはじめましょう。

 

(前回は、精神的に強くなるための心を鍛えて逞しくなる4つの考え方にて、

多くの人は意外と自分に合っていない環境に生きるので弱いと感じるのですが、

精神的に強くなるためにピンポイントで必要な考え方について紹介しました。)

スポンサーリンク

 

1、マイナス思考

 

精神的に弱い人の特徴はマイナス思考になりやすいがあります。

マイナス思考になりだすと、何でも悪い方向へと結びつけるので、

行動する前から悪い結果になると思い込んで動きません。

なぜ、このような思考になるのかと言うと、

 

マイナス思考になることで自分を守っているからです。

 

予め、悪いことを想定しておいて、

いざ悪い事実が実現してしまったときの心の痛みを軽減させるためです。

この場合にはどうすれば良いかと言うと、

 

思っていることの方が実現しやすいことをまず知っておく必要があります。

 

人間として成長できない人の特徴が何か分かりますか?

実は何事も成長できない人にはよく使う言葉がります。

 

「いやぁ、私は○○なんで・・・」

「こんなのは常識ですよ!」

 

成長するには自分の考え方を改め、

成功している人の考え方や行動から学ぶ必要があります。

しかし、自分の殻に閉じこもって自分を守ろうとする人は、

それを拒絶したり自己防衛が働いて受け取ろることができないのです。

 

自分を守ろうとする時は大概がマイナス思考になっています。

なぜなら、疑いの気持ちが大半を占めてしまうからです。

相手を信じられない時って決してポジティブな気持ちではないですね?

そして、そんな思考がやがて相手に感化して実現したりするのです。

 

だけどマイナス思考そのものは悪いことばかりではありません。

たとえば最悪の事態を想定することは危機回避という強みになります。

その強みを生かすには、

 

軸となるポジティブな側面でも見ることができる視点を持つことです。

 

つまりもう一方の側面を意識することでバランスを保つのです。

このように複数の見方をできるようになると、

マイナス思考な人から冷静な人になることができるのです。

冷静な人とは実はマイナス思考の側面も持ち合わせているのです。

ただそのマイナス思考と上手く付き合っているだけなのです。

 

 

2、失敗を怖れる

 

精神的に弱い人の特徴に失敗を怖れることがあります。

これは、「痛み」にたいして敏感であるからです。

人は「快楽」よりも「痛み」を優先するようになっているので、

失敗という痛みを避けるように意識がまわりやすいのです。

 

なぜなら、痛みを優先することで生存率を高めることができるからです。

 

ただ、今の時代、リスクを覚悟して臨むことの方が結果を得やすいです。

怖れに打ち勝って行動した人の方が人生で成功を収めていることから、

できれば失敗に対して強くなっていきたいものではないでしょうか。

失敗への怖れとは精神的に弱い人の特徴ではありますが、

実は「痛み」に対して敏感なところは、

 

予めどのようなリスクがあるのかを予測できる強みになります。

 

失敗を怖れる理由は、

行動する前から失敗の光景が頭に浮かんでくるからです。

だけどそれは痛みを回避するという脳の機能なのです。

そして痛みに対して敏感な人も世の中にはたくさんいます。

 

なのでどうしてたら失敗に繋がるのかを見極めることができれば、

後はそのポイントを避けて行動することで失敗を避けられるのです。

そのためには心の痛みという感覚に慣れる必要があります。

そしてそのための方法はとてもシンプルで、

 

ただ身体の感覚を感じてみるだけです。

 

僕達は失敗を避けるための方法を頭で一生懸命考えますが、

それではますます失敗への怖れの気持ちが強くなってしまい、

自分に自信がない人の原因である「失敗への怖れ」の解決法にあるように、

傷付いた自分から目を背けて余計に痛みに敏感になってしまいます。

 

 

だけど人間とは慣れやすいので痛みに慣れると心に余裕ができます。

そこで今まで痛みに対して抱いていた自分の思い込みに気付けます。

そうなると痛みそのものへの考え方を変えることができ、

逆に自分の強みへと変えることができるのです。

 

3、他人と比べてしまう

 

自分を常に他人と比べて優劣を決めてしまう。

これもまた、精神的に弱い人の特徴です。

 

他人からの批判が怖くて仕事を変えられない人の処方箋にて、

転職したくても仕事を変えられない人の解決策をお伝えしてますが、

これも結局は他人と自分を比べてしまうからです。

ただこれも、

 

人は常に何かと比較することで、今の現実を理解している事実があります。

 

たとえば、魚を釣ったときにとなりにタバコを置いて写真を撮れば、

別の人がその写真を見たときに魚の大きさが分かりやすいですね。

 

このように脳も今の現実を的確に把握するために、

何かと比較する機能をベースとしているのです。

 

それが、人と比べて優劣をつけてしまう傾向が少し強いだけなのです。

 

ということは、物事を的確に把握する能力に長けているとも言えるのです。

 

問題は、そのときに感情に振り回されてしまうことではないでしょうか。

いかがでしょう?

そんなときに大切となる考え方は、

 

他人と比べることから、自分で自分を評価することへシフトすることです。

 

自分を評価するとは、自分の価値観を大切にすることです。

価値観とは、何を一番大切に思っているのかということです。

 

たとえば、楽しいことが一番大切なら、

楽しい気持ちを味わえることを基準に考えるということです。

 

 

精神的に弱い人は精神的に強い人になれる

 

ここまで読んでみて、

少しお気付きになられたことはありませんか?

 

それは、いずれの特徴にしても少しだけ偏っているということです。

 

つまり、誰の心の中にも精神的に弱いところがあるのですが、

それが状況によって、少し強めになっているだけのことなのです。

 

顔を洗う、風呂に入る、階段を上るなど、

日常生活を送る動作は当たりまえに行うことができますね?

そこにできるかどうかの不安など感じることはありません。

精神的に弱いとか強いとかは関係ないですよね。

 

あなたの中で当たりまえになれば簡単に思えます。

 

そのためには、

 

自分の弱みを強みに変えるための視点の切り替えです。

 

ぜひ、そのようなことも考えてみて下さい。

また弱さを知ったのなら強くなる方法を知りたくありませんか?

精神的に強い人の4つの特徴-効果的なメンタルの鍛え方にて、

メンタルを強くするための考え方についてお伝えしています。

両方を知ることで自分をより成長させていくことができます。

 

精神的に強くなれることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ