自分がやりたいことを諦めることで天職と出会える4つの真実

自分がやりたいことを諦めることで天職と出会える4つの真実

 

安定した仕事、世間の評価、経済的な成功・・・

あなたは自分がやりたいことのために諦めることができるでしょうか。

誰だって今の生活を手放すのは怖いし難しいと思います。

 

僕は30代の中盤に差し掛かって会社を辞めました。

その理由は天職を見つけて好きなことで生きていくためです。

会社を辞める決断をするときは相当に迷いました。

 

生活苦になるほど手取りが少ない現状であっても、

それを手放しすことへの恐怖があったのです。

 

「もしかすると失敗するかもしれない・・・」

 

こんな思いももちろんありました。

辞める決断をするときにある程度の地盤は作ってたのですが、

それでもまだまだ不十分で自信もありませんでした。

 

あなたが自分のやりたいことのために転職か独立か、

いずれは覚悟を決めて決断しなければならない時期が訪れます。

そのときはたくさん迷って悩む日々を送るかもしれません。

今回は、そんなときのための予備知識としてお伝えしたいと思います。

 

(前回は、天職に出会うために頑張っても見つけられない知られざる理由にて、

天職に出会うために頑張るとある理由で見つけられないことをお伝えしました。)

スポンサーリンク

 

1、求めれば求めるほど遠ざかる

 

  • 人から認められたい
  • 新車が欲しい
  • ボーナスがもっと欲しい
  • 安定した仕事に就きたい
  • ブランドの財布やバッグが欲しい

 

僕たちはいろんなものを求めていきています。

確かにどれも魅力的でつい意識が奪われてしまいそうですね。

しかし意識がこのようなことばかりに向いてしまうことで、

実は自分のやりたいことが分からなくなってしまうのです。

 

なぜなら意識が目に見えるものばかりに囚われてしまうからです。

 

自分の天職とも言えるやりたいことに出会うには、

目には見えない自分の内面と静かに向き合わなければいけません。

本当の自分のやりたいことを見つけるには、

 

  • 人から認められることを止めて、自分の価値を与える姿勢
  • 新車やブランド品を諦めて、将来の自分の成長のために投資する
  • 安定した仕事を捨てて、自分で道を切り開いていく覚悟

 

このように求める姿勢を止めなければいけません。

つまり今までの生活や考え方を変えていかなければいけないのです。

 

 

2、本当に必要なものは既に持っているという発想

 

自分のやりたいことを見つけるために、

僕たちはいろんなことをいしようとします。

 

  • 独立するために資格を取ること
  • 高額のセミナーやスクールに通う
  • 必要以上にたくさんの人脈を築こうとする

 

このようにどんどん足していく考え方をしてしまいます。

だけどどんなに資格やセミナーや立派な人脈を築いても、

それが人生で成功することはまずありません。

 

なぜなら自分が何者なのかを理解していないからです。

 

自分のやりたいことを見つけるのに、

外側ばかりに目を向けても答えを見つけることはできません。

本当に必要なものとは既に自分の心の中に存在しているものだからです。

 

恋愛だっていい人を探して合コンや街コンに参加しても見つけられず、

本当に自分を思ってくれる人は意外と身近なところにいたりするものです。

つまり大切なものほど気付かないくらいの距離にあるということなのです。

 

 

3、何が必要ではなく何を捨てるべきか

 

本当の自分がやりたいことは何なのか?

自分にとって人生をプラスに好転する天職に出会うには、

足すことを止めなければいけません。

 

そのために重要となる考え方が、何を捨てるべきかなのです。

 

それは主に具体的な行動というよりは、

その行動の元となっている精神的な部分が大きいです。

 

  • 自分の仕事ぶりを評価してもらおうと思っている気持ちを捨てる
  • 好きなことにチャレンジして失敗して恐れる気持ちを捨てる
  • お金にならなければ意味がないという思いを捨てる
  • 安定した仕事にい続けることを捨てる
  • みっともない姿を見られることへの羞恥心を捨てる
  • あれもこれもと手を付けようとする気持ちを捨てる
  • 自分への言い訳を許す気持ちを捨てる

 

このような気持ちを背負っていては、

身動きが取れなくて、やがて生き遅れてしまうでしょう。

人生のステージを上げていくならば置いて行くべきものがあるのです。

 

それは一塁ベースを踏んだまま二塁ベースに行こうするのと同じです。

これでは決して二塁へは行くことはできませんね?

二塁へは一塁ベースを蹴って思い切って走っていく必要があるように、

自分のやりたいことをするには、どこかで覚悟を決める必要があるのです。

 

 

4、人は不要なものを背負い過ぎている

 

人はたくさんの欲望を持っています。

そして人間である以上は欲望というものを捨てきれません。

生きている限り欲望はふつふつと沸いてくるものなのです。

 

欲望を抑えられないのなら、

本当の自分のやりたいことを見つけられなんじゃないか?

というとそういう訳ではありません。

 

必要な時に必要なものだけ捨てればいいのです。

なぜなら不要なものを背負い過ぎることは正しい判断が鈍るからです。

 

本当はこのタイミングで会社を辞めれば、

数ヶ月後には今の会社員の給料より何倍もなるなんて誰にも分かりません。

 

このような時、本当はどうなりたいのかの内なる声を聞くことが重要なのです。

 

だからこそあれもこれもと足すことを考えるよりも、

何を捨てるべきなのかを考えることなのです。

そうすることで自分のやりたいことが見えてきます。

 

ワクワクできる天職に出会えることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ