仕事の人間関係が最悪な状態になってしまう5つの原因

仕事の人間関係が最悪な状態になってしまう5つの原因

 

仕事環境において信頼できる人がいない・・・

腹の立つ人間関係ばかりでストレスの限界がきている・・・

そんな最悪な職場では仕事にやる気など出てこないですね。

 

  • 給料は安いけど精神的に楽な仕事
  • 給料は高いけど人間関係が最悪な仕事

 

あなたならどちらを選ぶでしょうか。

大抵の人は精神的に楽な仕事を選ぶのではないでしょうか。

なぜなら人の悩みの9割は人間関係と言われているからです。

 

そして仕事では価値観が違う人間同士の集まりです。

価値観が違えば意見が合わずにイライラすることも多いです。

また価値観が合わないと距離を保ってしまいたくもなります。

合わない人間とは関わりたくないのが人の性だからです。

 

しかし問題を他人のせいにしてしまっては解決はしません。

僕も製造業で5年間勤めていた時はずっと他人のせいにしてました。

そうすると他人を避けるという結論になって毎日が辛かったです。

 

今回ご紹介する人間関係が最悪になる原因というのは、

自分の内面の問題についてフォーカスしています。

ですが無理をして自分から解決しようとする必要はありません。

こういうことがあるんだと頭に入れておいて欲しいと思います。

 

(前回は、仕事のストレスでイライラしてきてどうしようもない時は?にて、

仕事のストレスでイライラする感情から自分を見つめる方法をお伝えしました)

スポンサーリンク

 

1、自分から心を開かない

 

人間関係が上手くいかないと感じている人は、

ほとんどが自分から心を開くことをしません。

建前での接し方になって上辺だけの付き合いになります。

これは性格が真面目な人ほどなりやすいです。

 

職場での人間関係でプライベートの付き合いがないのも特徴です。

建前で接する理由は自分の安全を確保したい気持ちがあるからです。

そして必要以上に傷付かずに済むというメリットもあるからです。

 

ですが、相手からしてみると近づき難い雰囲気が伝わり、

人は関係性の薄い人間であればあるほど攻撃的なるので、

中途半端な距離感が最悪な関係に発展していきます。

 

 

2、いつも他人の顔色を伺ってしまう

 

相手の顔色をいつも伺っていると疲れてきます。

だけどそれは相手のことが分からないからそうなるのです。

 

どうしても他人の顔色を伺ってしまう原因は、

自分からコミュニケーションが取れないからです。

コミュニケーションを取ることは面倒に感じてしまい、

相手のことが分からないので顔色を伺って反応を探ってしまいます。

 

これでは上手くコミュニケーションが取れないので、

相手との意思疎通がはかれないので人間関係も最悪になっていきます。

 

 

3、自分の意見を言わない

 

自分の意見を言わないのは諦めているからです。

最初から他人とは上手くやっていけないと思っているからです。

それは過去に自分の思いを伝えることで痛い経験をしたらかです。

意見を言うくらいなら黙っていた方が安全なのです。

 

そうなると相手は何を考えているのか分からないと感じます。

余計に距離ができて些細なことがきっかけで最悪な関係になります。

例えば仕事を押し付けられたと思い込んでしまったりです。

 

 

4、常に他人を避けようとする

 

常に会社の人間を避けようとしてしまうのは、

自分と会社の人間が別世界に生きているように感じているからです。

自分を集団に馴染めない異端児のように感じていないでしょうか。

そして会社の人間を心のどこかで否定していないでしょうか。

 

そうすると次第に孤独になっていっていまいます。

自分だけが取り残されているような感覚になることもあります。

 

人は自分が避けられていると感じると感情的になりやすいです。

それが複数になってくると陰口など陰湿な攻撃を受けることになります。

こうなると仕事は辛くて人間関係も最悪ではないでしょうか。

 

 

5、自分に自信がない

 

自分に自信がないとは自分のことが嫌いだからです。

自分のことが好きならば自分を信じることができます。

だけどプライベートは良いけど仕事の人間関係となると、

途端に自分に自信を持てなくなるケースがあります。

 

自分に自信がなければ相手を思いやる余裕も持てません。

そうするといつも自分中心の考え方になっていまい、

他人を傷付けても自分を守ることに必死になってしまいます。

 

傷付けられた人は恨みを持つようになってしまい、

時間の経過や積み重ねによって人間関係は悪化していきます。

 

 

まずは自分の本音に素直になること

 

いかがでしたでしょうか。

今回、紹介した内容は全て僕自身が経験したことです。

人間嫌いな性格を分析するとこのような項目になりました。

 

そして人間嫌いになってしまうほど、

人間関係が最悪な状態になったのかの根本的な原因は、

自分の感情にフタをし続けたからでした。

 

自分の感情にフタをするということは我慢することになります。

しかし仕事の人間関係は一度こじれると立ち直りが難しいです。

これではどんどん苦しくなっていくばかりになりますね。

 

たまにはプライベートで付き合う友人に会社の愚痴を吐いたり、

特に辛い月曜日の仕事後にワクワクするような予定を入れたり、

本当に辛い時は我慢せずに会社を休むなどして、

 

辛さから解放されたいという本音に素直になることが大切です。

 

100%解放できなくても上記のように工夫してみてはいかがでしょうか。

仕事の人間関係が少しでも楽になることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ