フリーターが恥ずかしいのではなく考え方を変えるだけ

フリーターが恥ずかしいのではなく考え方を変えるだけ

 

世の中のフリーターのイメージってそんなに良くないですね。

フリーターって聞いただけでその人のことを見下す人もいます。

そんなにフリーターが恥ずかしいことなのでしょうか。

 

またフリーターの友人と一緒にいることや、

家族や恋人がフリーターをやっていることなど、

身近にいる人もあまり良い印象を持つ人は少ないですね。

そうなると自分でも恥ずかしいものだと感じてしまいませんか?

 

「あなたは現在、何をしている人ですか?」

 

とたまたま聞かれた時に、

正直、答えに困ったことはないでしょうか。

素直に言えない社会的イメージの悪い立場だと、

世の中の多くの人が認識していることなのかもしれません。

 

僕も20代の頃はほとんどフリーターをやってました。

そんな自分が社会的に認められていない存在だと密かに感じつつも、

自分には正社員になることは不可能だと思って過ごしてきました。

 

(前回は、30代フリーターが将来に安定した生活を得る3つの方法にて、

30代でフリーターから安定生活をするための具体的方法をお伝えしました。)

スポンサーリンク

 

フリーターのイメージが悪い原因とは?

 

フリーターも仕事をしている以上は、

少なからずとも社会に貢献していると言えます。

同じ労働をしていても立場が違うだけで、

他人からの見られ方が大きく変わってしまいます。

 

それは正社員と比べてみると一目瞭然ですね。

また派遣社員はわりとフリーターに近いイメージが見られます。

契約社員だと派遣社員よりはまともなイメージに見られます。

これらのイメージは何が原因だと思いますか?

 

それは将来への不安要素がどのくらいあるかではないでしょうか。

 

なぜならフリーターだと将来への不安が一番強く感じます。

僕も実際に将来の不安から製造業の派遣社員になりました。

 

そして派遣社員だと各種保険や年金を納めることになります。

それは怪我した時や、老後の生活への心配への問題はクリアできますが、

派遣社員はいつ首を切られるか分からないのでやはり不安定です。

 

そして契約社員の場合は派遣社員より少し安定します。

それは会社の景気が悪くなるとすぐに切られる心配がないからです。

だけど1年契約などで正社員と比べると遥かに不安定です。

そして何よりも賃金が安いという不安要素も拭えません。

 

 

世の中の固定観念が悪いイメージなだけ

 

このように将来の不安が一番大きいことが、

社会的に見て立場が弱いと言われる原因なのかもしれません。

価値観の多様化で生き方は確かに個人の自由だとも考えられますが、

大切なのはどんな生き方でもしっかりと地に足を着いているか?

たとえ今が良くてもこの先のことは考えているのか?

というところが大切なのかもしれません。

 

ですがフリーターでもしっかりとしている人はいますね。

そして周囲の人もそれを認めてくれている場合だってあります。

問題なのはフリーターでいることが恥ずかしいのではなく、

 

そのまま何も変わることなく過ごしてしまっている現状ではないでしょうか。

 

目的があって、あえてフリーターの立場になる人もいます。

それがしっかりと地に足の着いた目的でかつ毎日行動に移していれば、

それを悪いと言う人は、実際のところはほとんどいないと思います。

 

 

フリーターからでも人を応援する自分を育てればいい

 

どんな立場にいる人であっても、

はっきりと言えることは人を応援する人は成功しています。

それはどういうことかと言うと、

 

たとえばカウンセラーは心の悩みを抱えている人を助けることで、

その人を応援することになるので対価としてお金を頂きます。

街のコンビニやクリーニング店や八百屋にしたって同じことが言えます。

サービスを提供することで人を応援するからこそ世の中に認められます。

テレビに出ている芸能人やスポーツ選手にしても同じです。

話題を提供するからこそ価値があると認められるのです。

 

あなたが応援したいことって何でしょうか?

それはどんな立場からでも育てることができます。

そして全ての労働は何らかの価値を提供しているので、

その価値の大きさに応じて受け取る報酬の大きさが違ってくるのです。

 

サラリーマンの場合は自分の時間を会社に提供することで報酬を得ています。

それは会社を経由して社会に認められる行動をしていることになります。

人間社会で生きていく上では、認めてもらうことは大切なことです。

 

 

この世は価値を提供した人が成功を手にする

 

僕達は自分のやりたいことが分からないと、

年齢を重ねてもずっと悩み続けて生きています。

人生のテーマと言えるほど難しいことですね。

自分の本当にやりたいことがすぐに分かれば苦労しません。

 

だからこそあなたの応援したいことは何かが大切なのです。

 

成功したいからとか儲けたいからと言う理由では、

他人を応援することとズレてしまうので、

ほとんどの人は成功することができません。

 

だからこそあなたが応援したいことで自分を育てるのです。

 

フリーターだから恥ずかしいという狭い世界で考えるのではなく、

たとえ今やっている仕事が退屈で無味乾燥なものに感じてても、

あなたが本気で応援できることを見つけることが、

やりたいことを見つけることであり天職なのです。

 

このような視点で考えてみてはいかがでしょうか。

別に他人に認められなくても構わないと思って生きるのも、

人それぞれ価値観は違うんだから生き方は自由だと言うのも、

確かに選択することはできる世の中ではあると思います。

 

そんな生き方をしながらも人を本気で応援できることを見つけて、

人生をより豊かに感じて生きていくことも良いのではないでしょうか。

それはちょっとした考え方の違いなだけだと思います。

 

心から納得できる生き方ができることを祈っています。

スポンサーリンク


 

関連する記事です。

スポンサーリンク


 

サブコンテンツ

このページの先頭へ