仕事の人間関係で疲れたときの気持ちを割り切る3つの方法

仕事の人間関係で疲れたときの気持ちを割り切る3つの方法

 

仕事人間関係でうんざり・・・

そんな人間関係い疲れたり、イライラして悩んでませんか?

こんなとき、どうやって気持ちを割り切ればいいのでしょう。

 

よく仕事は学生気分では務まらないと言います。

 

それもそのはずで、

学びに行くところではなく、稼ぎに行くところだからです。

別の言い方をすると社会に貢献をするためと言えます。

 

なぜなら、

 

会社が存続する理由は、世の中の役に立っているからです。

 

その会社で働いている僕たちは、

必然的に社会貢献をしていると言えるのです。

そうなると、当然ある程度の割り切った関係も必要になります。

 

会社は社会貢献だけど、個人は稼ぐことが目的。

 

稼ぐことが目的となると、本来の価値観と多少なりともズレが生じます。

価値観の合わない人とも付き合わないといけない理由はそこにあります。

今回は、仕事の人間関係で疲れたときの割り切る方法を紹介します。

 

(前回は、仕事でミスを連発!まさかのありえない状況の4つの対策にて、

仕事でミスを連発する見えざる問題についての対策を紹介しました。)

スポンサーリンク

 

1、仕事の人間関係は適度な距離感を保つこと

 

仕事では、友達を作ろうなんて思う必要もないのかもしれません。

ではどのように接することが妥当なのでしょう。

 

それは、

 

仕事の同僚として接することです。

 

同僚として接することで適度な距離感を保てます。

友達だと学生のときのような馴れ合いの関係になりますが、

同僚だとあくまでも仕事上の付き合いがメインとなります。

 

もし友達のような馴れ合いの関係で仕事をしているとどうなるでしょう?

たとえばプライベートでの友人付き合いならケンカしたときは、

ある程度物理的に距離を保つことで冷却期間をおくことができますが、

仕事ではプライベートのように時間を自由に使える訳ではありません。

 

そこで、

 

個人の感情をむき出して言い合いになれば、

仕事がやり難くなるだけでなく業績に響いてしまいます。

仕事では友達を作ることはあまり意識する必要はないのかもしれません。

 

 

2、仕事へ打ち込むことで割り切る

 

仕事ができる人に共通することは、

 

とにかく努力を積み重ねているということです。

 

ビジネス、スポーツ、芸術などあらゆる世界の偉大な人々は、

ほぼ例外なく努力を淡々と積み重ねてきている人達です。

しかもその努力は、僕たちの想像を遥かに超えるほどにです。

そのような人達が人間関係に悩まされていたでしょうか。

仕事は仕事として割り切って努力を淡々と積み重ねてきたはずです。

 

努力をする時間の確保のために、人間関係も割り切っているはずです。

 

ではなぜ、そこまで仕事へ打ち込むことができるのでしょう?

それは今の努力が目的とする未来へ繋がっていると感じているからです。

 

今行動していることが理想とする未来や夢と繋がっていると分かれば、

あなたなら友達の馴れ合いなって放っておいて行動したいと思いませんか?

仕事を通して物事に打ち込む姿勢を作ってみてはいかがでしょうか。

 

 

3、自分から関わらないと覚悟を決める

 

仕事の人間関係で疲れる場合は、

大抵の場合、価値観が合わないことが原因ではないでしょうか。

なのにも関わらず、自分に無理して関わってませんか?

 

このようなときは、

 

仕事上のやりとり以外は関わらないと覚悟を決めましょう

 

これは項目1とほぼ同じ内容となってしまいますが、

この項目で最もお伝えしたいことは、

 

覚悟を決めること、決めて断つことの決断の心構えです。

 

覚悟を決めて掛からない仕事には身が入らないものです。

覚悟を決めるということの本質は、向かって行くことではありません。

 

今自分が抱えているものの中で、不要なものを手放すということです。

 

合わない人間関係でムリして関わっている理由は、

社内で自分が疎外されたり、周囲の標的にされる恐れではないでしょうか。

いきなりパッと行動に示してしまっては相手も同様するでしょうが、

少しずつ今の人間関係に変化を付けていくことで自然と断つこともできます。

 

 

馴れ合いより未来の夢のための努力

 

友達関係のような馴れ合いは、

仕事ではあきらめて割り切ることが大切です。

たとえ今の仕事に不満で身が入らないとするならば、

いずればもっと良い環境に身を置くための努力も大切です。

 

今の環境に不満を感じて嫌と思うなら、

今までとは違う行動をすることで結果を変えていくことが重要です。

 

その行動に対して努力を淡々と積み重ねていくのです。

そうして僕は、仕事の人間関係で疲れ切ったサラリーマンを卒業して、

今はフリーランスとして好きな仕事で生きています。

やはり、行動を変えていくしかないのです。

 

そして、

 

自分が動かなければ、結局何も変わらないことを知るべきです。

 

僕たちは、嫌だと思いながらも仕事にエネルギーを注いできました。

本来、好きなことをして生きるだけのエネルギーが誰にでもあります。

つまり幸せになる権利は誰にだってあるということです。

 

後はその権利を行使するために行動するだけ

 

仕事の人間関係から楽になれることを祈っています。

スポンサーリンク


 

関連するお勧めの記事です。

スポンサーリンク


 

サブコンテンツ

このページの先頭へ