今年こそ本気出すと思ってる人の目標達成に重要な6つの教え

今年こそ本気出す

 

よし、明日から本気出して頑張ろう!

今年こそは本気出して目標を達成するぞ!

新しい年になって心機一転頑張る人も多いと思います。

やる気があるって本当に素晴らしいことです。

 

けどほとんどの人は年末には目標が達成できません。

 

それは一体何故でしょう。

それは気合いだけが先走りしているからです。

年の始めに掲げた目標を最後までやり遂げるには、

 

それ相応の戦略というものが必要になります。

 

戦略とは言っても難しいものではありません。

今回は今年こそ本気出すと思ってる人に向けて、

目標達成に重要な戦略として6つの教えご紹介します。

僕自身が独立した上で重要だなって感じた教えです。

 

これを読むことで目標を計画的に進めることができ、

行動し続ける中で訪れる壁を乗り越える知識が付き、

それによってあなたの実現力の可能性が上がるでしょう。

 

前回は、やりたいことが分からない深層心理を通して、

現状を変える根幹的な思考についてお伝えしました。

自分が何をしたいか分からない人がやりたい仕事を探すには?

スポンサーリンク

1、目標を3つに分ける

 

あなたの今年の目標は何でしょうか。

今年こそ本気出すと決意することは素晴らしいですが、

目標は達成するためにちょっとしたコツが必要です。

 

なぜなら、目標設定が曖昧になっていることで、

多くの人が頓挫して行動すらしなくなってしまうからです。

僕が大事だと感じて今でも意識していることは、

 

  1. 大目標 = 最終的にはどうなりたいか
  2. 中目標 = 1年後の自分はどうなっているか
  3. 小目標 = 今日は何を決めて何を達成するか

 

以上の3つになります。

大目標は僕なら十数年後に年収数十億の投資家になり、

宇宙開発に投資してロケット作って実際に宇宙に行く・・・

みたいな達成できたら凄いなって感じの内容です。

 

中目標は大目標を意識して1年後の自分を決めます。

僕なら今の年収の3倍にするというのが目標です。

現実として”頑張った”ら達成できるレベルがコツです。

 

小目標は中目標を達成するために何から始めるかです。

今日1日で何をすれば中目標に近づけることができるのか。

要するに1日のやるべきことを決めて行動に移すことです。

 

 

2、付き合う人を変える

 

僕は2014年1月に副業として、

本格的にネットビジネスの世界に参入しました。

それまでは僕もいろんなことに挑戦してきましたが、

どれもこれも結果を残すことができませんでした。

そこで結果を出していくために必要だと感じたのは、

 

その道で結果を出している人を意識すること。

 

なので今までの身近な友人との遊ぶ時間を無くし、

ネットビジネスで結果を出してる人と関わるようにしました。

とは言っても簡単にいつでも会うなんてことはできません。

 

なので成功してる人のブログをブックマークして読んだり、

メルマガをやってたら登録して定期購読してみたり、

SNSをやってるなら定期的に訪れて観察してみたり、

ネット上でいろんな角度から研究していきました。

 

日本はネットという便利な道具があります。

上手く活用すれば直接でなくても関わることは可能です。

もちろん機会があれば直接会うこともしました。

そうしてるうちに付き合う人が変わっていきました。

 

 

3、まず最初に捨てること

 

僕はネットビジネスを始めた頃、

今までの人間関係の一切を断ちました。

そして15年続けていた格闘技も絶ちました。

更に3ヶ月後には仕事でも時間外の一切を断りました。

また嫌な業務を頼まれても全て断り続けました。

 

僕達は欲しい物や達成したいことがある時、

何をすべきかということだけに意識が向きがちです。

確かにそれも大切なことのひとつではあります。

 

けど、まず先に何を捨てるべきかを考えること。

 

このことはほとんどの人は考えてません。

だけど、このことを考えてみてほしいのです。

新しいことに挑戦するということは、

生活の中に新しいことをプラスしていくことです。

そうなると今までの生活リズムが崩れてしまうのです。

これは挫折してしまう人の陥りがちな見えないワナ。

 

できれば何もない状態にすることが理想です。

そこから新たに生活に組み込んでいくくらいでも、

今年こそ本気出すと思ってるなら丁度良いくらいです。

 

 

4、挫折し掛けた時の対処法

 

時にはモチベーションが下がることもあります。

誰だって気持ちや身体が平行線のままとはいかない。

特に気持ちが下がってきたら挫折に繋がります。

そんな時に僕達が陥ってしまうワナがあります。

 

それは自分を責めるということ。

 

自分に対してネガティブな感情が湧き上がり、

その感情に呑まれて自分のコントロールを失うのです。

だけどそんな時でも自分を保つ方法があるのです。

それは僕が効果的だと思う方法は以下の通りです。

 

  • 自分を褒める
  • やるべきことを一旦置いておく
  • 良い部分に目を向けてみる
  • 長期的な視点から自分を眺める

 

自分を褒めるとは意外かもしれませんが、

自分に対してネガティブな感情が強くなった時に、

無条件で自分に対して何でもいいので褒めてみるのです。

すると抵抗感というか違和感を抱く感じが出たりします。

この感覚がネガティブに傾き過ぎている証拠なのです。

このように精神のバランスを保つことがコツです。

 

やるべきことを一旦脇に置いておくとは、

人は無意識にやるべきことに意識し過ぎたりします。

なのでできなかったことに余計に過敏になってしまいます。

過剰な意識のバランス感覚を戻すために置いておくのです。

 

良い部分に目を向けるとは挫折し掛けた時って、

自分の悪いとろこにばかりに意識が向いてしまうからです。

だけど行動したら必ず良い部分というのはあるはずです。

それがどんなに些細なことでも行動した分だけあるわけです。

要はその良い部分をいかに育てるかなのです。

 

長期的な視点から自分を眺めると自分のことがよく分かります。

僕は独立してから収益が良い月と悪い月とあるのですが、

悪い月というのは未来まで勝手に想像して不安になってしまいます。

 

けど1年というスパンで見た時、明らかに成長していたりもします。

まるでこれから飛躍していく布石のような瞬間だったりもします。

実際に僕もそうした経験を何度もしてるので長期の視点で見て、

目の前の出来事に振り回されない精神を養うことも大切です。

 

 

5、比較すべき対象とは?

 

他人と比較することはいけないと言われがちです。

けど他人との比較の全てがいけないわけではありません。

それがモチベーションを保つことにもなるからです。

例えば理想とする人をライバルに持つとかの意識ですが、

 

もっと身近に言えば過去の自分と比較することです。

 

昨日より今日の自分はどれだけ変わったか。

今日のやってることが明日の自分をどう変えるのか。

1週間やり続けたら1ヶ月の自分はどう変わるのか。

このように比較すべき対象を自分に向けるのです。

自分と比較することの良いところとは、

 

余計なプライドが邪魔をしないことです。

 

なので人間関係がこじれたりすることもありません。

妬みや恨みが出るのは自分と他人を比較するからです。

自分と比較することは悔しいとか怒りの感情は出ますが、

それをエネルギーに変えて前に進めことができるのです。

 

また自分を責めることの反対は何だと思いますか?

仕事へのやる気がなくなった~にも書きましたが、

他人に期待するのをやめて自分を褒めることです。

自分と比較するとは自分と向き合うことなのです。

 

 

6、成功に必要な「小さな力」

 

世の中の成功している人を見ると、

さも大きなことをしているように感じます。

けど実際のところはそんなことはないのです。

 

小さなことをコツコツと積み上げてきただけ。

 

それがやがて大きくなっただけのことなのです。

そんな小さなことを毎日するのに必要な力とは、

今の自分にできることをやるだけのことです。

 

プロボクサーだって今の自分できる練習をします。

それがやがて世界という舞台で戦ったりします。

かと言ってサラリーマンだって毎日仕事をします。

それでも望んでいる人生とは違うと感じてしまうのは、

小さな力をどこに向けて継続するかだけのことです。

 

 

今年こそ本気出すなら戦略が必要

本日のまとめ:

  1. 目標を3つに分ける
  2. 付き合う人を変える
  3. まず最初に捨てること
  4. 挫折し掛けた時の対処法
  5. 比較すべき対象とは?
  6. 成功に必要な「小さな力」

 

今回の内容でピンときたものはあったでしょうか。

最後に僕がネットビジネスで成功できた秘訣を紹介します。

それは別段難しいことではないのですが、

 

可能性を感じたことから広げていく。

 

ということです。

とある投資で成功した人の話を聞いたのですが、

その人も何かしら自分の中で可能性を感じたので、

その直感を信じて進んだら結果が出たと言ってたのです。

僕もネットビジネスに可能性を感じたのでやりました。

 

可能性を信じられなければ何を信じていいか分かりません。

要するに自分の中で軸となるようなものが大切なのです。

それがなければ何を信じて進めばいいか分からなくなり、

途中で自分を信じられなくなってやめてしまうのです。

これは挫折する人に多い傾向のひとつではないでしょうか。

自分に可能性を感じることを信じてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ