仕事が本当に向いてないと判断して転職すべき7つの基準

仕事が本当に向いてないと判断して転職すべき7つの基準

 

今の仕事向いていないから転職を考えている。

こんな気持ちで仕事をしても、この先も不満ばかりかもしれませんね。

向いてないと思いながら続けることは精神的に辛いです。

 

僕は製造業という業界は5年半やってました。

この業界では部署を転々とすることも少なくありませんが、

ある部署ではマシンオペレーターを3年勤めました。

 

「この仕事、本当に向いてないなぁ・・・」

 

機械を扱うことがあまり好きではないので、

トラブルや切り替え作業などが億劫で仕方がありませんでした。

それでも派遣社員だったので給料が高いという理由だけで、

合わない仕事を無理して続けていました。

 

仕事でイライラしやすくもなるので、

当然、周囲の人間関係もあまり良くありませんでした。

機械なので思った通りにいかなかったりするとストレスでした。

あなたも向いていない仕事を何かの理由で無理していないでしょうか。

今回は、どんな判断で転職すべきかを7つお伝えします。

 

(前回は、つまらない仕事を辞めることで得られる5年先の人生の差にて、

つまらない仕事を思い切って辞めること大切さについてお伝えしました。)

スポンサーリンク

 

1、1年前の自分と比べて成長していない

 

自分のやっている仕事が向いていないと感じる場合、

それは1年前の自分とどう変わったか比べてみて下さい。

1年前の自分から成長した感じはないのではないでしょうか。

 

毎日決められたことを決められた時間こなして、

業務内容や仕事の人間関係でイライラしっぱなしで、

成長どころかネガティブな感情に支配されてませんか?

この割合が多いなら転職をするべきと判断できます。

 

 

2、やりがいを感じない

 

今やっていることにやりがいを感じない・・・

一体、何の為にこんなことをしているのか分からない・・・

いつまでこんなことを続けて消耗しているのだろう・・・

 

やりがいどころか何か失っている感覚とかありませんか?

気付き難く最も大切なものである「時間」を失っています。

今という時間は今だけで絶対に取り戻すことはできないのに、

やりがいのない無味乾燥の仕事に捧げてしまっているのです。

 

どうか無駄な時間を過ごしていることに危機感を感じて下さい。

あなたの大切な二度と戻らない時間を奪われているのです。

どうせなら充実感や幸福感を多く感じる時間が欲しくないですか?

その為には思い切って転職を判断することは大切なのです。

 

 

3、愚痴や不満や責任転嫁する気持ちが強い

 

仕事が向いていないと思っている時は、

つい誰かのせいにしたくなったりしませんか?

不満な感情ばかりが蔓延しているように思いませんか?

 

「なんで俺がやらなければいけないんだ!」

「こんなこと、いちいちやらせんなよ!」

「ああ、こんな面倒臭い仕事をやらされるなんて・・・」

「また明日から仕事かあ、ああ嫌だ・・・」

 

いかがでしょうか、

毎日こんなことばかりで過ごしていないでしょうか。

そしていつの間にかプライベートでもそうなってませんか?

人の性格はいつの間にか感化されていってしまうのです。

 

このように退屈な仕事を続けてしまう人間に染まってしまいます。

なので愚痴や不満や責任転嫁が多いなと思うようなら、

新しい環境へと変える判断をする必要性があります。

 

 

4、精神的苦痛に耐え続けている

 

仕事内容が自分に向いていなくてイライラし続けたり、

人間関係で孤立やパワハラを受けているにも関わらず、

今の仕事を続けて、この先どうなると思いますか?

 

精神的苦痛に耐えきれずに自分が壊れてしまいます。

具体的にはうつ病や社会復帰ができなくなる状態です。

また耐え切れずに翌日からいきなり逃げることもあります。

そこまで極限に耐え続けたところで誰も労ってはくれません。

どこかで自分で判断して転職する必要があるのです。

 

 

5、プライベートの会話ができる仲間がいない

 

仕事に行っても仕事のことしかしない。

プライベートな会話ができる友人レベルの人がいない。

そんな仕事を続けていて楽しいでしょうか。

 

もちろん、そんな仕事が楽しい訳がないですね。

世の中には仲間と楽しく仕事に励んでいる人は沢山います。

なのに何故、自分だけこんなにも苦しまないといけないのでしょう?

 

今の環境にいたところで何も解決しないのは、

あなた自身も何となくどころか十分に分かっていることですね。

だとしたら後は思い切って転職を判断することではないでしょうか。

 

 

6、お金や生活が目的で仕事をしている

 

給料が良いとか、生活の為とか、福利厚生が良いとか、

このような判断で仕事をはじめても不満になりませんか?

ある程度満足できるなら仕事を続けることに意味はあるかもしれません。

だけど気付いたら満足より不満の方が大きくなっていないでしょうか。

 

それでも続けていくしか選択肢がないと思っているなら、

それはこの先の幸せや喜びを犠牲にしていることにもなります。

大切なのは今どのような気持ちで仕事をしているかです。

 

今が満足が30%なら未来はその延長線上にあるようなものです。

どこかで自分を変えていくタイミングが必要なのです。

お金や生活が目的なだけの向いていない仕事をしてませんか?

ここも思い切って転職を判断する基準となります。

 

 

7、日曜の夕方から憂鬱な気分が激しい

 

嫌で嫌で仕方のない仕事は、

大抵、日曜の夕方から憂鬱な気分になります。

どんなに自分を誤魔化しても自分には嘘を付けないので、

身体の感覚を通して潜在意識が警鐘を鳴らしているのです。

 

だけど辞めることって怖いものでいつまでも続けてしまいます。

会社は自分の都合だけを考えるのでいつまでも変わることはありません。

そしていよいよ使えなくなったら次の人間を使うだけなのです。

 

自分の人生の責任は自分が背負わなければいけません。

ということは自分で判断して生き方を変えなければいけないのです。

誰かに奪われる人生なんて嫌ですよね?

思い切って転職を判断することも大切ではないでしょうか。

 

 

あなたの人生はあなただけのもの

 

実は上記の項目は全て僕に当てはまっていたものです。

精神的苦痛に耐えきれない時は出勤中の車の中でブチ切れて、

 

「ふざけんなや、おらぁ!」

 

と叫びながら車のドアやハンドルを殴りつけてました。

そして職場では沈んだように黙って耐え続けていたのです。

もう反論や抵抗する気持ちもなく、ただただ人を避けてました。

 

「なんでこんな思いをせにゃあ、いけんのんじゃ!」

「なんで俺だけがこんなに苦しまんといけんのんじゃ!」

「俺に苦労ばかり掛けてきやがってクソ上司が!」

 

こんな思いは僕がある時に糸がプツンと切れて、

オペレーターをやっていた部署をいきなり逃げ出すまで、

毎日毎日毎日毎日変わることなく死ぬほど味わってきました。

そして僕は大切な時間を会社に奪われ続けていました。

 

あなたの人生はあなたのものです。

個人のことを考えない会社のものではありません。

 

時間と労働力を会社に提供するにしても、

人間としての尊厳は守られるべきではないでしょうか。

しかし残念ながらそれは自分達で判断しないといけないのが、

今の世の中の流れであり会社も利益優先なのが本質なのです。

 

あなたがもし25~35歳でこれから転職を考えたいなら、

自分に向いてる仕事がわからない35歳までの適職の見つけ方にて、

自分に向いている適職とは何かを紹介していますので参考にしてみて下さい。

 

あなたが本当の生き方を手に入れられることを祈っています。

スポンサーリンク


 

関連するお勧めの記事です。

スポンサーリンク


 

サブコンテンツ

このページの先頭へ