仕事は3年は続けるべきという考えが身を滅ぼす本当の理由

仕事は3年は続けるべきという考えが身を滅ぼす本当の理由

 

辛くても仕事は3年は続けるべきだ!

これは昔から今の時代までずっと言われてることです。

だけど、この言葉をそのまま鵜呑みにしていないでしょうか。

もっと自分に沿った判断基準で考えないと身を滅ぼします。

 

なぜなら仕事には3年も耐え切れないことがあるからです。

 

新人社員に対して3年は続けるべきと言われるのは、

社会経験を積むという視点において重要なのかもしれません。

それに辞め癖がついてしまうのも今後のためにもなりません。

ですが僕がこのブログでお伝えしたい対象とは、

 

精神的に辛いのにそれでもその会社で頑張ろうと努力してる人!

 

こうした人達は通常の人よりも並外れたエネルギーを持ってます。

なぜなら、辛い環境に何年も耐え続けて仕事をしているからです。

しかし、そのエネルギーの方向性をほんの少し変えてみるだけで、

本当はもっと人間らしく素晴らしい人生を歩めるはずなのです。

そのために大切となる考え方をお伝えしたいと思います。

 

(前回の人間関係が苦手なのに頑張って克服するより大切なことでは、

職場の人間関係は一度こじれると修復しようと努力しても悪化しやすく、

それよりも同じ努力でも簡単に報われる考え方についてお伝えしました。)

スポンサーリンク

 

仕事を3年も続けるべきでない2つの理由

 

辛くても仕事を頑張って3年は続ける・・・

一体、その先には何が得られるというのでしょうか。

多くの人はその問い掛けに納得できる答えを見つけられません。

人生で答えを見つけていれば既にそれに向かって走ってるからです。

仕事を3年も続けるべきでない理由は以下の2つです。

 

  1. 肉体的精神的に擦り減らしながら耐えるべきではない
  2. 従業員として雇われて生きることだけが人生ではない

 

まず冒頭でもお伝えしたように自分を擦り減らしながら、

それでも頑張って何とかしようと努力している人です。

パワハラやセクハラやモラハラを受けようと人間関係を良くしようと、

頑張っても報われずに疲弊して精神的にトラウマを抱えたりします。

 

もうひとつは僕自身、独立して生き方を変えて分かりましたが、

従業員といして雇われることだけが人生ではないということです。

よく独立を目指して従業員として社会経験を積むなんて聞きますが、

自営業として利益を出していくのに従業員の知識は必要ありません。

なぜなら生きる世界がまるで違うので別の知識が必要になるからです。

 

つまり肉体的精神的に辛いとか生き方を根本的に変えたい人は、

世間一般の仕事は3年は続けるべきということは当てはまらないのです。

どこかのタイミングで思い切って出ていくことが大切になってきます。

いつまでもそこにいても望んでいる未来が手に入らないからです。

 

 

世の中の常識とあなたの本質は必ずしも一致しない

 

  • あなたは本当はどんな生き方がしたいのでしょうか。
  • もし、何も制限がないとしたら何を実現したいと思いますか?

 

僕達は本当はどうなりたいという夢や希望がありますが、

それは現実的に不可能だと思ってしまって心の奥に封じ込めます。

そして現実可能なことを一生懸命に考えて答えを探します。

 

たとえばプロ野球選手になりたいという夢があっても、

プロになるには一握りの才能がある人間しかなれないと思い、

好きでもないけど給料の良い仕事に就いてしまうことなどです。

だけどそれでは毎日が不満ばかり溜まってしまって、

どこかで人生をやり直したいとか生き方を変えたいと思います。

 

だけど世の中で成功者と呼ばれるような人は、

純粋に自分の心から好きなことをやって成功しています。

結局は本当はどんな生き方がしたいのかに真正面にぶつかること。

それしか納得できる人生は歩むことは難しいのではないでしょうか。

 

それが仕事は辛くても我慢してやるものだとか、

いい年して夢を追い掛けるなんてバカバカしいだとか、

こうした誰が決めたか分からない世の中の常識を鵜呑みにしてしまい、

自分の本質を見失うと何がしたいのかすら分からなくなります。

 

 

大切なのは自分の中に基準を持つこと

 

あなたは何を基準に物事を決めているでしょうか。

もっと言えば付き合う人は何が基準となっているでしょうか。

実はこれ、答えられる人はほとんどいません。

自分の中に基準を持つこととは、

 

一生を通して貫くべき”信念”を持つこと。

 

このことなのです。

それはたったひとつの信念を心の中に携えることで、

それを基準にして人間や物事の判断をしていくのです。

 

たとえば本音を語ることを信念にしたとします。

自分が本音を語ることを心掛けようと意識することで、

相手が合わせて本音で語ろうとしてくれているのかが見えてきます。

人間関係を構築するのでもこうした基準を持てば判断しやすいです。

どんな人とでも信念を貫くことで相手の尺度が量れるのです。

 

  • あなたは本当はどんな生き方がしたいのでしょうか。
  • もし、何も制限がないとしたら何を実現したいと思いますか?
  • そのためにどんなことを信じて貫くと良いと思いますか?

 

いかがでしょう、

こうした視点で物事を考えていけば、

今までの考え方よりも別のものが見えてこないでしょうか。

答えが出ないことに対しては別の視点で考えると出やすいのです。

 

 

誰が決めたら分からないルールより自分のルールに従うこと

 

「仕事は我慢してやるものだ!」

「仕事は辛いのが当たり前だ!」

「みんな嫌でも同じように頑張ってるんだ!」

「汗水流して一生懸命に働くのが人生だ!」

 

このようなことは一体誰が決めたことなのでしょう。

そしてなぜこんな考えが当たり前のように浸透しているのでしょう。

 

そして更に問題なのが都合の良い言い訳にしてしまうことです。

僕達はできないことに対してあきらめる為の理由を見つけようとします。

そうすることで他人にも自分にも納得させることができるからです。

 

「あの人には才能があるから私には無理・・・」

「みんな考えていることだからやっても無駄・・・」

 

これは典型的な自分への言い訳なのです。

だけど人間誰しもがこうした感情を抱くのが当然だと思います。

どんなに成功者でも実はこうした感情は出てくるものだからです。

なので決してネガティブな感情を抱いても否定する必要はありません。

では、それでも望んだ未来を実現できる人とそうでない人の違いは、

 

自分の感情と素直に向き合ったかどうかなのです。

 

それは何も難しいことではありません。

僕達は辛い、苦しい、怒り、不安といったネガティブな感情は、

味わいたくないので無意識に避けたり排除しようとしたりします。

なので他人のせいにしてしまったり他のことで気を紛らわそうとします。

 

だけど本当は何も考えずジッとただ味わってあげるだけなのです。

 

たったそれだけのことです。

精神的に辛い仕事は逃げても何の問題もありません。

だけど自分自身の心にだけは逃げてはいけないのです。

なぜなら、そこにこそ本当の答えが眠っているからです。

このブログにてあなたに届けたいメッセージは、

 

ただただ何も考えず自分の感情を味わって欲しい。

 

このことだけです。

最初は意味が分からなくても意識的にやっていくと、

自然とその意味も分かるようになっていろんなことが見えてきます。

そうなると、きっとあなたの人生は良くなっていくでしょう。

これが仕事は3年は続けるべきでないに対する理由です。

 

あなたの判断基準で人生を歩めることを祈っています。

スポンサーリンク


 

関連するお勧めの記事です。

スポンサーリンク


 

サブコンテンツ

このページの先頭へ