仕事がうまくいかなくて辞めたいあなたへ贈る5つの処方箋

仕事がうまくいかなくて辞めたいあなたへ贈る5つの処方箋

 

仕事がうまくいかないときは辞めたくなってしまいますね。

人によっては人間関係がギスギスしたり、仕事にプレッシャーを感じたり、

ひとつのキッカケでどんどん悪循環にハマってしまうことも少なくありません。

 

このような状態になってしまったら、

仕事へのやる気を取り戻すことは難しくて辛くってしまいますよね。

ホントにこれから先、どうしようか悩んでも当然のことだと思います。

 

僕が昔、製造業の社員として勤めていた会社では、

本当は嫌だけど自分に無理して仕事ができる自分を演じてました。

合わない仕事と人間関係に無理して合わせ過ぎていたのです。

ですが、こうした無理はいつまでも続くことはありませんでした。

 

次第に苦しくなって仕事がうまくいかなくなってしまったのです。

結果、会社を急に休んでそれ以降その部署では働かなくなりました。

だけど自分なんていなくても会社は普段通りやっていけるんですね。

何だか拍子抜けしてこれまでの自分がバカのように思えてきました。

ホント、誰も認めてくれないし自分だけが擦り減っていくだけです。

 

そのことに気づいた僕は、

次に部署に移ってからは自分にできないことは、

 

「その仕事は、できません!」

 

とハッキリと自己主張するようになりました。

あなたが仕事がうまくいかなくて辞めたいと感じているとき、

それは本当の自分から大分、遊離しているからなのかもしれません。

今回は、そんな仕事でうまくいかないときの処方箋を紹介します。

 

(前回は、仕事にやりがいを感じない人の4つの特徴と対処法にて、

仕事にやりがいを感じられなくなってしまうのはある4つの特徴があり、

多くの人があまり認識していないやりがいのあることをお伝えしました。)

スポンサーリンク

 

1、辞めたいときは思い切って手を抜いてしまおう

 

自分に我慢させ続けると、

どこか途中で糸がプツッと切れたようにやる気がなくなります。

 

仕事では我慢すればするだけ、

会社にとっては都合の良い人間になるだけかもしれません。

結局は、自分の精神が擦り減ってしまうだけで、

 

「あの人、大変だね~」

 

こんな程度に思われるだけなのかもしれません。

ときには頑張っていることを思い切ってやめてみる

仕事でうまくいかないときほど手を抜いた方が、

かえって仕事がうまくいくことも多いものです。

流れに逆らうことは、そこだけにエネルギーを消費するからです。

 

 

2、仕事に対する自分の期待をあきらめる

 

あなたは完璧を求めてませんか?

また自分だけでなく周囲の人からの期待に応えるために、

完璧な自分を無理して演じることもあるかもしれません。

 

僕自身、仕事ができる自分に優越感を抱いていました。

ですがそれは合わない仕事を無理して頑張っていただけなので、

結果的には仕事を続けられなくなってしまったのです。

実は世の中の組織構成は以下のような構図に分かれています。

 

  • 2割の優秀な人
  • 6割の普通の人
  • 2割の落ちこぼれ

 

組織の中では自然とこのような図式になるようです。

それはアリの世界ですら同じような現象になるそうなのです。

そこで自分に無理してまで2割の優秀な人になるよりかは、

6割の普通の人でやる方が仕事も長続きしますしプレッシャーもありません。

実際のところ完璧をあきらめても、そんなに会社に影響はしないのです。

 

 

3、仕事が終わった後の楽しみをつくる

 

仕事が終わったあとに、

ちょっとした楽しみを自分に用意してあげることで、

そこに意識が集中するようになってやる気に変化が出ます。

 

  • 甘い物を食べる
  • 温泉に浸かりに行く
  • 映画を観る
  • ジムに通う

 

ワクワクと感じられるようなものであれば、

どんな些細なことであっても構いません。

大切なのは、楽しみを持つことでプラスの感情を味わえること。

 

できるだけ1日の中でこの仕組みをつくっておくことで、

仕事がうまくいかないときでも乗り切ることができたりします。

僕も辛い仕事がら、この方法をよく使っていました。

 

それに月曜日って特に仕事が嫌に感じてきませんか?

仕事に行きたくないと感じてしまう月曜日の3つの乗り切り方ですが、

ここにも書きましたが仕事が嫌で嫌で仕方がないという人には、

自分のできるところで上手く対策を施すことが大切です。

 

 

4、知らない世界を初体験してみる

 

自分の知らない世界を初体験するのです。

知らない世界に飛び込むことはドキドキしますが、

同時に何があるのか分からない楽しみだってあります。

 

たとえば車でドライブするときに、

知らない場所に行ってみるのもワクワクしてきます。

僕はドライブが好きなので知らないところをよく走ってます。

次第にこんな自由が味わえることに「幸福感」すら感じてくるのです。

知らない世界を初体験することには、

 

幸せを感じられる喜びがあるのかもしれません。

 

見栄を張るためにお金を使って、

後々になってクレジットカードのローンに苦しむより、

ワクワクするような好奇心にお金を使ってみてはいかがでしょうか。

 

 

5、苦手な人とは抵抗せず避ける

 

苦手な人とは価値観が合わないので、

ついカッとなって言い返したくなりませんか?

そして後になってドッと疲れが溜まってしまいます。

まさしくストレスの元凶ですよね。

 

合わない人とは関わることをやめるのが一番です。

ただ、仕事となるとそうはいかない場合もありますね。

そんなときはグッと気持ちを抑えることも難しいかもしれません。

 

ですが極力関わらないことが大切です。

自分の心身の健康のため、できる限り避けていきましょう。

自分から関わりにいくことはもっての外です。

 

業務に支障が出るとか、周囲の顔色を伺ってても仕方がありません。

自分にムリしている時点でどこかで亀裂が走ります。

 

 

開き直って自分の道を探す

 

どうしても仕事でうまくいかないときは、

誰だって仕事を辞めたいと思うのは当然のことだと思います。

そして、世の中の多くの人が現状に不満を感じて生きています。

 

むしろ好きなことをして生きている人の方が少ないですよね。

そのような人は数える程度で出会うことすら難しいのかもしれません。

少しでもあなたの今の現状から変えていくためにも、

 

自分のペースで生きることに勇気を持って選択する。

 

他人や周囲の環境に合わせ過ぎていないか、

仕事でうまくいかないときは自分を無視し過ぎるのかもしれません。

そして人生は少し開き直るくらいが丁度いいのかもしれません。

 

また今の仕事を続けるべき辞めるべきか悩んでるときは、

仕事の辞めどきの見極め方と踏みとどまるべき1つの基準にて、

何を最も基準にすべきか、辞めて後悔する理由は何なのか、

今の仕事を続けながら現状を変えていく方法など紹介しています。

こちらの記事も読んで頂くと今までの意識が変わるかもしれません。

 

ときに真剣にときに楽に生きれることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ