仕事に行きたくないと感じてしまう月曜日の3つの乗り切り方

仕事に行きたくないと感じてしまう月曜日の3つの乗り切り方

 

月曜日がくることを憂鬱に感じてませんか?

日曜の夕方くらいから、仕事に行きたくないと思う人は、

月曜日を向かえることがイヤでたまらないですね。

 

とくに長い休みの後などは、

会社に行く前日の前の日から考えはじめてしまいます。

 

そんな憂鬱な気分が待ち構えているとなると、

休日を思いっきり楽しむこともむずかしいかもしれません。

 

この月曜日のことを考えて、仕事に行きたくないと思う現象は、

「ブルーマンデー症候群」などとも言われており、

精神的な状態がもっとも悪い状態となる曜日でもあるのです。

それだけ、深刻な問題なのかもしれません。

 

どうすれば、

 

このイヤな気持ちを乗り切ることができるのでしょうか。

今回は、月曜日の乗り切り方を紹介しましす。

 

(前回は、辛くて仕事辞めたい…転職を考えるべき3つの条件にて、

仕事辞めたい人が考えるべき転職をスムーズにする条件をお伝えしました。)

スポンサーリンク

 

なぜ月曜日が憂鬱に感じやすいのか?

 

月曜日は、もっとも仕事に行きたくないと感じてしまいますね。

休みのあとだからこそ、より強く感じてしまうのかもしれません。

気持ちが深刻になってしまいます。

 

そして、

 

月曜日から、また長い一週間がはじまる・・・

この先のことも同時に想像してしまって憂鬱になってしまいますね。

 

つまり、

 

起こるとは決まっていない先のことを想像しているからです。

 

基本的に仕事そのものに良い感情がなくて、

毎週それを積み重ねていけば、月曜日が嫌になるのは当然ですね。

最初は無視できていたことも、小さな積み重ねがやがて大きくなります。

 

ということは、

 

月曜日に気持ちをプラスにさせるような行動が、

憂鬱な気持ちを乗り切るカギとなります。

 

 

1、週末のリズムを乱さない

 

週末となると、つい気持ちが緩んでしまいますね。

そうなると、月曜日から気を引き締め直すのに気が重くなってしまいます。

 

週末でついダラーッと過ごしてしまいたくなりそうですが、

他の仕事の曜日と同じようなリズムで過ごすことが大切です。

 

睡眠時間は平日と同じように調整し、

できるだけ、午前中から外出するようにしましょう。

 

休みだからと遅めに起きたり、1日中寝て過ごしてしまうと、

仕事と休みの差があまりにも大きくなって憂鬱になりやすくなります。

生活リズムをしっかりと整えることでプラスな気持ちで向かえられます。

 

 

2、気の合う友人に会いに行く

 

気の合う仲間とは、いつでもやる気にさせてくれますね。

また外出するための理由にもなります。

 

人は一人では行動力が半減しますが、

誰かが関わることによって、その行動力を上げることができます。

気の合う友人と会って、休日を思いっきり楽しむことができれば、

また月曜日から仕事に向かうエネルギーが蓄えられるでしょう。

 

休日に限らず、月曜日に友人に会うというのもおススメです。

事前に約束をしていれば、それだけで1日のやる気も違ってくるからです。

 

 

3、月曜日だからこそ楽しむことをする

 

月曜日の仕事が終わった後に、自分のお楽しみをつくります。

ワクワクするようなことであれば、なんでもいいです。

 

  • 映画館で映画を観に行く
  • 友人に会って食事をしながら語り合う
  • 好きなお菓子を買って家で映画を観ながら楽しむ
  • ちょっと遠くまでドライブに行っておいしい物を食べる

 

とにかくなんでも良いので、

あなたにとってワクワクするようなものを月曜日に入れてみましょう。

そうすると、後の楽しみによって月曜日を乗り切ることができます。

 

 

仕事に行きたくないと感じない対策を

 

いかがでしたでしょうか。

誰もが月曜日になると仕事に行きたくないと思います。

 

僕も月曜日を向かえる日が憂鬱で仕方がありませんでしたが、

少しでもその気持ちを乗り切るために、

上記の3つを意識して月曜日を苦しく感じないよう行ってました。

 

とくに、仕事の終わってからの楽しみをつくることは効果的です。

仕事に向かう前のリズムを崩さない方法も組み合わせることで、

かなりの効果が期待できると思います。

 

ぜひ、仕事に向き合うためにお役立てください。

良い毎日を送れることを祈っています。

スポンサーリンク


 

関連する記事です。

スポンサーリンク


 

サブコンテンツ

このページの先頭へ