天職の見つけ方-理想の仕事にめぐり合うための7つの質問

天職の見つけ方-理想の仕事にめぐり合うための7つの質問

 

このままこの仕事を続けて何の意味があるのだろうか・・・

だけど仕事を辞めて天職しても同じかもしれない・・・

一体、どう考えたら理想の転職を見つけられるのでしょうか。

 

僕は20代の頃は何がしたいのか全く分かりませんでした。

また僕の友人達も同様に不満で退屈な毎日を送っていました。

それは友人達だけでなくほとんどの人がそうなのかもしれません。

 

理想とする天職に出会っている人は一握りしかいません。

 

ですが、このまま妥協ばっかりの人生なんて嫌だと思いませんか?

頭のいい人だけが才能がある人だけが理想の人生を送れるなんて、

何だか世の中が不公平で、余計にやる気がなくなってしまいますね。

 

自分の力でゼロから結果を出してきた人ならまだしも、

親や祖父の代で財力があり、生まれながらにして裕福な人もいます。

お金も、時間も、人間関係も不自由な環境の中で過ごす苦しみの中で、

なぜこのような格差が起こってしまうのでしょう。

 

しかし、今が不満なら自分で動かなければ現状を変わりません。

だけど何をしたらいいか分からないのが苦々しい現実だと思います。

そこで今回は、転職を見つけるためのヒントとなる7つの質問を紹介します。

スポンサーリンク

 

1、時間を忘れるくらいハマったものは?

 

僕は学生の頃、テレビゲームによくハマってました。

夏休みになると親戚の子が2~3週間ほど泊りにきてたのですが、

その時にテレビゲームを持ってきて以来、その面白さにハマりました。

 

ご飯を食べるのも勿体ないくらい、寝るのも忘れるくらい、

夢中になってよく母親に怒られて取り上げられてました。

それでも隠し場所を一生懸命に探してこそこそ隠れながらやってました。

 

どうしてもしたくてたまらないくらいハマっていたものは何でしょうか。

 

実はこれは通常の時間軸とは別の感覚になっているのです。

どのような感覚になるのかというと「フロー状態」です。

フロー状態とは、ひとつのことにとことん集中した状態です。

もし仕事でこの状態になれるとしたら素晴らしい時間になると思いませんか?

 

 

2、周囲の人からよく言われるあなたの長所は?

 

自分のことはよく分かっているようで分からないものです。

人に言われてはじめて気が付くことってありませんか?

 

実は自分の才能とは、

自分ではごく当たり前に行っていることなので気付き難いのです。

 

「○○君って凄いね」って言ってもらえてはじめて気付くことが多いです。

それまでは当たり前にやっていることなので自分では分からないのです。

だけど他人から見ると、それは特別なことに感じられてしまうものなのです。

 

 

3、今、全く制限がないとしたら何をしたい?

 

  • お金がないからできない
  • 時間がないからできない
  • 人脈がないからできない
  • 自信がないからできない
  • 能力がないからできない
  • まだ時期じゃないからできない

 

あれもできない、これもできない、ないないない・・・

このように僕たちは制限のある中で生きています。

ないことばかりで考えただけで嫌になってしまいますね。

 

ですが最も重要なのは制限を掛かっていることで、

いつの間にか可能性のあることまで制限をしている心の問題なのです。

 

それは意識ができないことへ偏り過ぎてしまっているのかもしれません。

なので全く制限がないとしたら何がしたいと自分に問い掛けるのです。

そうすることで少しずつ自分の可能性が見えて自信が出てきます。

 

 

4、やらなければいけないことを後回しにしたら何をする?

 

あれをしなければいけない、これをしなければいけない・・・

このように僕たちはやらなければいけないことばかり考えます。

 

  • 仕事に行かなければいけない
  • 会いたくない人に会わなければいけない
  • 言われたことをやらなければいけない
  • 嫌われたくないからやらなければいけない

 

このよういやらなければいけないことを意識して、

本当にやりたいと思っていることを後回しにしてませんか?

またはやらなければいけないことを言い訳にしていないでしょうか。

 

もしやらなければいけないことを後回しにしてら何をするでしょうか?

そこに転職を見つける鍵が眠っている可能性があります。

 

 

5、あなたに好意を抱いてくれる人の特徴は?

 

あなたに好意を抱いてくれる人の特徴は何でしょうか?

これはよく一緒の時間を過ごしている仲間だけでなく、

性別、年齢、国、または世代を越えて考えてください。

なぜこのような質問をするのかと言うと、

 

自分と同じ価値観という共通するもので引き寄せ合っているからです。

 

仲間同士だと、年齢、住んでる場所、性別、趣味などのように、

目に見える共通項目ばかりで集まりやすいので本質が見え難くなります。

だけど自分と離れているのに意気投合したり仲良くなれたりする人には、

必ず目には見えない価値観レベルで繋がっているとも言えるのです。

 

言い換えると魂のレベルで繋がっている人です。

これには天職の見つけ方と同じくらい深い意味があります。

ぜひこのようなことも自分に問い掛けてみてください。

 

 

6、これまでの人生で最も感動した瞬間は?

 

これは転職を見つける上でとても重要な質問です。

これまでの人生で最も感動した瞬間って何かと言うと、

 

  • 幸せに溢れた感じ
  • ワクワクしてたまらない感じ
  • すごく嬉しいという感じ
  • 今が満たされている充実感
  • 思わず涙が溢れる瞬間

 

とにかく強く心が揺れるようなそんな感動の瞬間です。

そして深く感動するところの近くにはあなたの才能が眠っています。

 

才能とは優れた能力だと勘違いする人がいますが、

心が強く揺れ動くほどの深い感動こそが才能なのです。

気持ちを込めるからこそ、人が感動して共感を生みます。

能力が優れているのは才能ではなく得意なことなのです。

 

 

7、もしあと半年の命だとしたら何をする?

 

もし自分の人生があと半年しか生きられないとしたら何をしますか?

半年だと少し先のことで今すぐではありません。

今は無理でも少し頑張ればできることもあるかもしれません。

 

そんな少し頑張れば実現できそうなことが天職への道しるべです。

 

なぜなら今どんな仕事が自分に向いているのか分からないですよね?

つまり今はできないけど、行動すれば半年後には変わってるかもしれないのです。

 

実は天職の見つけ方が分からないのではなく、

ただ行動していないから分からないと思い込んでいるだけかもしれません。

 

ではどう行動したらいいのか分からないのであれば、

どう行動すればいいのかを調べることからが行動になります。

どうすればいいのか分かれば、それを実行していきます。

 

面倒だけど自分が動かなければ、結局何も変わりません。

それだけ誰もが最初の一歩が一番エネルギーを消費します。

ですがこの最初を乗り越えることで、行動しやすくなっていきます。

 

 

天職の見つけ方は自分への問い掛け

 

いかがでしょうか。

なぜ天職を見つけるのに上記の質問をしたのかと言うと、

 

自分への問い掛けが人生の舵を握ることになるからです。

 

自分で自分の向かう方向を決めて進むためです。

なぜなら人は思い描く方向へと進むからです。

ある人のことを考えていると偶然出会った経験はありませんか?

 

たとえば欲しい車があるとき、

道を走っているだけで同じような車をよく見掛けるようになります。

これは脳が必要なことにフォーカスしはじめたので起こる現象です。

それを上手く活用したのが自分への問い掛けなのです。

 

ぜひ、あなたの望む生き方へフォーカスして欲しいと思います。

天職が見つかることを祈っています。

スポンサーリンク


 

関連する記事です。

スポンサーリンク


 

サブコンテンツ

このページの先頭へ