生きるのが辛い…今の仕事が限界なら諦めることも正義

生きるのが辛い…今の仕事が限界なら諦めることも正義

 

「はあ、もう生きるのが辛い・・・」

「なんでこんなに仕事で辛い思いをせんといけんのじゃ・・・」

「こんな日々を送らされて生きとる意味ねえじゃねえか!」

 

僕が製造業の会社に勤めていた頃、

毎日のようにこんなことばかり考えてました。

無味乾燥の何の味気もない日々どころから人間関係が苦しい・・・

こんなふざけた奴らとなんで自分が一緒に過ごさないといけないのか。

 

あなたも今、生きるのが辛いなら、

そんな仕事さっさと辞めてもっとやりがいのあることがしたいですよね。

だけど生活や借金、また転職への不安などで辞められない。

 

辛いけどどうしても今の環境を手放すことが怖いと思ってませんか?

 

僕もパワハラが強かった日は何度も面接に行ったりしてました。

けど面倒だとか不安だとかで辞めることができずに、

ずっと生きるのが辛い日々を繰り返していました。

では、こんな辛さをどう変えていけばいいのでしょうか。

 

(前回は、製造業への転職を考える未経験の人が知らない8つの事実にて、

製造業への転職で精神的に落ち込みやすい8つの事実をお伝えしました。)

スポンサーリンク

 

仕事は苦労するのが当たり前?

 

昔からずっと仕事は苦労することが当たり前だとか、

楽しくないものだとか言われ続けてきました。

それで何とか耐えていけるのならまだマシかもしれません。

だけどどんなに頑張っても頑張っても頑張っても・・・

 

どんどん生きるのが辛くなる一方で一向に良くならない!

 

一体、何のために働いているのか?

生きているだけで幸せなんて到底考えられるはずがない。

だって生きるのが辛いのに反対のことなんて考えられないのです。

そうやって自分に言い聞かせても心にフタをすることになるので、

根本的に解決することができず、辛い現実は積み重なっていきます。

 

2000年代に入ってからは、

ますます仕事は苦労して続けることの意味がなくなりました。

それはバブル景気の頃は、終身雇用などの保証があったからです。

ところが今はと言うと、組織の中で生き続けることさえ難しいのです。

 

それに加えて離職率というものが年々増加傾向にあります。

それは言い換えるともっと自分の生き方を見つめる人が増えた証拠です。

生きるのが辛い…それは今の時代において我慢することではなく、

その辛さをサインに自分の生き方を見直すべきだと言えるのです。

 

 

辛抱すればボーナスが貰える?

 

「辛抱すればボーナスも貰えるじゃろう?」

 

これは僕が父親に言われた言葉です。

あんなに辛い思いをして貰えるボーナスなんて、

はっきり言って雀の涙ほどもないくらいちっぽけなものです。

あれだけ辛い思いをして、それで得られる対価が給料なのです。

 

あなたも生きるのが辛いと思うほどの仕事をしていて、

そんな風に思ったことはないでしょうか。

つまりは苦労した分だけ損をしているようなものなのです。

 

今の仕事が限界なら諦めることも正義です。

 

それは誰のためでもなく自分のためです。

そして自分が幸せになれていないのに他人を幸せにはできません。

今が辛い日々を送っていて他人の幸せを見ると腹が立ってきませんか?

 

「なんで俺だけが苦労しなければいけないんだ!」

 

誰もがこのように思ってしまうものなのです。

ならば我慢するのではなく諦めることが大切ではないでしょうか。

 

 

人生さえ諦めなければ弱者なんかじゃない

 

生きてさえいれば道は必ずあります。

なぜなら何だかんだで皆、自分の道を見つけているからです。

 

僕も2008年12月頃は絶望を味わいました。

借金が約350万近くあって仕事も失って実家に戻りました。

実家には父親しかいないのですが、

 

「何しに戻ってきたんならぁ!」

 

このように言われて、

風呂、トイレ、台所、洗濯、食事を全て外出先でやってました。

当然、食費がかさむのでお財布ケータイをクレジットカードで購入し、

リボ払いで何とかしのぎながら日銭を稼ぐ日々を送ってました。

 

そんな僕でも5年後は好きなことで独立しています。

あなたが生きるのが辛いと今を苦しんでいるとしても、

それはいつまでも続くものではなくいつか道は開かれると思います。

そのためには少しずつ考え方を変えることが大切です。

 

 

幸せになるために今の仕事を諦めてみませんか?

 

今の仕事が限界なら諦めることも正義

それは自分が自分らしく生きるための考え方です。

 

多くの人は現状を無理矢理納得させて生きていると思います。

それはそうすることで自分が安心することができるからです。

しかし自分とは違う生き方をしている人を見ると、

すぐさま否定してしまうのが特徴的です。

 

本当は羨ましいという気持ちがあるのです。

しかし自分の現実を見ると実現できそうにないと思っている。

 

だから自分に無理矢理納得させて、

違う生き方を否定したり見ぬフリをしてしまうのです。

それでは心から幸せになるなんて不可能なのです。

 

幸せになるために今の仕事を諦めてみませんか?

 

それは自分の人生を生きるための勇気を持つことです。

他の誰のためでもない自分を幸せにする正義です。

他人を思いやるならまず自分から思いやってあげることです。

自分が幸せになれなければ他人を祝福なんてできません。

 

生きるのが辛いと思うほど今の仕事が限界なら、

それは自分の生き方を見つめ直すサインだと知りましょう。

 

自分の人生を楽しめることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ