自分に自信がない仕事ができないと悩む人の4つの解決策

自分に自信がない仕事ができないと悩む人の4つの解決策

 

何故、こんなに自分はできないのか・・・

仕事ができないと自分に自信がなくなってきませんか?

仕事で自尊心を失うと、全てがダメなように思ってしまいますね。

 

突然ですが目の前に2つの丸い円があります。

片方は綺麗な円になっており、片方は少し欠けています。

さあ、あなたがどちらの円が気になるでしょうか?

 

実は人は何かひとつ欠点があると、

そこだけが妙に気になるようになってしまいます。

 

先ほどの2つの丸い円のことですが、

円に小さな欠けが存在するとそこが気になってしまうのです。

 

これを人に置き換えてみると、

他人の悪い部分に意識がフォーカスしている状態と同じになります。

つまり他人の欠けた部分が気になるということです。

 

自分に自信がない時というのは、

まさしく他人の悪いところばかり見るので自信を失うのです。

無意識に自分にもあるのではないかと心配になってしまうのです。

それが仕事ができないことへと繋がっているのかもしれません。

今回は、自分に自信がない人の自信を持つための解決策をお伝えします。

 

(前回は、サラリーマンが副業としてネットビジネスをする10の心構えにて、

サラリーマンが副業するための心構えについてお伝えしました。)

スポンサーリンク

 

1、仕事ができないのは場所が悪いだけ

 

仕事ができなくて自分に自信がなくなってしまうのは、

あなたの能力が問題なのではなく今いる場所が悪いと言えます。

それには人にはそれぞれ4つのステージがあると言われています。

 

  1. 無能レベル=何をやっても全くダメな状態
  2. 普通レベル=言われたことを当たり前にこなす状態
  3. 優秀レベル=得意分野で人より能力や適正がある状態
  4. 天才レベル=何をやっても祝福される自分の天才性を発揮する状態

 

仕事ができないと悩む人の多くは、

1番の無能レベルの場所で仕事をしているだけだったりします。

それでは自分に自信がないのも仕方がありません。

 

ここで言えることは自分がどのステージにいるのかを自覚して、

自分の天才性を発揮できる場所はどこかを探すことが大切です。

 

 

2、1日1回は自分の良いところを褒める

 

たとえ他人にマイナスに評価されたとしても、

それが自分そのものの人間性を言い表す訳ではありません。

自分に自信がなくなってしまう人は大抵の場合、

 

仕事ができない = ダメな自分

 

と自分のそのものをダメだと判断してしまいがちです。

だけど仕事が上手くいかないとそう思い込んでしまうのです。

これは自分の欠点にフォーカスしてしまっている状態です。

 

それよりも自分の良いところを見つけて褒めることです。

 

心の中で自分に対して「よくやっている」など褒めてみて下さい。

きっと最初のうちは慣れなくて違和感を抱くかもしれませんが、

それこそが今まで自分を大切にしていなかった証拠でもあるのです。

しばらく気持ちに意識を向けていると嬉しさ感じていることに気付きます。

この嬉しさを感じることに意識を向けることが良い方向へと導きます。

 

 

3、関わり方できる範囲で厳選していく

 

仕事ができないと悩んでいる職場で、

良い人間関係が築けることは難しいのではないでしょうか。

そこに自分に自信が持てなくなっている原因がありまさす。

なぜなら大人になったからの人間関係は修復する見込みが薄いからです。

 

僕は過去に20社以上の転職を繰り返してきましたが、

人間関係でこじれてしまって回復したことはありませんでした。

陰口、噂、嫉妬、恨み、憎しみ、競争心、責任転嫁、嫌悪など、

このような感情は表には出ず、間接的に攻撃されることが多いです。

 

またこのような人との関わりが自分の性格にいつの間にか感化されていきます。

つまり無意識レベルであなたも似たような人間にされてしまうのです。

 

ですが仕事となるとどうしても関わらざるを得ないと思います。

なので関わり方をできる範囲で厳選していくようにするべきです。

 

 

4、本当に辛いなら転職をする

 

人間関係が問題なら、むしろ転職して意識的に改善する方が良いです。

業務内容がきつくても人間関係が良好ならなんとかやっていけますが、

人間関係が辛いなら、たとえ業務内容が良好でも長くは続きません。

 

それだけ人間関係の悩みは深く精神的に追い込まれるのです。

 

なので意識してサッと見切りを付けてしまうことが大切です。

こればかりはいくら努力しても道が開けることは困難です。

心の問題は自分に自信がなくなる大きな要因となります。

 

ですがいざ仕事を辞めるとなると面倒で不安なものです。

今の仕事が辛い環境でも自分に言い訳をして納得させようとします。

そうしてまた徐々に精神的に蝕まれる職場で踏ん張ってしまいます。

 

  • 延々といつまでも精神的苦痛に耐え続けるか
  • 今、思い切った選択をして未来の可能性に掛けるか

 

1年後、3年後の自分を想像してみたとき、

どちらが人生を納得できる生き方ができるでしょうか。

 

 

自分に自信が持てる場所は存在する

 

誰もが幸せになれる権利があると言います。

しかしほとんどの人はその権利を放棄します。

それは自分の可能性を試そうとしないからです。

 

なぜなら今の安定を失うことを怖れているからです。

 

そかしそれは幻想でいつまでも不満を抱えたままになってしまいます。

今いる場所が心から楽しいなら話は別ですがそのような人は稀です。

世の中のほとんどの人は人生に心から満足はできていないのではないでしょうか。

 

あなたはどんな生き方がしたいでしょうか。

自分に自信のある生き方ができることを祈っています。

スポンサーリンク


 

関連するお勧めの記事です。

スポンサーリンク


 

サブコンテンツ

このページの先頭へ