精神的豊かさを求めて幸せになる3つの方法

精神的豊かさを求めて幸せになる3つの方法

 

幸せになるために必要なのはなんなのでしょうか?

あなたは精神的豊かさと物質的豊かさの、

どちらが幸せになれると思いますか?

 

答えは、

 

どちらもバランスが大切です。

 

一見、精神的豊かさの方が大事だと思えるかもしれません。

物質的豊かさを求めることは悪で、

精神的豊かさを求めることが美徳であるこのように感じます。

 

でも僕たちは、物質的な豊かさを求めてしまいます。

良い家、良い車、良い食事など物質で得られるものも大切です。

 

つまり、

 

どちらもバランスが大切なのです。

 

ただ、

 

心は目には見えません。

それだけに精神的豊かさを忘れがちになってしまうのです。

今回は、そんな精神的豊かさについて語っていきたいと思います。

 

(前回は、仕事が精神的に苦痛で会社を辞めたい人の4つのやるべきことにて、

仕事が精神的に苦痛で会社を辞めたいときの失敗しない戦略をお伝えしました。)

スポンサーリンク

 

1、幸せとはなんなのか?

 

幸せとは、なんなのでしょう。

これは目には見えませんね。

 

幸せとは感じるものです。

 

身体の感覚として感じるものなので見えません。

そして、幸せは手に入れることではなく、

 

今ここにあることに「気づく」ことが大切なのです。

 

物質的豊かさを求めようとすると、

必然的に今の自分に「足りない」ものを見ざるを得ません。

 

良い家、良い車、良い食事、

それらは今、自分にないからこそ欲しいと思うのではないでしょうか。

 

それも大切なのです。

大切なのですが、今ここに生きているという幸せに気づくことで、

より物質的豊かさへの喜びも豊かに感じられます。

 

今のあなたが満たされているものはなんでしょうか?

 

精神的豊かさをもっと感じてみませんか?

きっと、いろんな大切なことに気づけると思います。

 

 

2、好きなことを素直にやってみる

 

精神的豊かさの一番大切なことは、

 

あなたの好きなことを素直にやることです。

 

そのときのルールがあります。

好きなことをするときは、とことんのめり込むことです。

一切の手加減は必要ありません。

 

人生を変えてしまうくらい、勇気を持って臨むことです。

本当に自分の人生を良い方向へと変える力があります。

 

ですが、

 

それが単なる自分だけが満足するようでは力不足です。

好きなことを通して、他人が喜ぶことを考えて行動に移すこと。

これが、人生を切り開いていくカギとなるのです。

 

経済的な事情や仕事などの時間的事情で満足にできないかもしれません。

こんなに好きなことをしていいのだろうかと不安に感じるかもしれません。

 

ですが、

 

好きなことをするから、それが「才能」へと変化します。

 

そして何より、

 

人生を輝かせている人の特徴は、

生き生きするから好きなことをするのではなく、

 

好きなことをするから生き生きしているのだと知っておくことです。

 

 

3、一人の時間にしっかりと自分と向き合う

 

仲間と過ごしていれば、

楽しいことはより楽しく感じ、悲しいことを分け合えます。

 

仲間には、それだけの力があるのです。

 

しかし、

 

いつでも仲間と行動するというのも考えものです。

本当の自分を知るためには、一人にならなけば分からないからです。

同じ空間に誰かがいると、それだけで意識が分散します。

 

本当の自分に気づいて幸せになるために一人の時間をつくりましょう。

 

精神的豊かさとは、自分と向き合うことが必要です。

自分と向き合うとは、なにも苦しいことばかりではありません。

 

楽しいこと、悲しいことなどいろんな感動を味わうことです。

それには、ひとりの方がより噛みしめることができるのです。

 

たくさんの感動を噛みしめましょう。

 

しみじみと感じる中で、本当はなにがしたいのかに気づけるはずです。

 

答えは自分の中にあると言います。

 

それは、

 

自分の身体で感じる感覚を味わうことなのです。

 

 

人生にムダなんてひとつもない

 

「ああ、失敗した~」

「あんなこと、するんじゃなかった」

 

このような言葉をつい漏らしてしまうことがありますね。

それも条件反射のように習慣的染み付いてしまっています。

 

ですが、

 

これって本当なのでしょうか。

エジソンは、電球のフィラメントを開発するまでに1万回「失敗」したと言います。

ですが、本当は違うのです。

 

1万回「失敗」したのではなく、1万回「学んだ」のです。

 

あるのは、

 

成功か、学びのどちらかです。

 

うまくいかなかったら、

うまくいかなかったことを学んだのです。

そこから、成功するために方法を変えるということが大切ではありませんか。

 

人生に失敗はありません。

あるのは、学んだということだけです。

 

精神的豊かさを楽しめることを祈っています。

スポンサーリンク


 

関連する記事です。

スポンサーリンク


 

サブコンテンツ

このページの先頭へ