自分の天職を見つけるのに「才能」に対する誤解と正しい知識

自分の天職を見つけるのに「才能」に対する誤解と正しい知識

 

自分には何ができるのか、何が向いているのだろうか。

自分のことなのに自分のことってよく分からないものですね。

自分の天職だと思える仕事とはどこにあるのでしょうか。

 

天職と運の良い聞くと一握りの人だけだと思いませんか?

また才能のある人が天職に出会えると思ってませんか?

僕は20代の頃はそんな風にずっと思ってました。

 

「自分に才能なんてあるのだろうか・・・」

 

やりたいくない仕事をしていると我慢することが多いので、

なかなか自分自身と向き合うことはないのではないでしょうか。

実際に才能は誰の中にも必ず存在すると言われています。

何も特別な人だけの特権という訳ではないのです。

 

そうなると才能をどうやって見つけると良いのか?

 

ということが問題になってくると思います。

自分の天職を見つけるには、この才能を無視しては語れません。

ですが多くの人は才能について誤解や正しい知識を知らないのです。

今回は、天職探しのための才能という視点からお伝えしたいと思います。

 

(前回は、自分がやりたいことを諦めることで天職と出会える4つの真実にて、

自分がやりたいことはなぜ諦めると出会えるのかについてお伝えしました。)

スポンサーリンク

 

なぜ才能を見つけることが難しいと思うのか

 

「才能のある人と言うと、一握りの一流で活躍している人・・・」

 

というイメージがないでしょうか。

たとえばプロ野球選手だとか有名アーティストとかです。

このような人達と比べると才能なんて縁のないものと思えそうです。

ですがこのような人達の方がむしろ一握りなのが事実なのです。

 

そしてもうひとつの側面としては、

僕たちの今の生活環境が才能を見つけることを難しくしていると言えます。

それは仕事ややらなければいけないことで忙しい日々を送っていたり、

学生の頃から決められたカリキュラムばかりをやらされてきたからです。

学校では自分の才能の見つけ方なんて授業で教えることはありません。

あなたは「自分の才能を見つける授業」と聞いて、

 

「そんな授業があるなんて何か変なじゃない?」

 

なんて思って違和感を感じなかったでしょうか。

それこそが才能が見つけられないという落とし穴なのです。

知らぬうちに才能を見つけ難い環境に身を置いているのです。

 

 

経済的な価値を見出せないと才能じゃないという誤解

 

才能に対する誤解というのは外側のことだけではありません。

むしろ自分の内側にこそ誤解を見つめ直さなければいけないのです。

 

それは経済的な価値を見出せないから才能じゃないという誤解です。

ほとんどの人は既に何かしらの才能を発揮しながら生きているのです。

 

「え、こんなことできるの?凄いね!」

 

人生で一度くらいは他人に驚かれたことはあると思います。

それは驚いた人にとっては自分ではできないからこそ驚いているのです。

 

自分では当たり前だと思っていることが他人とっては非凡の才能に感じるのです。

 

もし何度も言われるようなことでしたら、それは間違いなく才能です。

このように自分では才能に気付いていないケースが非常に多いです。

 

経済的な価値を見出せるのは自分の才能に気付いて磨いていくからです。

最初はダイヤモンドと同じようにただの原石でしかありません。

光り輝く価値を見出していくには磨いていく作業が必要になります。

 

 

才能の正しい生かし方を知らないだけ

 

僕の父親は車のガレージや離れのコテージを作ったり、

毎年、良い米の作り方を研究することが好きでした。

 

非常に残念なのが、その知識を他人と分かち合わなかったことです。

 

建築や米作りの才能があるにも関わらず、

それを自分の中だけにとどめてしまっていたのです。

他人と分かち合うことで豊かさの流れを作っていかない限り、

自分の天職が何なのかを知ることなく生きていくことになるでしょう。

 

ではなぜ才能を分かち合うことができなかったのでしょうか。

それは父親の中で自分の知識を教えることを勿体ないと感じていたと思います。

ですが自分の中だけにとどめてしまうことこそ勿体ないと知る必要があります。

他人と知識を分かち合うことで人生は自分の望み通りにすることができます。

 

人に感謝されながら心も経済的にも豊かになりたいと思いませんか?

そのためには才能の正しい生かし方を知っておくことが大切です。

 

 

自分の天職とは人と分かち合うこと

 

このように自分の天職を見つけたいのなら、

 

天職の本質は人と分かち合うこと

 

ということを知っておくことが非常に大切です。

ではどんなことで人と分かち合うのかというと、

自分の才能とはどこにあるのかを人生を通して知ることです。

自分の才能を見つけるには才能への誤解を解く必要があります。

そして才能に対して正しい知識を身に付けることです。

 

僕の父親はずっとサラリーマンでした。

一時は会社の課長クラスまで昇進して満足そうでしたが、

社内の女性従業員と浮気をして会社をクビになりました。

そこから人生が転げ落ちたかのように家庭も仕事も悪くなりました。

 

もしここで自分の才能を自分の中だけにとどめず、

人と分かち合える仕組みを作ってキャッシュフローができていれば、

このような転落人生にはなっていかなかったのではないかと思います。

 

あなたが自分の天職を見つけたいと思うのなら、

才能とは人と分かち合うためにあるのだということを忘れないで下さい。

 

自分の天職と出会って人生を楽しめることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ