仕事のストレスによる甘いものへの依存を断ち切るには?

仕事 ストレス 甘いもの

 

分かっているのに止められない・・・

甘いものって癖になってしまいますよね。

特に仕事でストレスに晒されているいると、

 

甘いものへの依存が止められなくなる・・・

 

僕も以前に電子部品関係の製造業で働いてた頃、

合わない業務や人間関係で毎日がストレス過多となり、

仕事帰りにコンビニに立ち寄ることが癖になりました。

そして甘いものへ依存してしまったのです。

 

止められない甘いものへの依存を断ち切るには、

仕事のストレスそのものへの解決が大切です。

なぜなら、一時凌ぎではリバウンドするからです。

 

今回の内容を読むことで、

甘いものを食べることで悪循環に陥るメカニズムと、

根本的解決のために見つめるべき問題をお伝えします。

 

前回は、苦しい辛いと感じることには人生のヒントがあり、

そこで希望を見出して心を軽くする処方箋をお伝えしました。

仕事に行けない…鬱になるほど辛い時に心を軽くする処方箋

スポンサーリンク

甘いものを食べると悪循環へと陥る

 

甘いものを食べ過ぎてしまう原因は、

非常にシンプルで糖分が不足してるからです。

食べ物は体内で分解されてブドウ糖に変わります。

そして脳に届くまで約2時間は掛かります。

 

けど甘いものは非常に分解が早いです。

なので疲れた脳は甘いものが欲しくなるのです。

特に仕事で常にストレスに晒されるような状況だと、

ストレスホルモンと呼ばれるコルチゾールが分泌されます。

このコルチゾールは脂肪を溜め込む性質を持っており、

 

  • 甘いもの × コルチゾールの分泌 = 肥満

 

このように精神的に苦しいだけじゃなく、

あなたの体型すらも酷い状態へとされてしまいます。

 

他には幸せホルモンと呼ばれるセロトニンが減少します。

セロトニンは精神を安定させる役割を担っています。

減少することで精神状態が不安定になってしまい、

甘いものに限らず、過食の原因にもなるのです。

 

更にインスリンの過剰分泌によって食欲が増進したり、

食欲抑制のレプチンの減少でも食欲が増進してしまいます。

このようなストレスから甘いものへ依存してしてしまうと、

心の中で罪悪感を抱きながらも止められなくなってしまい、

そんな自分が嫌になって自己嫌悪へと陥ってしまいます。

これがストレスによって悪循環になるメカニズムです。

 

 

一時凌ぎがしたいのか、根本的な解決がしたいのか

 

けどここで身体に良い食べ物を食べましょう!

と言われて簡単に解決できれば苦労はしません。

体内のホルモンバランスを改善することで、

以前のように仕事に打ち込めるならいいですが、

 

仕事で精神的に辛い思いをし続ける人!

 

このような人はそれでは一時凌ぎにしかなりません。

食べ物や生活習慣で仕事のストレスが改善できるのは、

仕事のそのものへの意欲がある人に限った話です。

 

  • 日毎にジリ貧で追い込まれている感じる
  • 何かが失われているような感じる
  • 入社した時と今の状態が明らかに悪くってる
  • 気が付いたら社内でずっと暗い表情になっている
  • プライベートに何らかの悪い影響が及んでいる

 

いかがでしょうか。

あなたにもこうした状況が当てはまっていませんか?

一時凌ぎではなく、根本的に解決する必要があるのです。

いくら甘いものを食べ過ぎることへの対処をしたところで、

根本的な問題が解決できなければ焼け石に水です。

結局、元の状態どころか悪化していく一方なのです。

 

確かに毎朝、会社に行くのが~にて書いた記事では、

仕事を辞めることだけが解決ではないとお伝えしてますが、

それでも対処療法的な方法では根本的解決はできません。

それでOKなのは仕事への意欲を失ってない人だけです。

 

 

そもそも合わない場所にいることが原因

 

心がモヤモヤしながら、

自分に合わない職場や人と我慢して関わって、

それでも世間の目や生活のために働いている。

こういう人って世の中にたくさんいます。

そんな僕も30代中盤までそうでした。

 

けど生きるってどういうことなのでしょう。

そんな合わない場所で我慢し続けることでしょうか。

どこにいても嫌な人はいるから我慢だとか、

みんな仕事を我慢してから自分も我慢すべきとか、

そういうのって本来の生き方として相応しいのでしょうか。

 

絶対にそんなことはありませんよね。

これって自分をいじめていることになるんです。

合わない場所に居続けることがそうなんです。

だからそんな仕事でストレスが溜まるのは当たり前。

それに日本は我慢が美徳のような文化だったりします。

 

けど僕は我慢を止めて会社から逃げました。

 

まだ結婚や家庭なんかと比べれば、

仕事なんて逃げることに難しくないはずです。

それでも大変なところもあるかもしれませんが、

だけどそのまま我慢を続ける人生を歩むことと、

思い切って辞めて新しい場所を求める人生と、

 

どっちがあなたが幸せになれるかってことです。

 

僕は自由になりたかったので辞めました。

別にいきなり会社を辞めろなんて言いません。

だけど辞めるための段取りをすることはできます。

副業なり、資格取得なり、転職探しなり・・・

 

合うか合わないかなんて人それぞれです。

たまたま自分にとってその場所が合わなかっただけ。

たったそれだけのことなのです。

 

 

甘いものより我慢することを絶ちませんか?

本日のまとめ:

  • 甘いものを食べると悪循環へと陥る
  • 一時凌ぎがしたいのか、根本的な解決がしたいのか
  • そもそも合わない場所にいることが原因

 

僕が勤めていた製造業の会社では、

班長からパワハラを受け、社内では孤立してました。

仕事の人間関係ってホントにストレスになります。

 

なので何度も転職しようと面接に行きました。

けどいざ転職が可能な状況になってくると、

臆してしまって結局辞めることができませんでした。

 

今、働いてる仕事を手放すことへの恐怖や、

次の仕事でやっていくことへの不安があったからです。

けど今を手放さなければ自分を変えることができない。

 

そこで転職ができなかった僕は副業をはじめました。

副業から収入を得るようになって仕事も辞めました。

それでも辞めることには散々迷いました。

甘いものへの依存を何とかしたいのも分かります。

 

けど嫌いな仕事を我慢することを絶ちませんか?

 

ということが言いたいのです。

そうでないと仕事のストレスは溜まり続ける一方。

根本的に解決することがあなたの幸せに繋がるのです。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ