今の仕事が楽しくない…働くことって所詮そんなもの?

今の仕事 楽しくない

 

今の仕事って何やっても楽しくないし、

この先の人生も同じこの繰り返しかと思うと、

自分の生きてる理由すら分からなくなる・・・

 

自分に向いてない仕事をやり続けてると、

生きることすのものに疑問を感じますよね。

確かにこの世の中には、

 

好きなことを仕事にしてる人はほんの一握り。

 

それでもせめて僅かなやりがいくらいは、

仕事に求めても悪いことではないですよね。

けど多くの人は仕事が楽しくないと言います。

では、仕事ってそんなものなのでしょうか。

 

僕もずっと仕事に楽しさを感じませんでしたが、

自分の本当はどうしたいのかに気付いたことで、

目の前の現実が大きく変わっていきました。

 

今回の内容を読んで頂くことで、

仕事が楽しくないという現実を引き寄せる原因と、

その状態を変えていく為の考え方をお伝えします。

 

思考レベルで変わっていくことで、

目の前の現実も変えていくことができます。

 

前回は、人生の目的に気付かず生きる人が多く、

手放すことを通して目的に気付くという内容でした。

幸せな人生を実現するための今の仕事との関わり方

世の中の価値観と自分の価値観

 

本当はどうしたいのか・・・

 

この自分の本音が見えてない状態だと、

自分が何がしたいのか全く分からないままです。

なので生きる意味も分からなくて当然でなのす。

 

せめて少しはやりがいのある仕事がしたい。

そんな”せめて”という思いを抱いたとしても、

やはり自分の本音が見えるようにならないと、

些細な願いでさえも叶わないものなのです。

 

どころか不満のある日々になってしまいます。

 

僕も仕事にやりがいなんて求めないから、

せめて気が楽な仕事をしたいと思ってました。

けど現実は真逆なことばかり起こってしまい、

会社に馴染めずに何度も転職をしてきました。

 

ではどうして思いとは逆の現実になるのか?

それは自分の本音が見えていないからですが、

言い換えると自分軸が整っていないわけです。

 

ということは「他人軸」で生きてしまうわけです。

 

これは自分では、なかなか自覚ができません。

なので現状に不満や憤りこそ感じるのですが、

その感情がどういう根拠で出るのかが分からず、

原因が分からないので苦しんでしまうのです。

 

なぜなら自分が本当はどうしたいのか、

自分の本音が見えていないんですから。

では他人軸とは一体何かと言うと、

 

  • 良い学校、良い会社に入って親を喜ばせる
  • 自分に無理させて上司の期待に応える
  • 彼(彼女)に嫌われたくないから演じる
  • 気が乗らなくても誘われたら断れない
  • デキる自分じゃなきゃダメだと思ってしまう

 

などなど・・・

つまりは他人の目を意識した日常になります。

他人の声が気になり、他人の反応が気になり、

他人を軸にした生き方が中心になるんですね。

 

「波風立てないように生きるのが一番・・・」

 

世間ではこのように言われてたりします。

けど自分の本音に素直になることとは関係なく、

本音で生きることで波風など立ちません。

 

そして結局は他人軸から脱却し、

自分の本音という自分軸へと移行し、

そうした人達の人生が上手くいくのです。

 

 

他人軸から自分軸へと移行する

 

では自分軸とは一体何なのか?

前述したように自分の本音に素直になること、

自分は本当はどうなりたいかとお伝えしました。

 

つまり自分がどうありたいかを基準に生きる。

 

ということです。

これは不安や怖れ、他人との比較や競争のような、

今まで古い価値観の世界から脱却することです。

 

なので自分が本当は何がワクワクするかとか、

本当は何をすることが幸せに感じるかなど、

 

自分の感情に軸を置いた考え方なのです。

 

だから”本当はどうなりたいか”なんですね。

よく自分の本音と聞いて勘違いしてしまうのが、

自分の感情をぶつけるみたいなのがあります。

 

そもそも本音とは他人に向けるものではなく、

自分自身がどうなりたいかという視点なのです。

自分の内面なので他人は一切関係ないのです。

なので自分軸で生きることをまとめますと、

 

  • 他人との比較や競争をやめること
  • 「人に~してほしい」から「自分が~したい」へ
  • 自分に対して良い悪いのジャッジで考えない
  • 本当はどうしたいかの本音に耳を傾けること

 

こうした意識へシフトすることが大切です。

日頃から今の仕事が楽しくないと感じるのは、

周りのことばかり見て自分を見てないからです。

 

だけどそれは日々の生活の中で、

いつの間にか習慣化されてしまうものであり、

他人軸になってるあなたが悪いのではありません。

けど気付いて修正していく意識は大切です。

 

 

ゴールから逆算して現実を生きる

 

「逆算思考」ってご存知でしょうか。

これは達成している目的(視点)から、

何をすべきかを考えるという考え方です。

 

僕達は基本的に今できることを考えて、

それを淡々とやる「積み上げ思考」が多いです。

確かに淡々と積み重ねることは結構重要です。

 

今の自分にできることをやるからこそ、

そしてその行動を継続し続けるからこそ、

目に見える結果も付いてくるわけです。

 

けど、それだけだと方向性を誤ってしまう・・・

 

そんな危険性も実はあるんですね。

問題は今この瞬間に視点を置き過ぎてることです。

その為には別の視点を持つ必要があります。

 

それが達成したゴールから逆算して考える・・・

 

という積み上げ思考の反対の逆算思考です。

つまり上と下の両方の視点を持つということです。

 

物事を多方面から見るのが良いと言うのは、

あなたも分かりのことだと思います。

では具体的にどう見ていくといいかと言うと、

 

  • ゴールから逆算して今を見る逆算思考
  • 今の自分からできることをする積み上げ思考

 

この両方の視点で見ていくわけです。

自分が本当はどうしたいのかが見えてくると、

自然と本能レベルのゴールが分かってきます。

 

今の仕事が楽しくないというのは、

今現在に焦点が向き過ぎているからなんです。

 

けど人って今が楽しいというよりも、

目標に向かって走ってる方が充実します。

なぜなら先の未来にワクワクするからですね。

 

例えば学生の頃の修学旅行って楽しかったけど、

帰りのバスではちょっと寂しくなかったですか?

楽しい時間を過ごしたいけど終わってしまう・・・

凄く残念な気持ちになったりしますよね。

 

けどその先に楽しみがあったらどうでしょう。

一週間後には友人達と泊まりで遊ぶとかです。

それだけで気持ちが保てたりするものです。

本能としてこうした心理が働くわけなんです。

 

なので本当はどうなりたいのか?

という自分軸で生きるということは、

本能レベルのゴールを設定することになり、

未来にワクワクすることができるんですね。

 

更に言えば積み上げ思考と逆算思考と、

両方の視点からも物事を見るようになるので、

実現力も格段に上がることになるのです。

 

 

我慢は決して美徳じゃない

本日のまとめ:

  • 世の中の価値観と自分の価値観
  • 他人軸から自分軸へと移行する
  • ゴールから逆算して現実を生きる

 

今の仕事が楽しくないのに、

そこで頑張って楽しくしようとしても、

好きでもない仕事なら不可能ではないでしょうか。

 

無理やり楽しめるように方法を考えたところで、

というよりは方法なんかで楽しくなれるなら、

はっきり言って苦労はしないと思います。

 

そもそも根本的に場所が合わないからです。

 

まだ入社数ヶ月なら、

しばらくは様子を見ることも必要かもしれません。

けど何年も働いて楽しくないと感じているなら、

転職も視野に入れておくことが大切です。

 

会社は入ってみなければ分からなことばかりです。

やりたくない業務とか、人間関係に馴染めないとか、

社風が合わないとか、そもそも想像と違ったとか、

確かにある程度の我慢は大切なことではありますが、

 

けど全ての我慢が美徳とは言わないのです。

 

世間一般の声に耳を傾けて我慢するよりは、

本当はどうなりたいかの自分の本音に耳を傾け、

自分の心の声に従った方が納得できると思います。

 

それに苦しいこと辛いことを経験するからこそ、

自分のやりたいことが見つかるのも事実です。

今の仕事が楽しくないのは悲観ばかりではなく、

そうした視点で考えることだってできます。

 

また仕事がかなり辛いと感じているなら、

仕事に行きたくない…心が病んで~の記事にて、

気持ちの向き合い方なんかも書いてますので、

ぜひ合わせて読んでみて下さい。

 

関連記事:

やりたくない仕事でストレス過多のあなたへ伝えたいこと

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ