仕事を無断欠勤して行きたくない…真面目では報わない世の中

仕事を無断欠勤して行きたくない…真面目では報わない世の中

 

仕事に行きたくない・・・

どうしても嫌で嫌で仕方がない・・・

もう嫌だ!なんでこんな思いをしなければいけないんだ・・・

僕は2014年3月、仕事を無断欠勤したことがありました。

 

理由は仕事の精神的な苦痛に耐えきれなくなって逃げたのです。

 

何らかの理由で追い込まれてしまうと、

いずれ仕事に耐え切れなくなってしまいます。

それが人によっては無断欠勤というカタチになります。

 

そんな時、自分のことが最低に感じてしまい、

頑張れない自分に対して自己否定をしてしまいます。

ダメな自分って惨めで辛くて嫌になりますね。

 

だけど頑張っても、頑張ろうとしても、

どんなに真面目に努力しても報われないのです。

なぜなら仕事を無断欠勤するほどの場所だからです。

それが何を意味しているのかを今のあなたは知ることが大切です。

 

(前回は、もう人間関係に疲れた…職場に行くのが嫌で辞めたい人へにて、

頑張って耐えてダメになる前にあなたが知るべきことをお伝えしました。)

スポンサーリンク

 

頑張るだけでは報われない今の時代

 

あなたは「寝太郎」の話を知ってますか?

寝太郎の名前くらいは聞いたことがありますよね。

この寝太郎は、もともと真面目な人間だったのです。

 

ところが雨が降らない土地なので米がとれず、

母親は病気となって死んでしまいました。

つまり真面目に働いていても報わないのです。

寝太郎は完全にやる気を失って3年間寝続けました。

 

しかし、ある日突然起き上がり、

隣村を過ぎた大きな川から水を引くために溝を掘りはじめました。

その姿を見て村人はバカにしたり、ムリだと伝えてきました。

それでも淡々と溝堀りを続けた結果、長い用水路ができあがりました。

 

あなたはこの話をどう感じたでしょうか。

寝太郎のようにただ真面目に頑張るだけでは報われません。

しかし、寝太郎は母親の絶望から立ち上がり、

 

今までの人生とは違う選択してを思い切って行動しました。

 

その結果として、毎年米がとれるようになったのです。

僕達が生きているこの時代も同じことが言えるのではないでしょうか。

仕事を無断欠勤するほど辛いなら今いる場所が悪いのです。

無理して頑張って耐えることは何の報いもないのです。

 

 

真面目に生きても人生の無駄遣い

 

「仕事を無断欠勤するようなヤツは最低だ!」

 

これって一体誰が決めたことなんでしょう。

真面目に出勤をすることが美徳のように扱われますが、

真面目に努力して精神的に追い詰められて報われないとしたら、

 

むしろ逃げない方が人生を無駄遣いしていることになる・・・

 

その仕事を続けることで、

苦しい・・・辛い・・・悲しい・・・イライラする・・・

こんな感情を味わう割合が多いような環境なら、

純粋に楽しみを感じる感性さえも麻痺してしまいます。

 

だって休日を思いっきり楽しんでしまえば、

月曜からの仕事が余計に憂鬱な気分に染まらないでしょうか。

楽しければ楽しいほど差が大きくなるので辛く感じます。

そうなると、あまり楽しくしない方が良いとなりませんか?

 

それって人生がすごく勿体ないように感じないでしょうか。

悲しいけど真面目に頑張るだけでは報われないのが今の時代なのです。

終身雇用や年功序列、ボーナスの保証どころか給料すら減額します。

 

僕も残業や休日出勤を毎月100時間近くしていたにも関わらず、

その会社で5年働いたら1/3まで給料が減ってしまいました。

会社の評価とは一体何を基準にして評価されるものなのか・・・

精神的に苦痛なら無断欠勤しても当然の結果なのです。

 

 

一番最低な自分を認めなさい!

 

仕事を無断欠勤すると自己嫌悪になってしまいますね。

生活ができないのに余計に嫌になる人もいるかもしれません。

自分の行動が非常識過ぎて情けなく感じるかもしれません。

 

そんな自分って認めることができないかもしれませんし、

見るもの聞くもの感じるものが余計に苦しく感じるかもしれません。

 

頑張れないのに頑張らなければいけない・・・

このままの自分だと絶対にダメだ・・・

だけど頑張れないし、どうしたらいいか分からない・・・

 

だったらそれでいいじゃないですか。

耐えて耐えて我慢して我慢して過ごすことの方が非常識です。

だって他の人は何だかんだであなたより耐えているんです。

それってあなたと同じように苦しんでいるわけでなくて、

 

あなたより苦しみや悲しみや辛さが薄いから耐えられるだけです。

 

たったそれだけのことです。

もし、同じように辛いんならみんな無断欠勤です。

もし、同じように人間関係で苦しんでたらみんな逃げ出します。

そこで自分だけと思って否定するのはおかしくありませんか?

 

あなたには潜在意識と言ってもう一人の自分がいます。

その自分が必死に耐えてくれてることに褒めてあげてみませんか?

苦しみに頑張っているもう1人の自分が愛おしく感じませんか?

自分を自分で否定するなんてあまりにも可愛そうじゃないですか。

 

どんな自分でも自分は自分です。

一番最低だと意識で思える自分でも認めてあげるべきなんです。

なぜなら、どんな時でも自分だけは裏切らないからです。

 

 

あなたが1人だけが最低なんかじゃないんです

 

僕はある心理学を学んだことで、

今まで他人に壁を作って一生懸命に考えながら会話してたのが、

何も考えずにただ感じたことを自由に話せるようになりました。

 

幼い頃に父親に「コラ!」と怒られ続けてきたのが原因でした。

なのでいつでも大人しくしていることが正しいと思い込んでました。

だけどその原因に気付いてから人生が180度変わっていきました。

 

仕事を無断欠勤してしまたら行きたくないですよね。

だけど最初からこんな辛い環境ではなかったはずです。

 

もし原因があるとしたら、それは一体何だったのでしょう。

 

すぐには思い出せないかもしれません。

なので頭の片隅にそっとおいておくだけで構いません。

だけどあなた1人だけが最低なんかじゃありません。

 

僕だって今まで20社以上も転職を繰り返してきました。

最後まで良い環境に巡り合うことはできませんでしたが、

独立することで好きなことで生きることができました。

 

今が苦しいのは本当の自分を知るための時期が訪れているのです。

後はあなた自身がどう受け止めていくかというだけなのです。

また真面目に頑張っても報われない…辛い仕事で失う大切なことにて、

頑張っても報われない人の見つめるべき真実をお伝えしてますので、

こちらの記事もぜひ参考にしてみて下さい。

 

自分の道を見つけられることを祈っています。

スポンサーリンク


 

関連する記事です。

スポンサーリンク


 

サブコンテンツ

このページの先頭へ