自分の天職を見つける方法とは?必ず訪れる運命の分かれ道

自分の天職を見つける方法とは?必ず訪れる運命の分かれ道

 

自分の天職を見つける方法とは何でしょう。

あなたは才能を見つけて磨くことだと思ってませんか?

夢を実現して好きなことで生きていくことでしょうか?

 

どちらももちろん正解です。

しかしいずれにしても乗り越えなければいけない壁が訪れます。

それは言い換えると運命の分かれ道とも言えるのです。

 

運命とは大げさな言い方かもいれません。

ですが実際に自分の運命を変えるくらいの影響があるのです。

では乗り越えなければいけない壁とは何かと言うと、

 

自分の天職を見つける課程で「面倒臭い」と感じることがあります。

 

なぜなら、天職とはいきなりパッと見つかるものではなく、

今やっていることの延長線上に自覚するものだからです。

 

今回は、自分の天職を見つける方法として、

その過程で訪れる心理的な壁についてお伝えしていきます。

これを知ることで実は転職と出会っていたと気付けるかもしれません。

 

(前回は、私の天職はどこ?一生の仕事と出会うたった1つの考え方にて、

これからの時代に大切な転職を見つける考え方についてお伝えしました。)

スポンサーリンク

 

運命のメカニズム

 

あなたは運命が何かをご存知でしょうか。

運命とは「習慣」のことです。

 

なぜなら運命を変えるとは習慣を変えることだからです。

 

自分の天職を見つけるということは生き方を変えることになります。

ということは、日常の習慣を変えていかなければいけないのです。

今まで仕事から帰ってテレビを観たり、居酒屋で同僚と愚痴ったり、

このような習慣から本を読んだり勉強したりと行動を変えていくことです。

 

あなたが今のまま生きていれば運命もそのままになります。

しかし日常の習慣を変えることで運命を変えることができます。

日常の習慣を変えることでやがて生き方そのものが変わり、

自分の天職を見つけて運命を自分でコントロールできるのです。

 

 

人が変わる過程において訪れる心理

 

しかし、運命を変えることはそう簡単ではありません。

世の中のほとんどの人は自分の運命を変えることができません。

 

もし、誰もが簡単に運命を変えられるのであれば、

仕事で不満を抱える人はほとんどいなくなるでしょう。

ではなぜほとんどの人が運命を変えられないのかと言うと、

 

人が変わる過程において潜在意識が抵抗するからです。

 

あなたは3日坊主をしてしまった経験はないでしょうか。

僕は振り返ってみれば沢山諦めてきた経験があります。

3日坊主どころか半年や1年以上続けてきたことでさえ、

何かのきっかけでプツンとやめてしまったことも何度もあります。

 

それは変わる為には挑戦しなければいけません。

新しい習い事、欲しい資格に挑戦、独立の準備、

どれも最初は面倒臭いと感じてしまいますし、

油断をすれば途中でやめてしまうこともあります。

途中でやめてしまう理由は倦怠期があるからです。

 

このような心の壁を乗り越えられないから運命を変えることができません。

そして潜在意識は生命維持を優先するので変化を嫌う性質があるのです。

どうしても自分と向き合うことが必要となってきます。

 

 

心の壁を乗り越えるたった1つの方法

 

自分の天職を見つけるために行動をしていると、

運命の分かれ道となるある2つの壁が訪れます。

それはどんなことかと言うと、

 

  • 最初の第一歩目の最もエネルギーを使うとき
  • 行動していると変化が実感できなくなる停滞期

 

あなたはダイエットで最も失敗する原因は何かご存知でしょうか。

それはどんなに頑張っても変化が出ない停滞期なのです。

冒頭にて天職とはいきなりパッと見つかるものではなく、

今やっていることの延長線上に自覚するものとお伝えしました。

その理由とは、停滞期を乗り越えた先に感じられることなのです。

ではどうやって乗り越えることができるのでしょうか。

 

それは今やっていることを変わらず淡々とこなしていくことです。

 

このシンプルなたった1つのことを実行し続けるだけです。

ほとんどの人はここで自分に負けて途中で止めてしまいます。

あと一歩のところで実現するのに途中で止めてしまう人がいませんか?

またあなたもそのような経験をしたことがないでしょうか。

 

自分の天職を見つける方法とは楽して見つことはできません。

このような苦しい時期を味わってもやりたいと思えるかどうか。

そして実際に苦しい時期が訪れた時に淡々とやり続けることなのです。

 

 

自分の天職はいきなり見つからないようになっている

 

僕は仕事をしながら帰宅して毎日ブログを書き続けました。

くる日もくる日も淡々とブログを書き続けたのです。

それは無料ブログからはじめた2013年2月から今でもずっとです。

もちろん苦しい時期が何か月も続いたこともありました。

アクセスがなかなか増えずに悶々とした日々を過ごした時期もありました。

 

それでも淡々と続けてきました。

 

そして少しずつ改善を繰り返して、

今では会社を辞めて独立することができました。

もし「続けるコツは何ですか?」と聞かれたとしたら、

 

僕は迷わず今やっていることを淡々とやり続けることと答えます。

 

そしてそれが自分の天職を見つける方法でもあるのです。

それは当然のことながら正しい方向性でやることが大切ですが、

方向性が正しくても続けられない人が圧倒的に多いのです。

それだけ淡々とやり続けることがシンプルで大切だと思います。

 

自分の天職が見つかることを祈っています。

スポンサーリンク


 

関連する記事です。

スポンサーリンク


 

サブコンテンツ

このページの先頭へ