今の職場でいいのか…そう思い始めた時に知っておきたいこと

今の職場でいいのか

 

このままこの会社にいても何も得られない・・・

こんな職場では未来を描くことができない・・・

たった一度の人生このままでいいんだろうか・・・

あなたは今の職場でいいのか迷いが生じていませんか?

 

というよりは、もっとやりがいを求めてるのではないでしょうか。

 

そして今の職場で働き続けることは、

どうなってしまうかも何となく予想もついていて、

このままだと未来は今の延長線を辿ることになってしまう。

それでは何のために生きてるのかさえ分からなくなりますね。

 

人は30歳前後で人生に迷いを感じはじめると言われています。

入社したての頃は一生懸命だったのが次第に余裕が出るからです。

 

それは正社員に限らず非正規社員でも同じことが言えます。

また仕事で精神的ストレスを感じる環境でも同じことが言えます。

僕達は今よりももっと豊かで幸せな人生を送りたいと願うものです。

そんな時にこそ知っておいておきたいことをお伝えします。

 

(前回の今の生活を抜け出したい!嫌な仕事を変えるための小さな力では、

嫌な仕事を我慢して続けるよりも人生ではもっと大切なことがありますが、

現状を変えるための基本的で最も重要なことについてお伝えしました。)

スポンサーリンク

 

変わろうとする自分VS今までの古い価値観

 

あなたが今の職場でいいのか・・・

と迷いを感じ始めてそれを変えようと動き出した時、

ほぼ必ずと言っていいほど古い価値観に振り回されます。

 

というのも自分が変わって新しい自分になることは、

今までの環境では息苦しさを感じるようになるからです。

 

それは具体的に言うと人間関係のことです。

仕事に限らず恋人や家族や友人などあらゆる人間関係です。

たとえば今までは感情を押し殺して我慢して仕事をしていたのが、

自分が変わることで今の職場に息苦しさを感じたりです。

 

また特に邪魔になる人のことを「ドリームキラー」と言いますが、

身近な人ほどドリームキラーとなる傾向があるのです。

ですが本人はあなたのことを心配して本気で思ってくれる人も、

ドリームキラーとなって今までのあなたに戻そうとします。

 

たとえば夢を叶えるために仕事を辞めようとすると、

上司から甘いだのなんだの言われて引き止めようとしてきたり、

起業なんて危険だから止めておけと友人が止めてきたりします。

 

他には最近では「嫁ブロック」なんて言葉がありますが、

旦那が脱サラして起業に挑戦することに不安を感じてしまうので、

サラリーマンの安定した生活を望んでそうなってしまいます。

 

なのであなたが今の職場でいいのかと思い、

そしてそんな現状を変えるべく動き出そうとすると、

こうした今までの古い価値観に振り回されることになります。

ですが事前にそういうことがあるんだと知っておくことで、

何も知らないよりも状況を冷静に見つめることができるのです。

 

 

自分の中のもう一人の存在が邪魔をする

 

また自分が変わろうとするのを邪魔するのは、

古い価値観である今までの人間関係だけではありません。

あなたの中にあるもう一人の自分も邪魔してきます。

 

それは言い換えると潜在意識のことです。

潜在意識は生命を維持するために現状維持メカニズムがあります。

それは最も安全なのは今の状態をキープすることだからです。

 

これがどのように関係してくるのかと言うと、

あなたが変わろうと何らかの行動をするとします。

その行動は今までの自分から脱却して新しい自分になるので、

潜在意識はそれを危険だと判断してストップを掛けてくるのです。

 

そしてその方法とは僕たちがよく経験することで、

三日坊主とかモチベーションが下がるとか面倒臭くなるとか、

感情に訴えて邪魔をしようとしてくるのです。

 

むしろこちらの方が厄介と言えるでしょう。

なぜなら、ほとんどの人が成功できない原因に、

 

継続できなくて途中で挫折するというのがあるからです。

 

それはもう一人の自分である潜在意識が原因です。

ですが潜在意識はあなたの人間関係と同様に、

基本的にあなたのことを守ろうとしてやっているのです。

 

ということは上手く付き合っていくことがカギとなります。

そして上手く付き合うにはまず知ることが何よりも大切です。

何の病気か分からなければ医者だって治しようがないのと同じで、

知らないから迷い、動揺し、振り回されてしまうのです。

 

 

自分らしい生き方を手に入れるには?

 

今の職場でいいのかと悩み始めたということは、

紛れもなく今の職場では自分らしくないからですよね。

そして何となく自分に合っていない職場だなぁと思いつつも、

 

「もっと年相応の対応をしなければ!」

「もうベテランなんだからこれくらいできないと!」

「これくらいの仕事、ちゃんとこなさないと!」

 

と自分を激励して我慢して頑張ろうとしてしまう。

けど、何か上手くいかないような釈然としない日々・・・

 

では、そもそもその場所って感動できますか?

 

てことなのです。

味気ない無味乾燥な仕事ではそもそも合っていないのです。

誰だって感動もしない場所では力なんて発揮できません。

 

だからと言って今すぐ仕事を辞めろなんて訳ではありませんが、

だけど今の職場でいいのかと思い始めた時点で答えは出ており、

自分の本当の居場所を考え直す時期でもあるということなのです。

 

自分らしいって何だろうと考えた時、

それは生き生きしているとか心から楽しんでいるとか、

いずれにしても感情を表現した言葉が多いです。

 

自分の最も感情の揺れ動く場所。

 

それが自分らしい生き方に繋がっているのです。

たとえネガティブな感情でも捉え方を変えてエネルギーにできますし、

場所が違うだけで同じ感動でも得られる豊かさはまるで違います。

 

合っていない職場で働いてたら責任転嫁してしまいますね。

けど自分の趣味で集まった仲間なら助け合ったりしませんか?

理屈や見栄など一切関係なく感情が大切なのです。

 

 

本当はどう生きたいのか

 

  • 今までの人間関係が邪魔をしてくる
  • 本当に厄介なのはもう一人の自分
  • 自分らしいとは生き方とは感情が大切

 

今の職場でいいのかと迷っているのなら、

今の職場で仕事をすることは楽しくないかもしれません。

もし、楽しければそこで成長することだってできるでしょう。

 

しかしそうでないなら自分は本当はどう生きたいのか?

 

そこのところをもっと掘り下げていくことも大切です。

なぜなら、今の職場では将来を考えられないからです。

ずっと働き続けるのはしたくないと思ってませんか?

 

僕が大切だなって感じる言葉に、

決めれば道は開かれるというものがあります。

 

覚悟を決めてやろうとすると、

それに見合った情報や出会いが訪れたりするんですね。

合わない仕事をやっててもその場所では訪れてはくれません。

一度きりの人生ならもっと自分らしく生きたいですね。

 

人生をもっと楽しめることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ