本当の人生を始めるために残すべきたった5%のある秘密

本当の人生

 

僕達は一体何のために生まれてきたのでしょう。

好きでもない無味乾燥な仕事をずっと我慢して働き続けて、

こんな日々を定年まで送るしかないのでしょうか。

そんな人生なんて絶対に嫌に決まってますね。

 

僕達が本当の人生を生きられないのは理由があるのです。

 

それに学生時代に目的や夢について学ぶこともないし、

両親が教えてくれた人なんてほとんどいないはずです。

どころか両親でさえ仕事を嫌々やってる家庭ばかりです。

 

だけど一方では時間もお金も人間関係も恵まれていて、

何ひとつ不自由なく幸せに暮らしている人もいますね。

確かに生まれた時からそんな幸せを手に入れてる人もいますが、

 

不幸のどん底から這い上がって本当の人生を手に入れている人がいる。

 

このような人達も世の中にはたくさんいることも事実です。

では、そんな人達は一体何をしたから変わったのでしょうか。

それが、今回お伝えする5%のある秘密でもあるのです。

 

(前回の好きなことでお金を稼ぐための具体的なたった1つの方法では、

自分の好きなことを見つけるためには方法ではなくある時期が重要で、

お金を稼げるような体質になるための秘訣についてお伝えしました。)

スポンサーリンク

今、持ってるもので必要なものはほとんどなかった

 

僕は以前までは製造業の派遣社員をやっていて、

職場では孤立していて班長から執拗なパワハラを受けてました。

そんな僕でも今では独立して本当の人生を生きています。

そこで実際に僕が経験したことで感じたこととして、

自分の心から望んだ本当の人生を生きるのに、

 

これまで持っていたものは何一つ役に立たなかった・・・

 

ということです。

会社で身に付けたことは独立には役に立ちません。

よく会社に入って社会経験を積むことは大事だと言われますが、

それもせいぜい同じか近い職種に転職する程度です。

 

また学校で学ぶほとんども独立には役に立ちません。

せいぜい必要なのは足し算や引き算、または掛け算や割り算、

それに漢字など小学校低学年程度ではないでしょうか。

 

これは僕が選んで道ではの話なので、

道の歩み方が違えば変わってくるのかもしれません。

ですが本当の人生を始めるということは生き方を変えることです。

 

生き方を変えるには、今までの習慣を変える必要があるのです。

 

と言うことは、今までの思考は必要なくなるのです。

たとえば仕事から帰ってテレビを観て過ごすことをやめ、

生き方を変えるための全く別の行動に当てるのです。

 

そのためには同僚との飲み会をやめることでもあり、

ネットサーフィンやネットゲームを断つことでもあります。

今までやってきたことを捨てる覚悟が必要なのです。

そうすると今、持ってるものはほとんどが必要なくなるのです。

 

 

本当の人生を始めるのに本当に必要なものとは?

 

では本当に必要なものって何なのでしょう。

もし、それさえ分かれば何ひとつ迷うことなく、

自分の望んでいる生き方を見つけて実現できるのでしょうか。

ですが残念ながら、そうはなり得ないのです。

 

なぜなら、本当はどうなりたいか・・・

 

たったそれだけだからです。

僕は本当は仕事という概念すらないくらい、

自由な人生を生きたいと心の奥ではずっと思っていました。

けど、そんなこと普通に考えたら絶対に無理ですよね。

生きるためには働かなければいけないんです。

 

なので、無理だと思って他の方法を考えてました。

心理学を学ぶために東京や大阪のセミナーに通ってみたり、

そしてセミナー講師してみたり、コーチングをしてみたり、

メルマガを発行して見たり、ブログを書いてみたり、

いろんなことをやってみたけど結果は散々でした・・・

 

 

本当に必要なものに辿り着くまでの道のり

 

けど、そんな一見ムダ出った行動も、

実際のところは全くムダという訳ではなかったのです。

なぜなら、それが自分を知ると言うプロセスだからです。

 

本当の人生を始めるまでにはいろんな試練が訪れます。

何をやっても全く成果が上がらない日々を送ったり、

仕事や家庭などの人間関係にずっと悩まされたり、

目の前に越え難いほどの壁に阻まれて挫折し掛けたり、

頑張って頑張って必死になってそれでもだめで、

 

「俺、ホントにこれがしたいと思ってるのか・・・」

「俺って本当は何がしたいんじゃろ・・・」

 

このように自分に問い掛けるようになり、

そこではじめて本当の意味で自分と向き合うようになり、

そこからやっと本当に必要なものが見えてくるのです。

 

なので今あなたが壁にぶち当たっているとしても、

特定の人物や出来事に悩まされて苦しんでいるとしても、

どんな些細なことも決して無駄なことはないんだと思います。

なぜなら、それが自分を知ると言うプロセスだからです。

 

 

本当の人生を生きるには捨てる覚悟が大切

 

上記のタイトルの5%にはちゃんと意味があります。

それは僕が当時仕事も家も苦しくて仕方がなかった時、

 

自分の部屋の95%以上の物を捨てたからです。

 

現状が辛くて自分を変えたくて、

とにかくすぐ行動に移せることは部屋の中でした。

物を捨てることを「断捨離」なんて言ったりするそうですが、

当時の僕はそんな言葉すら知らず自分を変えたい一心でした。

 

何も部屋の中の物を捨てろと言ってる訳ではありません。

けど、この行動がやがて自分の人生を大きく変えることになりました。

それは不要なものを思い切って手放す勇気を手に入れたことです。

そうすると自分の手元に残っていくものは何だと思いますか?

 

本当に必要だなものだけが少しずつ見えてくるのです。

 

僕達は現状に不満があるとそれを変えたいと思います。

特に20代後半あたりから今の仕事に疑問を持ちはじめます。

そこで自分探しと称していろんな行動をし始めるのですが、

ほとんどの人は途中で諦めてしまうことが多いのです。

 

なぜなら、要らない荷物をずっと背負っているからです。

 

最初にお伝えしたように生き方を変えることは習慣を変えることです。

習慣を変えるには今までの考え方や生活パターンを捨てる必要があります。

なので最も重要なのは何かを新たに始めることなんかよりも、

 

まず捨てることに覚悟を決めて勇気を持って行動することです。

 

既に一杯になったコップに水を入れても溢れるだけです。

中の水を捨てることで新しい水を入れることができるのです。

その方が冷たくて美味しい水を飲むことができます。

 

また今の仕事が辛いのに続けているとどうなってしまうのか?

仕事が本気で合わないから辞めたいのに続けてしまうリスクでは、

合わない仕事を続けることのリスクについてお伝えしてます。

こちらの記事も合わせて読んでみて下さい。

 

勇気をもって本当の人生を生きられることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ