プロフィール

もうこのままでは生きていけない・・・

 

はじめまして。

7ドリームの運営者、吉高弘明(きったかひろあき)と申します。

 

このサイトでは僕の経験したこと、

その時に感じたことを中心にお伝えしています。

 

なのでもしかすると

 

「ちょっと変じゃない?」

 

と感じられることもあるかもしれません。

それは僕と言うフィルターを通して発信しているので、

世間一般的な情報とは違いが出てしまうからです。

 

ですがその分、実体験のリアルをお伝えしています。

それ以外のことは経験がないのでむしろお伝えできません。

それでも読んで頂けるあなたの心に響くようお伝えしていきます。

簡単ではありますが僕の経歴をお伝えします。

 

僕は高校を卒業して専門学校に進学しました。

テレビゲームが好きだったのでゲーム会社に就職したかったのです。

3年課程でゲームプログラミングコースに入りました。

 

ですが1年間通って自ら中退しました。

理由は僕の家は経済的に苦しかったらかです。

2年次の更新をする時に次の授業料を支払わなければいけません。

母親が消費者金融と兄から借りた86万円のお金が入った封筒を手にした時、

 

「これ以上はやってはいけない」

 

と思ってお金の入った封筒を母親に返しました。

専門学校を中退して車の免許を取りました。

そしてその後はフリーターになりました。

 

深夜のコンビニ、宅配業者の仕分けなど、

数ヶ月続けては辞めてを繰り返す生活をしてました。

こうしてアルバイトを転々とする日々を過ごして、

二十歳になった時に遂にニートになって引きこもってしまいました。

 

何もしないただテレビゲームをするだけの日々・・・

だけど自分は何がしたいのかどうすればいいのか分からない・・・

ただ空しく時間だけが流れていく中で、

 

「思いっきり身体を動かして働きたい・・・」

「社会に役に立つことをしたい・・・」

 

こんな思いが沸いてくるようになりました。

人と言うのは仕事で精神的に辛いと解放されたいと望み、

何もない状態だと逆に社会貢献したいと望むもののようです。

 

それから二十歳になって暑い夏の到来の7月、

母親の働いている会社に母親に紹介してもらって入社することになりました。

この会社が僕にとって唯一、正社員として働いた会社になりました。

この時、入社して3日後くらいしてもの凄く強い後悔を感じました。

 

「もしかしたら辞めるかもしれん・・・」

 

このように母親に弱音を吐いたことを今でも覚えています。

ですが母親の落ち込んでいたのを見て頑張らないといけない気がしました。

しかしこの会社は養鶏場と言って鶏を飼育して卵を出荷する会社でした。

 

臭い、汚い、忙しい

 

この三拍子揃った最悪の会社では1年2ヶ月しか持ちませんでした。

僕が会社を辞めることを決められたのは、

その時には既に母親は退職して姉と一緒に家を出てしまったからです。

僕の家では昔から家庭環境が悪かったのです。

 

その後はまたフリーターに戻りました。

深夜のコンビニ、2tトラックの運転手などアルバイトを転々とし、

製造業の派遣社員もこの時に初めて経験しましたが3日で辞めてしまいました。

 

トラックの運転手では精神的な苦痛を味わいました。

食品を卸市場から各スーパーや個人商店に配達して回るのですが、

あるスーパーで理由も分からず初日からシカトされはじめたのです。

商品を自分でスーパーの食品コーナーに陳列しないといけないのですが、

陳列が終わると納品書にサインをもらわなければいけませんでした。

 

「サインをお願いします」

 

と僕が訪ねると空気しか存在しないかのように相手にしてくれないのです。

唯一オーナーだけがまともに相手してくれたのでそれだけは救われましたが、

この時の精神的な苦痛から1ヶ月で辞めてしまいました。

 

「アルバイトすらまともに働くことはできないのか・・・」

 

正社員として雇ってくれるなんて最初から無理だと諦めていた僕にとって、

また自分のやりたいことが全く分からない現状は途方もなく辛かったです。

しかし22歳の5月、僕はある古本屋で1枚の紙を目にしました。

それはアルバイト募集の案内でした。

 

「こんなところで働けたら楽だろうな~」

 

僕は早速応募しました。

しかしこのアルバイトは古本屋ではなくアダルトビデオ店でした。

ですがこれまでの苦しさを考えれば僕にとって関係ありませんでした。

 

このアルバイトは正解で精神的にも仕事的にも非常に楽でした。

そして仕事仲間も同い年や2つ上の先輩など、

自分と似たような境遇の人達ばかりです。

話しも合うし仕事は楽しいし言うことありませんでした。

結局この楽なフリーター生活を約6年近くも送りました。

 

ですが2つ上の先輩がその会社の正社員になって店長になりました。

そこで今までの関係が崩れて確執が起きてしまいました。

直接に言い合うことはなかったものの陰でお互い罵り合ってました。

それにいつまでもフリーターのままでは将来が不安でした。

思い切って辞めることを決意しました。

 

そこからまたアルバイトを転々とするようになります。

その時は実家を出て一人暮らしをしていたのですが、

収入がなくなってしまったので実家に戻りました。

実家には父親がひとりで生活をしていたのですが、

仕事を辞めて戻った時はひどい罵声を浴びせられました。

 

洗濯、台所、風呂、トイレを使わせてもらえませんでした。

もちろん食事もできる訳ではなく外食しざるを得ませんでした。

生活費のために借金をしなければいけない状態でした。

 

深夜のコンビニ、宅配の仕分け、自販機オペレーター、ファーストフード、

鉄工所、ネットカフェ、造園会社、宅配の集配、製造業の臨時社員、

様々な仕事を掛け持ちしながら日銭を稼ぐ日々が続きました。

また生活費の借金だけでなく車のローンも残ってました。

2つを合わせて総額で300万近くあったと思います。

 

「このままではらちがあかない・・・」

 

現状のままだと楽になることは途方もなく先だと感じました。

そこで製造業の派遣社員になることを決めたのです。

理由は社会保険や年金、そして正社員としての可能性があるからです。

そうすれば将来の不安は解消されると思い込んでました。

 

そして何と言っても派遣社員の給料は高額だったのです。

時給が高いから決めたと言っても過言ではないくらです。

月に100時間近くの時間外をやって手取りで30万近くありました。

 

お陰で借金は全額返済して残った貯金を使ってまた一人暮らしをはじめました。

炊飯器で炊いた米、自由にトイレは使えるしシャワーも浴びれる。

ひとつひとつの当たり前の生活に最初は感動と興奮の連続でした。

 

「うわぁ、今最高に幸せだ~!」

 

1人暮らしをはじめた頃は、

やっと人間らしい生活を取り戻したと思いました。

ですが仕事ではパワハラを受けて精神的な苦痛に耐え続けてました。

やがて派遣社員の抵触日が訪れて派遣を続けられなくなりました。

そこで派遣社員から直接雇用の契約社員になりました。

 

しかしこれが最悪で給料はガクンと下がってしまったのです。

手取り30万近くあったのが17、8万円程度です。

同じように100時間の残業をしても仕事の内容は同じなのに、

給料だけが下がってしまったのです。

 

僕がこの会社に入社した理由は時給が高いからでした。

それ以外に何の魅力もない会社でした。

何の支えもなくなった僕は当然やる気が低下しました。

その代わりに怒りや不満が溜まっていくようになったのです。

 

「こんな安月給でこき使いやがって!」

 

仕事の内容も性格と合わず毎日イライラしていました。

心許せる人間は誰一人としておらず完全に孤立状態でした。

パワハラを受けるし陰口は叩かれるし全てが最悪です。

僕は遂に精神的に耐えられなくなって契約社員の更新月に逃げました。

その時はもう辞める覚悟を決めていました。

 

その後会社から部署異動なら出勤できるかと言う話が出たので応じました。

これはこの事件が起きる1年前からパワハラのことで上司に相談していたことでした。

しかし当時は、

 

「お前の勘違い」

 

とシレ~っと言われて片付けられてしまいました。

 

「コイツはあてにならないな・・・」

 

言われた瞬間にそう悟って、

 

「分かりました・・・」

 

と諦めたのを今でも覚えています。

会社はあくまで利益を優先して社員は二の次なのが現状です。

辞める覚悟で行動しなければ、

自分の希望は通してもらえないのが今の社会の現状なのです。

 

ですが部署異動の念願が叶ってもあくまでも利益優先が会社なので、

以前と比べてはマシですが精神的に楽になることはありませんでした。

ただ残業をするかしないかの選択は自由に選べたので、

完全に生きの切れてしまった僕は毎日定時で帰ってました。

 

すると給料は手取りで10万3千円になってしまったのです。

残業をしないとこの程度しか稼ぐことができない。

毎日大切な1日を会社に提供して小銭程度しか稼ぐことができない。

毎月の給料日に通帳に刻まれた金額を見る度に、

 

「人間をなめとんのか!」

 

とイライラしていました。

ですがその年の1月から僕は副業をはじめていました。

パワハラを受け続けた部署を辞める覚悟で抜け出す決意ができたのも、

残業を頼まれても拒否して毎日定時で帰宅し続けられたのも、

副業をして副収入があったからこそでした。

 

そして部署異動をして1年間、副業をはじめて1年3ヶ月、

遂に副業の収入が会社の給料の総支給額を上回ったところで、

辞める決断をして独立することにしました。

 

2015年10月現在、当時の給料の6、7倍の収入があります。

そしてこの収入は毎月上がり続けています。

 

このブログでは僕のこれまでの経緯を詳しくありのままお伝えしていきます。

そしてあなたの人生の何かしらのキッカケになれればと思っています。

長々と最後までお読み頂きありがとうございました。

長い時間お付き合い頂いたことを心から感謝しております。

 

順次僕自身の経緯を元にして記事を更新しております。

あなたの人生が望む方向へと変われることを祈っています。

このページの先頭へ