なぜ不幸な人生だと思ってしまうのか知りたくありませんか?

なぜ不幸な人生だと思ってしまうのか知りたくありませんか?

 

なぜ自分だけがこんなに不幸なのか・・・

なぜ他人はあんなに幸せそうなのか・・・

不幸ってなぜこんなにも続いてしまうのでしょう。

なぜ不幸な人生が訪れてくるのでしょう。

 

僕は人生が転げ落ちていきはじめたのは、

忘れもしない2008年9月に仕事を辞めた時でした。

 

そこから貯金ゼロ、仕事なし、借金300万・・・

実家に戻り、洗濯、トイレ、台所、風呂を使わせてもらえず、

生活費のためにクレジットカードでリボ払いをしてました。

 

翌月には何万円もの大金を支払わなければいけない・・・

周囲に支えてくれる人はいなくて完全に孤独・・・

実家は父親だけでその父親には疎ましがられ、

時折、罵声を浴びせられて精神的に辛い日々・・・

 

「なんで俺だけこんなに不幸にならんといけんのんじゃ!」

 

こんなにも辛く苦しい日々を抜け出すのに、

2015年4月に独立するまで6年7ヶ月掛かりました。

なぜ不幸な人生がこんなにも続いてしまうと感じるのでしょう。

なぜ僕はそこから抜け出して今は好きなことで独立できたのか?

今回は、僕なりの答えをあなたの人生のヒントになればと思います。

 

(前回は、精神的にタフになるには頑張る必要はないたった1つの理由にて、

屈強な強さではなく誰でもできる精神的に強くなる考えをお伝えしました。)

スポンサーリンク

 

世間一般の人生のハードルが高過ぎる

 

「普通の幸せが一番なんだよ」

「普通の幸せで十分じゃないか」

「普通の幸せが手に入らない・・・」

「普通の幸せだけでいいのに・・・」

 

よくこのように「普通の幸せ」なんて言いますね。

これは背伸びせず、無理に欲張らず、多くを求めずより、

ほどほどの生活の生活を求めて、当たり前のことに感謝しよう・・・

このような考え方をして普通に暮らすことなのだと思います。

 

普通に仕事して、普通に結婚して、普通に家庭を築いて、

普通に子供に恵まれて、普通に家を建てて、普通に、普通に・・・

確かに普通であることは安心で幸せなことかもしれません。

 

だけどちょっと待ってください。

これって手に入れている人が一体どのくらいいるでしょうか。

この普通のことを得られない人はどういうことになるのでしょうか。

僕が仕事を辞めて実家に戻った時に父親に言われました。

 

「他の家は仕事して家庭築いて当たり前のことをしとるのに、

お前だけは何でこんなに落ちぶれて人生を生きとるんじゃ!」

 

他人と比べられ、普通の基準を満たさないことに対し、

問題視してきて何度も罵声を浴びせられてきました。

特に今の時代は安定や収入がより厳しくなっている時代です。

 

世間一般の考える普通のハードルが高過ぎるのです。

 

なぜ不幸な人生だと感じてしまうのでしょう。

それは世間と比べると自分には何もないと感じるからかもしれません。

実は世間一般の普通のハードルが高いことにみんな気付いてなくて、

それが当たり前だと思い込んでいるのです。

 

 

不幸な人生は受け入れられないことにこだわってしまう

 

世間一般の普通のハードルも高過ぎるのですが、

もうひとつ見つめるべき大切なことがあります。

 

それは僕達自身がそれを普通のことだと思い込んでることです。

 

頭では分かっていても、

つい他人の幸せを見ると自分が不幸に感じてしまう・・・

たとえば今まで恋人がいなかった人が急に恋人ができると、

まるで自分が取り残されたように感じませんか?

まるで自分だけが不幸な人生だと感じないでしょうか。

 

みんな就職して当たり前に仕事しているのに、

みんな恋人がいて楽しい時間を過ごしているのに、

みんな結婚して幸せそうな家庭を築いているのに、

 

みんな、みんな、みんな・・・

 

そう、つまり・・・

僕達はみんなと同じであることにこだわってしまうのです。

自分だけが取り残されることが嫌なのです。

 

みんなと違うなんて受け入れられないものなのです。

 

だけど人それぞれ違うと言いますね。

人はみな違いがあって当たり前だと言いますね。

だけどやはりみんなと同じであることにこだわってしまうのです。

 

みんなと集まって食事をする時や、

新しい環境で新しい人達と出会った時、

誰か話せる人を見つけないといけないとか、

早く和の中に溶け込もうとしないでしょうか。

 

分かっていてもどうしてもそう感じてしまうものなのです。

自分だけ違うというのが受け入れられないものなのです。

だけどそれが僕達の心の中にある性格の一部分です。

なのでそれ自体が問題というわけではありません。

 

 

普通であることを諦めると不幸な人生でなくなる

 

なぜ不幸な人生だと思ってしまうのか・・・

それは世間一般のいわゆる普通の人生というのが、

ハードルが高過ぎるせいで不幸だと思い込んでしまうことです。

そして、そんな世間一般の思い込みに気付いていないから。

 

なのでここは思い切って諦めることが大切です。

 

今の自分が不幸だと感じるのは他人と比べるからです。

だけど人間は比較することで今の自分を認識しています。

これは脳の機能なので仕方のないことなのです。

だけど頑張って普通に追いつこうとするくらいなら、

 

諦めてもっと自分の楽になれることを受け入れてみませんか?

 

本当は収入が低くても楽な仕事がしたいとか、

無理して恋人を作ろうとせず一人を楽しむとか、

親や兄弟や上司の期待に無理して応えることを諦めて、

本当の自分のやりたいと思ってることに素直になってみる。

 

嫌な仕事を頑張って続ける必要もないし、

嫌いな上司に何を言われても我慢する必要もないし、

いくら親だと言っても自分の人生まで干渉される理由はないし、

30歳までに結婚して40歳まで子供を作る必要もないし、

恥ずかしくない恰好をして一生懸命人に好かれる必要もないし、

 

世間一般の普通の方がねじ曲がっているのです。

世間の当たり前が正しい生き方なんて誰が決めたのでしょうか。

自分の好きに生きる方が誰だって良いに決まってます。

世間一般の普通にこだわる必要なんてないと思いませんか?

 

 

現実は受け入れることから本当の人生ははじまる

 

強いて問題と言えば、

 

あなた自身が今の自分を否定していることです。

 

僕もずっと自己否定し続けて生きてきました。

そんな自分なんて真っすぐ見つめようとはしないんです。

ある心理学を学びはじめてからやっと気付きました。

 

今の自分を褒めることが意外なほどの力を与えてくれる。

 

僕達はつい他人に認められたいと思うものです。

見栄を張って他人から「すごい!」と言われることや、

人に親切にしているつもりでも認められたいという打算があったり、

他人に認めてもらうために心も身体も無理し続けてみたり、

 

だけど自分で自分を褒める習慣を身につけたら、

そんな回りくどくて非効率なことをしなくても良いのです。

 

どんな些細なことでも、どんな小さなことでも、

仕事を頑張ったら、1日を乗り切ったら、ちょっとでも行動したら、

 

「自分、よく頑張った」

 

ただそれだけで、

たった一言だけ心の中で声をかけるだけで、

それを1日たった1回でも習慣にするだけで、

 

自分だけが不幸な人生だと思うことから抜け出せます。

 

なぜなら僕達は普段から自分を無視して生きてるからです。

自分を見つめるなんて具体的にどうするかなんて分かりますか?

それだけ無意識のうちに自分を否定してしまっているのです。

そんな自分に気付いて意識的に変えることが大切なのです。

 

幸せな人生だと思えることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ