会社の人間関係で孤立しても無理に修復する必要はない理由

会社 人間関係 孤立

 

僕は30代になってから入った会社では、

誰とも会話をしない完全な孤立した状態でした。

当然ながら会社の人間関係は悪かったので、

 

ずっと仕事を辞めたいと思ってました。

 

会社で孤立してしまうと、

居場所がないのでホントに居辛いですね。

1人になれたらホッとしませんか?

 

けどそんな会社にずっと居続けたいでしょうか。

もっと自分に合った居場所を見つけたい・・・

そんな思いが常に頭の中を巡ってませんか?

 

今回は、会社の人間関係で孤立してる人へ、

無理して修復する必要はない理由をお伝えします。

 

そして、孤立した状況から分かる真実を知ることで、

自分の本当の望んでいる生き方の大切さに気付き、

人生を変える可能性を見出すことができるでしょう。

スポンサーリンク

頑張っても報われない場所

 

どんなに努力しても、

どんなに頑張っても、

 

報われないどころか疲弊する・・・

 

そんな場所は誰しもが必ずあります。

人によってはたまたま良い会社に入れたり、

不満こそあるけどそれでも何とかやっていけたり、

少し辛いんだけどそれでも何とか踏ん張れたり、

どうしようもなくジリ貧で追い込まれたり、

 

会社って入ってみなければ分かりません。

 

事前に下調べをすることが大切・・・

なんてネット上では書いてあったりしますしが、

結局のところは仕事にしろ人間関係にしろ、

 

実際にやってみなければ分からないのです。

 

もし納得できる会社に入れたのなら、

たまたま運が良かったのかもしれません。

なぜなら外側でいくら情報を集めたところで、

見えない内部事情なんて掴めないからです。

探偵でも雇わなければ分からないでしょう。

 

けど問題はそんなとこじゃありません。

僕も経験してきて相当苦しかったのですが、

問題は報われない場所で働き続けることです。

そしてその問題を推し量る基準は、

 

今でもジリ貧で追い込まれているかどうか。

 

現状維持どころか、

頑張って人間関係を修復しようとしても、

その行動がかえって悪い方へと加速してしまうなど、

どうしようもない環境は存在するのです。

 

こういうのって、

会社に居る人達を憎んでも仕方ないんですね。

他人を憎んだところで変わることはないからです。

 

大切なのは、その場所を手放す勇気です。

 

今すぐ仕事を辞めろというわけではありません。

仕事を辞める前提で何を考えてどう行動するのか?

このように意識を改める必要があるのです。

 

 

孤立した状態から何を問われているのか

 

ネガティブなことって、

自分の身に起こるとホント嫌ですよね。

できれば人生で起こってほしくはないですし、

なるべく避けて安全に生きたいものですね。

 

けど人生とは波がどうしてもあります。

 

そして何が起こってどうなるかなんて、

予知能力でもない限り全て回避することはできません。

そうなってくると考え方を変える必要があるんです。

会社の人間関係で孤立した状態というのは、

 

あなたにとってどんな意味が秘められてるのでしょう?

 

そんなこといきなり聞かれても、

意味なんてあるはずないと思うかもしれません。

だけど全ての出来事には必ず意味があるんですね。

 

そしてその意味を自分で見出すこともできます。

見出すとは自分の解釈次第ということです。

 

先ほどの項目では、

ジリ貧で追い込まれている状態なら、

その場所を離れる勇気が大切と言いましたね?

つまり、今の出来事を通して、

 

あなたは本当はどう生きたいのか?

 

というのを問われているのです。

当事者の立場としては迷惑なことかもしれません。

ただ普通に人生を生きれればそれでいい・・・

なんて思っているかもしれません。

 

けど人と言うのは問題と感じなければ、

現状を変えるということはしないものなのです。

ただただ今を惰性のまま生きる人がほとんどです。

そのまま晩年を迎えるほど退屈な人生はありません。

 

それよりは多少の波乱万丈はあったとしても、

それを乗り越えてやりたいことを実現する人生の方が、

同じ晩年を迎えた時に充実感が全く違うのです。

 

 

本当の答えは自分自身の中にある

 

会社の人間関係で孤立してたとしても、

その会社自体が居心地が悪くないというなら、

わざわざ今の状況を通して自問する必要はないと思います。

僕だってそれだとサラリーマンのままだったと思います。

 

けど孤立してなお、

人間関係を修復しようとしてもジリ貧で追い込まれてるなら、

やはり、その場所を手放す勇気を持つべきです。

 

ましてや精神的な疾患を抱えてしまうようなら、

環境を改善しない限りは悪化するばかりではないでしょうか。

うつ病で休職して、何とか回復できたから復職したとしても、

やっぱりうつ病になってしまうケースは非常に多いです。

 

だからこそ、

会社の人間関係で孤立して追い込まれているのなら、

まるで泣き寝入りするように損するばかりなので、

今の状況を通して自分の答えを見出すべきなんです。

 

その答えとは自分自身の中にあります。

 

具体的には自分の「感情」に答えが眠ってます。

これまでの人生で楽しかった時や辛かった時、

全ての記憶には何かしらの感情があるからです。

あので、ここであなたに問いたいと思います。

 

本当はどうなりたいと思っていますか?

 

別にやりたい仕事みたいに難しいことではなく、

本当はどうなりたいかなんて誰にでもあるはずです。

 

もし、何も浮かんではこないと言うのなら、

自分の気持ちにフタをして生きていないでしょうか。

自分の本当の気持ちと向き合ってみて下さい。

 

 

自分の本音に素直に生きること

 

本日のまとめ:

  • 頑張っても報われない場所
  • 孤立した状態から何を問われているのか
  • 本当の答えは自分自身の中にある

 

会社の人間関係は一度こじれると、

修復が困難なケースが本当に多いです。

 

それは学校や趣味で集まる友達同士と違って、

そもそも価値観が異なる同士の集まりだからです。

 

そこは社会人だから割り切って付き合うべき・・・

なんて大人の考え方をする必要があるかもしれません。

けど人間というのは理性だけでは生きてません。

 

頭で分かってても感情では割り切れない・・・

 

だからこそ、

会社の悩みで最も多いのが人間関係なのです。

そして毎年恒例のごとく断トツで1位です。

 

そして何度もお伝えしてきましたが、

どうしても合わない場所ってあるものなんですね。

そうなるとその場所を手放す勇気が大切なんです。

じゃあそのために今後どうすればいいのか?

 

それは自分の本音に素直になることなのです。

 

スポーツでも始めるからには、

なりたい理想像のようなものはあるはずです。

理想があるからこそ努力をするわけです。

 

このように理想像を持って行動することは、

自分の中に一本の軸を築くことになります。

なので立ちはだかる壁も乗り越えていけるんですね。

 

あなたは本当はどうなりたいですか?

 

自分の中の本音の部分と言うのは、

見つけるというよりは既に心の中にあります。

それを一本の軸として考えてみてほしいと思います。

 

関連記事:

職場で孤立して退職を考えてるあなたに読んでほしいこと

職場で孤立して辛い!なぜあの人は攻撃的になるのだろう?

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ